経済発展が著しく、増加が見込まれる東南アジアからの訪日外国人観光客。厳しい食事制限のあるイスラム教徒が多いことから、その対応のためにはハラル認証が必要だと言われています。

ODAなどにより途上国支援を行う日本は、イスラム圏の国々からポジティブに捉えられていると言われていますが、残念ながら、イスラムの教えを理解し配慮を行う飲食店などが少なく、旅行しにくいの現状です。他の事業者に先んじてイスラム教徒が利用しやすい環境づくりを行えば、大きなビジネスチャンスになるのではないでしょうか。

しかし、その一方でハラル認定には国際的な基準が存在しない、認証を行う団体が国内で乱立しているなどの問題が発生しており、注意が必要です。特にトラブルを招きやすそうなのは「ローカルハラル」「ムスリムフレンドリー」などの分かりにくい表現が存在すること。

しっかり理解しておかないと、ハラル認定を行ったつもりがイスラム教徒に不評でまったくユーザーが来ない……という事態にも繋がりかねません。今回は、イスラム教に詳しくない人でも分かるように、ハラル認定にまつわるややこしい概念をご紹介します。

 

そもそもハラルとは?:イスラム教には生活一般に適用される戒律が存在

ハラルについての詳しい紹介はこちらの記事にありますが、本記事でも大まかに解説しておきましょう。

ハラルとは「合法である」を意味する言葉で、結婚や身だしなみなど生活にかかわるすべてに適用されますが、日本国内で「ハラル対応が必要だ」と言われるときは、主に食事のことを指します。イスラム教には豚肉やお酒、ハラール屠畜(イスラム教の法に則った屠殺の方法)されていない食肉を食べてはいけないという戒律があるためです。

<関連記事>

ハラル認証の問題点:ハラルには国際的な基準が存在しないなど

世界各国のハラル認証マーク:mhalalc.jpより引用

世界各国のハラル認証マーク:mhalalc.jpより引用

イスラム圏の訪日外国人観光客を開拓できることから、ハラル認証には以前から注目が集まっていましたが、同時にいくつかの難点があることでも知られています。

まずよく知られているのは、戒律の理解の仕方がそれぞれの宗派、個人によって違うこと。イスラム教徒と一口に言っても教えを厳格に守ろうとする人から寛容な態度をとる人までさまざまです。

また、ハラルか否かの国際的な基準はないため、「これさえしておけば安心」という方法論を確立することが困難です。ましてや、イスラム教が浸透しておらず、知識のある人が少ない日本ではなおさら難しいでしょう。ハラル認証を行う団体に頼れればよいのですが、その認定基準もまちまちなのが実際のところ。そのうえ、近年、乱立していることもあり、信頼できる団体を見つけるのにも骨を折るのではないでしょうか。

 

ハラルにまつわるややこしい表現「ローカルハラル」「ムスリムフレンドリー」

各人の心の支えとなっている宗教に関わるだけに、なんとしても無用なトラブルは避けたいハラルの問題。情報を調べるにあたって、よく注意したいのは「ローカルハラル」「ムスリムフレンドリー」などの耳慣れない表現です。以下に詳しく解説していきましょう。

ローカルハラルとは

MHC株式会社が認定する「ローカルハラル」のシンボルマーク:mhalalc.jpより引用

MHC株式会社が認定する「ローカルハラル」のシンボルマーク:mhalalc.jpより引用

ローカルハラルとは、各国の実情に合わせたハラルのあり方のこと。たとえば、厳格なハラル認証を行う場合、ムスリムが毎日厨房を管理する必要がありますが、これは日本ではかなり難しいでしょう。そこで、可能な範囲でハラルな食品を提供するための管理を行い、イスラム教徒の訪日外国人観光客をもてなそうという考え方です。

取り組みやすいことなどから、ローカルハラルは近年、日本国内で広まりを見せていますが、批判が無いわけではありません。ハラルな食品の提供の仕方はすでに存在するにもかかわらず、「ローカルハラル」という新たな概念を作り出したら事態をややこしくなるだけなのではないか、と考える向きもあります。

ムスリムフレンドリーとは

ムスリムフレンドリーとはイスラム教徒が必要とするものを理解し、できる範囲で適切なサービスを提供することを指します。具体的には「ポークフリー」「アルコールフリー」のメニューなどのことを指します。

「ハラル認証」は本来、すべてのイスラム教徒が安心して利用できるように戒律に忠実であるべきだとされています。一方で、ムスリムフレンドリーは部分的にでも戒律に適合するように配慮しているのが特徴です。そのため、利用するかどうかはイスラム教徒であるユーザーの判断に委ねる形になり、サービス内容を適切に情報発信していくことが必要になるでしょう。

 

まとめ:ハラルはビジネスチャンス!……と飛びつかず、慎重な対応を

日本での対応が難しいハラルには、「ローカルハラル」「ムスリムフレンドリー」などの類似概念が存在します。いずれもイスラム教国でない日本で、できる限りハラル対応を行おうとするものであるため、厳格に戒律を守ろうとするムスリムにはあまり好まれないでしょう。宗教的、国際的なトラブルに発展させないためにも、それぞれの発想をよく理解しておくことが重要です。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…