年々増え続ける訪日外国人観光客に伴い、2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光ビジョンの中で、訪日外国人観光客数の目標を4000 万人まで引き上げました。そんな追い風を受け、魅力的なインバウンド市場になっている、旅行業界。国内の大手旅行会社は、訪日外国人観光客集客へ、様々な取り組みを行っています。

今回は、大手旅行会社、株式会社JTBのインバウンド対策について、説明していきます。

 

JTBが訪日外国人観光客向けパッケージ商品「サンライズツアー」をリニューアル

2016年9月13日のJTBのプレスリリースによると、JTBはインバウンド向けツアー「サンライズツアー」をリニューアルします。

これは、1964年に誕生した訪日外国人観光客向けのパッケージツアー。

東京、京都や富士・箱根、日光日帰りツアーをはじめ、全国周遊型ツアー、新幹線と宿泊がセットのお得なフリープランや多言語対応ツアー等、訪日外国人観光客のニーズに応じた商品を実施。

個人観光客だけではなく、訪日外国人団体観光客向けのツアーも取り扱っています。

「初訪日のお客様にも安心してご利用をいただける定番商品」というブランドコンセプトで、50年以上、多くの訪日外国人観光客に利用されています。

リピーター向けパッケージツアー「エクスペリエンス・ジャパン」の展開も:訪日外国人観光客増加を受け「サンライズツアー」に統一

同社は、2013年から、リピーターの訪日外国人観光客向けに「エクスペリエンス・ジャパン」を展開しています。初訪日とは、違った体験ができるとして、訪日外国人観光客に人気でした。

しかし、今回、訪日外国人観光客増加を受け、多くなってしまったパッケージツアーを整理するために、先ほど紹介した「サンライズツアー」に統一したとのこと。

5つのカテゴリーから訪日外国人観光客にツアーを提供:既存のラインアップは残しつつ、新たな注目商品も提供

同プレスリリースによると、JTBは、新たな「サンライズツアー」において、「Multi Day Tours」「Day Trips」 「Train Package」 「Free&Easy」 「Extras」の5つのカテゴリーを設け、北海道から沖縄まで全国のツアー商品を、訪日外国人観光客に提供します。

また、2017年度版「サンライズツアー」では、2016年まで提供していた商品のラインアップは残しつつ、「JALで行く日本一周14日間の旅」「北海道3大冬まつりを訪れる旅」など、新たなツアーパッケージを発売します。

新しい試みとして、明治座での「ナイトミュージカルショーSAKURA-JAPAN IN THE BOX」や「ヘリコプター夜景観賞」も発売。訪日外国人観光客の夜のアクティビティの充実を図ります。

多彩なPR方法も併せて発表:専用ウェブサイト「JAPANiCAN.com」の活用、海外への売り込みを強化

JTBは、国内外のJTBグループ会社、JTBの運営する外国人向けオンライン予約サイト「JAPANiCAN.com(ジャパニカンドットコム)」を通じて、PR活動を行います。

また、日本政府観光局(JNTO)の海外事務所にも、情報を発信。約4,000社にのぼる海外の提携旅行会社へのセールス強化も行うとのこと。

JTBは、新たな訪日外国人観光客向けパッケージ商品のプロモーションに、全力を注ぐとしています。

 

JTBグローバルマーケティング&トラベルでは、他にも様々なインバウンド対策を実施

JTB関連企業として、訪日旅行を主にサポートする会社「JTBグローバルマーケティング&トラベル」のホームページでは、インバウンド対策導入例と題し、訪日外国人観光客集客の取り組みが、紹介されています。

訪日外国人観光客向け漫画アプリ「Ms.Green」の配信:総務省より「地域情報化大賞2015」特別賞受賞

app-mart.jpより引用

app-mart.jpより引用

「JTBグローバルマーケティング&トラベル」では、マンガで読めるジャパンガイドアプリ「Ms.Green」を配信しています。

アプリ内では、日本の人気観光地の魅力やグルメ等、お得な情報がマンガで紹介されており、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語でリリースされています。2015年4月には、20万ダウンロードを達成しています。

2016年2月1日のプレスリリースによると、「Ms.Green」は、総務省主催の「地域情報化大賞2015」において特別賞を受賞しました。

この賞は、日本の地域課題を解決する手段として、ICTの活用を普及促進するためのものです。

授賞理由は、「他案件と異なり、民間の企業が地域と連携しながら、地方創生を進め実績を出している好例」とされ、JTBの行うインバウンド対策は、国からも評価されていることがわかります。

立教大学観光学部と提携:訪日外国人観光客向け新商品の発売

食品サンプル作りの様子:jtbgmt.comより引用

食品サンプル作りの様子:jtbgmt.comより引用

2016年3月14日の「JTBグローバルマーケティング&トラベル」のプレスリリースによると、同社は、立教大学観光学部と、訪日外国人観光客向け旅行商品「日本の人気お土産ツアー 食品サンプル作りとおもしろ消しゴム工場見学」を共同で企画し、商品化しました。

これは、「アジアのファミリー層」をターゲットに企画された商品。製品の食品サンプルと消しゴム作りの製造工程を見てもらい、体験を通し、実際に自分で作ったお土産を、訪日外国人観光客に持ち帰ってもらうという内容になっています。

同商品は、今年3月14日より販売が始まっています。

 

まとめ:訪日外国人観光客増加に合わせて商品のリニューアルの実施:「マンガ」を通じたインバウンド対策、教育機関との提携も実施

今回、取り上げた大手旅行会社「JTB」。インバウンド対策としては、

  1. ニーズに合わせたツアーパッケージのリニューアル
  2. 訪日外国人観光客へ「マンガ」を通じた情報発信
  3. インバウンド向け新商品の開発のため、教育機関と提携

を実施しています。訪日外国人観光客集客へ、あらゆる角度からアプローチしていることがわかります。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…