2014年10月1日に観光庁の発表により消費税免税制度が拡充され、免税に適用される対象物が広がり、新たに食品類、飲料類、薬品類、化粧品類などを含む消耗品も免税の対象になりました。

翌年2015年5月1日には、同じく観光庁の発表により免税対象金額が引き下げられ、これにより以前であれば免税対象になる金額が10,000円超であったものが5,000円まで引き下がりました。

この免税緩和の影響もあり、訪日外国人観光客の飲料類の購入額も伸びています。

日本政策投資銀行のデータによれば、訪日外国人観光客の飲料類に対する支出が増えています。飲料類はこれから成長が見込めるであろうインバウンド市場であるということが言えるでしょう。

そのような状況下にある飲料業界。大手飲料メーカーこれまでにどのようなインバウンド対策に取り組んできたのでしょうか。

以前ご紹介した記事「飲料メーカーのインバウンド対策とは?大手企業の訪日外国人観光客集客術を紹介」から、「伊藤園」のインバウンド対策に関して、もう少し掘り下げてご紹介。

 

静岡県に抹茶工場を新設:工場新設は実に42年ぶり

2016年6月14日のプレスリリースによると、伊藤園は、伊藤園静岡相良工場に、「抹茶工房」を新設しました。この工場は簡単に言うと、抹茶を製造する工場。2016年6月中旬より稼動が始まっています。

同社の工場新設は実に42年ぶり。こうした工場新設の背景には何があるのでしょうか?

背景には訪日外国人観光客の増加と緑茶飲料市場の伸び:「日本茶」は海外でも人気

同プレスリリースによると、伊藤園は、今回の工場新設に関して、

和食のユネスコ無形文化遺産登録や訪日外国人の増加などを背景に、日本の食文化への関心が国内外で高まっています。“抹茶”は日本が世界に誇る伝統の食文化の一つであり、国内市場の抹茶入り製品は、訪日外国人のおみやげとしても人気となっています。
日本国内で生産される緑茶の2割以上を取り扱う当社は、お茶のリーディングカンパニーとして、「抹茶工房」を新設することで、さらなる需要増加に対応し、抹茶市場を盛り上げてまいります。-ニュースリリース 「伊藤園」より引用(一部省略)

とコメント。訪日外国人観光客の増加からの、インバウンド需要に応じて、工場を新設したことがわかります。

また、緑茶飲料業界の好調も追い風になっています。伊藤園の調べによると、国内の飲料市場全体が伸び悩む中、緑茶飲料の市場規模は2000年の2171億円から2015年4150億円へ拡大。15年間でおよそ2倍になっています。

理由の1つとしては、消費者の健康志向が挙げられ、国内、国外での緑茶飲料の人気から、これからも市場は拡大していくと考えられます。

海外の人気、訪日外国人観光客の増加から抹茶製造のための工場を新設し、供給量の増加を図る「伊藤園」。他にはどのようなインバウンド対策を行っているのでしょうか?

 

新千歳空港に専門店を開業:訪日外国人観光客集客へ

ニュースリリース 伊藤園より引用

ニュースリリース 伊藤園より引用

2016年2月4日のプレスリリースによると、伊藤園は、同日、新千歳空港国際線旅客ターミナルの商業施設に、お茶の「伊藤園」直営専門店をオープンしました。

店内では、厳選された伊藤園の「日本茶」「抹茶」や、それらの関連商品が、購入できます。また、試飲しながら、「おいしいお茶の入れ方」を体験できるコーナーも設けています。

千歳市のホームページによると、新千歳空港では、2015年の空港利用客数が、2,000万人を超え、年々、国際線の本数も増加しています。

同空港での、「利用客の増加」、「訪日外国人観光客の増加」に着目して、伊藤園は、インバウンド対策に取り組んだことがわかります。

前年売り上げ49%増を記録:羽田、成田でも専門店を運営

伊藤園のプレスリリースによると、2014年9月より、羽田空港国際線旅客ターミナルの商業施設「江戸小路」で、「茶寮・伊藤園」もオープンしました。

存分に「和」を感じることができる店内で、厳選した日本茶や抹茶、甘味、軽食を提供。連日、多くの訪日外国人観光客で賑わっています。2015年は、対前年売り上げ金額49%増を記録し、好調です。

また、成田空港にある専門店「FaSoLa 伊藤園」でも、2015年は対前年売り上げ金額34%増を記録。

伊藤園のメイン商品である「日本茶」「抹茶」を前面に売り出したインバウンド対策が功を奏しています。

 

2015年から「ITOEN MATCHA GREEN TEA」を発売:世界での知名度向上を狙う

伊藤園では、2015年から、グローバルブランド「ITOEN MATCHA GREEN TEA」(ティーパック)を発売しています。海外向けプロモーションページでは、英語で、伊藤園の商品が紹介されています。

また、伊藤園では、東京都渋谷区の本社以外にも、アメリカに2社、シンガポール、とオーストラリアに1社ずつ、支社を開設。海外進出を、積極的に果たすことによって、世界での知名度向上を図っていることがわかります。

 

まとめ:インバウンド需要に応じた施設拡張、主要空港での専門店開業と海外でのブランド化対策を実施。

先述の通り、大手飲料メーカー「伊藤園」では、

  1. インバウンド需要増加に応じた工場の新設
  2. 主要空港での「日本茶」「抹茶」専門店開業
  3. 海外での知名度向上を目指し、「ITOEN MATCHA GREEN TEA」の発売

をインバウンド対策として、行ってきました。

「日本食」のユネスコ無形文化遺産登録や、訪日外国人観光客の増加を背景に、「日本茶」「抹茶」も持つ可能性を最大限に活用。多くの訪日外国人観光客のニーズを汲み取り、インバウンド収益をあげてきたことがわかります。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…