2016年2月、アメリカ版ドラえもん「DoRaEMON」が日本に逆輸入されたことが話題になりました。アニメ「ドラえもん」の公式なアメリカへの輸出は比較的遅く2014年のこと。しかしながら、アジア諸国では1990年代から輸出スタートし、最も知名度の高い日本のキャラクターの1つに数えられます。

東京メトロのキャンペーン「すすメトロ!」ー東京メトロより引用

東京メトロのキャンペーン「すすメトロ!」ー東京メトロより引用

そのドラえもんを起用した東京メトロのキャンペーン「すすメトロ!」が2016年4月1日からスタートしました。そして2016年7月1日からキャンペーンサイトのリニューアルおよびキャンペーン第2弾として「訪日外国人対応」篇である「こんなに、ほんやく。」キャンペーンをスタートしました。

今回は、交通機関の訪日外国人向け対策広報キャンペーンとしての、この「すすメトロ!」についてご紹介します。

 

「すすメトロ!」キャンペーンとは

東京メトロによると

日々「安全」を担保し、さらに「サービス」レベルを向上させていくことで、全てのお客様に「安心」してご利用いただくこと。この鉄道事業者としての使命を胸に、さまざまな取組みを進めていくことを「すすめ、メトロ!」の言葉に込め、PRを展開していきます。

本キャンペーンのキャラクターには、「ドラえもん」を起用し、”未来に向けて東京をより良くしていきたい”という東京メトロの想いと施策を、わかりやすくご紹介していきます。ー「東京メトロ」より引用

とのこと。東京メトロの取り組みの広報活動としてのキャンペーンの模様です。最初に「登場篇」、そして第1弾として4月中旬頃から全ての駅にホームドア導入を目指していることを伝える「どこでも、ホームドア!」を展開しました。

第2弾「訪日外国人対応」篇は「こんなに、ほんやく。」

東京メトロのキャンペーン「こんなに、ほんやく。」のイメージー東京メトロより引用

東京メトロのキャンペーン「こんなに、ほんやく。」のイメージー東京メトロより引用

そして、冒頭でも触れた第2弾の「訪日外国人対応」篇である「こんなに、ほんやく。」が7月1日からスタートしました。

「こんなに、ほんやく。」については、東京メトロによると

初めて東京を訪れる外国人の方にも、気持よく、安心して東京メトロを利用していただくための各種取組みを紹介する、キャンペーン第2弾”こんなに、ほんやく。”(「訪日外国人対応」篇)を7月1日(金)より順次展開します。

キャンペーンでは、日本語、英語、中国語、韓国語に対応した券売機や行先案内の導入、ピクトグラムや駅ナンバリングによるわかりやすい案内表示などの多言語対応サービスといった施策をCMやポスターを通して楽しく伝えていきます。ー「東京メトロ」より引用

とのことで、ドラえもんをイメージ起用して、東京メトロが行っている訪日外国人向け施策をPRしています。

リニューアルした「すすメトロ!」キャンペーンサイトスクリーンショットー東京メトロより引用

リニューアルした「すすメトロ!」キャンペーンサイトスクリーンショットー東京メトロより引用

また、第2弾のリリースとともに、「すすメトロ!」特設WEBサイトもリニューアルしました。このキャンペーンサイトは英語対応もしており、ドラえもんをテーマとした可愛らしいデザインとなっています。

コンテンツは執筆時現在では第1弾の「どこでも、ホームドア!」と「こんなに、ほんやく。」の施策内容をイラストを交えてわかりやすくPR。「こんなに、ほんやく。」においては、案内表示のリニューアルや多言語リーフレット、路線図の多言語化、英語話者常備の案内所の設置、フリーWi-Fiの提供やメトロアプリについて解説しています。

YouTubeでもキャプションに英語を交えてキャンペーン動画を配信していますが、残念ながらコメントができないようになっているため、外国人からの反応は見えません。

 

Twitterでの外国人の反応は?

日本在住のタイ人の方が運営していると思われるアカウントでは本キャンペーンに関する投稿が474リツイート、68いいねを得ています。

ニッポンドットコム財団が日本の情報を多言語で発信するニッポンドットコムのスペイン語版公式アカウントでは32リツイート、41いいねを獲得しています。

また、台湾人と思われる方のアカウントからは「かわいい!」と好意的なツイートも。

特にタイではドラえもんの人気は非常に高い

タイの寺院「ワット・サンパシウ」の壁画に描かれたドラえもんータイハイパーリンクスより引用

タイの寺院「ワット・サンパシウ」の壁画に描かれたドラえもんータイハイパーリンクスより引用

Twitterでの反応がもっともよかったタイでは、ドラえもんの知名度・人気ともに非常に高いことで有名です。キャンペーンでドラえもんが起用されることも多くあります。

変わりどころでは、ワット・サンパシウというドラえもん寺として有名なお寺が有ります。こちらは、壁画を依頼された画家が、寺には無断で壁画中にドラえもんを入れて描いたとのこと。ドラえもんをひと目見ようと近隣の子どもたちが寺を訪れ、仏教興味を持ってもらうきっかけになる、ということで結果的に寺からは許可された模様です。

 

まとめ:インバウンド対策も訪日外国人観光客に知ってもらわなければ意味がない

今回はドラえもんを起用した東京メトロのキャンペーンについてご紹介しました。いまのところ、東京メトロの外国人向け公式FacebookページやTwitterアカウントは存在しないようなので、東京メトロとしては訪日外国人観光客に向けたキャンペーンにはそこまで注力していないものと思われます。今回の「すすメトロ!」キャンペーンも、基本的には国内の日本人に向けたブランディングのためのキャンペーン、という位置づけであることが伺えます。

前述の様にタイのブロガーのツイートがそこそこバズっているので、少々もったいない印象を受けます。せっかく訪日外国人向け対策として多言語化やフリーWi-Fiの設置をしたとしても、訪日前などに外国人観光客に知ってもらえなければ集客効果は見込めないでしょう。2020年のオリンピックには重要な交通インフラとなる東京メトロ。今後の訪日外国人観光客向けキャンペーン・プロモーションの動向に注目です。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…