ドラマや映画、アニメ・漫画のロケ地やモデルとなった土地を訪問する「ロケツーリズム」。そのなかでもアニメや漫画のモデル地となった場所を訪問し、アニメ内と同じアングルで写真をとったり、その世界に入りこんだような感覚を楽しんだりすることを特に「聖地巡礼」といいます。

<関連記事>

先日9月16日、アニメ・漫画の舞台やモデルになった「聖地」を認定し、アニメや漫画を通じて訪日外国人観光客誘致や地域の観光活性化を図る「一般社団法人アニメツーリズム協会」が発足しました。

アニメツーリズム協会とは?

アニメツーリズム協会とは、アニメの舞台・モチーフとなった地域を「聖地」として選定し、訪日外国人観光客の聖地巡礼促進を目的としている一般社団法人です。

アニメツーリズム協会ロゴ:shadan.animetourism88.comより引用

アニメツーリズム協会ロゴ:shadan.animetourism88.comより引用

アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズで有名な富野由悠季監督が理事長に就任、理事会にはKADOKAWAやJTB、日本航空の代表らが参加しており、今後は観光庁とも連携していくとのこと。官民連携し、オールジャパン体勢で聖地巡礼を盛り上げていくことがねらい。

「聖地」として88カ所を選定へ:世界中のアニメファンから公募も開始

聖地投票ページ(英語版)

聖地投票ページ(英語版)

アニメツーリズム協会は、聖地を

  1. アニメや漫画の舞台やモデルになった地域や場所
  2. 作家ゆかりの街や生家、記念館
  3. 作品アドに関連する博物館や施設

と定義しており、これらの聖地候補をWEBページにて募集しています。募集ページは日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、タイ語、マレー語と多言語対応しており、日本のファンだけでなく、世界中のアニメファンから意見を募集しています。

公募を参考に選定した全国88カ所の「アニメ聖地」の情報を国内外に発信し、各地域へ送客を促していきます。地域とコンテンツホルダー(アニメなどの権利所有者)をつなげ、新たなサービスや旅行商品、観光名所開発を促進、「聖地」と「聖地」をつなぐ周遊観光ルートも整備していく。各地域の受け入れ体制もサポートしていくとのこと。

すでに観光庁や自治体が独自で作成したアニメマップも存在

アニメツーリズム協会の発足以前から、訪日外国人観光客の聖地巡礼需要の高まり、または訪日外国人観光客誘致の観点から観光庁や地方自治体が個別でアニメマップを作成する動きはありました。

JNTO(日本政府観光局)は英語版WEBサイトにて、「Japan Anime Map」と題し、日本の「OTAKU CULTURE」と、有名アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」「らきすた」「エヴァンゲリオン」などといった作品の聖地を紹介。

「Japan Anime Map」表面:JNTOより引用

「Japan Anime Map」表面:JNTOより引用

「Japan Anime Map」裏面:JNTOより引用

「Japan Anime Map」裏面:JNTOより引用

財団法人東京観光財団が運営する訪日外国人観光客向けWEBメディア「GO TOKYO」においても、東京都内のアニメスポットを紹介する観光マップを配布しています。

gotokyo.orgより引用

gotokyo.orgより引用

東京の場合、アニメや漫画の具体的な舞台としての「聖地」が少数であるものの、アニメ製作会社や日本一の同人誌即売会「コミケ(コミックマーケット)」といったイベント、随一のアニメ街秋葉原などを有しています。「GO TOKYO」のアニメマップも、「聖地」というよりかは「アニメスポット」を紹介する格好となっています。

<関連記事>

アニメツーリズム協会の意義は広域連携か

箱根町観光協会とJNTOが共同制作した「ヱヴァンゲリヲン 箱根補完マップ 英語ver」http://evacollector.comより引用

箱根町観光協会とJNTOが共同制作した「ヱヴァンゲリヲン 箱根補完マップ 英語ver」http://evacollector.comより引用

上記のほか、地方自治体や企業・団体などが独自に訪日外国人観光客のアニメ聖地巡礼向けアニメマップを作成した例は、各聖地ごとに存在しています。

しかしながら、横の連携が乏しく、画一的な情報提供が出来ていない印象です。そのため、訪日外国人観光客目線では、情報が個別に展開されており、どうしたら「聖地」に行けるのかがわかりづらいのが現状です。

アニメツーリズム協会の設立意義は、このような課題を解決するところにあるのではないでしょうか。

アニメツーリズム協会設立のプレスリリースにある通り、「オールジャパン体勢」での聖地巡礼需要の醸成に期待が集まります。

 

まとめ:聖地巡礼はニッチであるこそリピーター化に期待

聖地巡礼といったアニメツーリズムを含むロケツーリズムは、年間100万人の訪日外国人観光客が実施しており、今後の市場拡大に注目が集まる分野です。しかしながら、観光スポットとしての集客力は、現状「東京」「京都」といった一大観光スポットには遠く及ばないのが事実でしょう。そのため、聖地巡礼市場は、受け入れ側からも訪日外国人観光客の口コミからも、情報提供が行き渡っていない分野でもあります。

そのような状況の中、アニメツーリズム協会が設立されたのは、直上で述べた通り、画一的な情報提供ができうることに意義があるのではないでしょうか。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…