平成26年訪日外国人観光客の地方訪問状況:観光庁より引用

平成26年訪日外国人観光客の地方訪問状況:観光庁より引用

訪日外国人観光客の増加にあわせて、日本に複数回訪れる、「訪日リピーター」が年々増え続けています。

訪日リピーターは、一般的にゴールデンルート以外の地方への訪問を好む傾向にあり、全体として訪日外国人観光客の地方訪問が増加しています。

観光庁のデータから平成26年の訪日外国人観光客の都道府県別訪問率を確認すると、東京、大阪など2大都市圏のみ訪問した観光客は44%なのに対し、地方のみ、もしくは地方と2大都市圏を訪問した割合は56%を占めます。

先述の通り、以前であればゴールデンルートが主な訪日外国人観光客の旅行先であったのが、少しずつ地方にもスポットライトが当たり始めていることが理解できます。

北海道、帯広・十勝地域においても近年、訪日外国人観光客数が増加の一途をたどっています。

<関連記事>

 

北海道帯広市、対前年比125%のインバウンド宿泊者数を記録

十勝総合振興局の統計によると、平成27年度の北海道帯広市における訪日外国人観光客の宿泊者数は、11,872人を記録。これは対前年比で見たとき125.4%となり、帯広市の滞在する訪日外国人観光客数が増加していることがうかがえます。

また、北海道帯広・十勝地域は、農林水産省による「食と農の景勝地」の認定事業に参加自治体として応募。11月5日には正式に「食と農の景勝地」として認定されました。

これらの背景から、北海道帯広・十勝地域では「インバウンド誘致」はホットなキーワードになっており、地域内でも訪日外国人観光客誘致に向けたさまざまな取り組みが行われています。

 

無料Wi-Fiの整備で訪日外国人観光客に観光情報などを提供

無料Wi-Fiの導入が開始された道の駅「あしょろ銀河ホール21」:本別ブログより引用

無料Wi-Fiの導入が開始された道の駅「あしょろ銀河ホール21」:本別ブログより引用

帯広開発建設部は、2016年3月15日から管内11の「道の駅」で無料Wi-Fiを活用した情報提供を始めました。

交通状況や気象情報などに加え,医療や観光情報を発信。利用者の利便性向上のほか,訪日外国人観光客の受け入れ体制整備につなげることが目的とのこと。

 

「外国人おもてなしシート」を配布:各業界で手軽な外国語対応が可能に

外国人おもてなしシート:おびひろ観光ナビより引用

外国人おもてなしシート:おびひろ観光ナビより引用

十勝外国人受入体制整備推進協議会では、「外国人おもてなしシート」を作成。ウェブ上で配信がされています。

これはインバウンド向けの指さし形式の外国語対応ツール。訪日外国人観光客とのコミュニケーション時に活用が可能です。

ホテルや旅館向けの「宿泊編」、お土産品などの小売店向けの「買物編」、レストランや食堂向けの「飲食編」、交通事業者向けの「タクシー編」「バス編」の5種類のシートがpdf形式で配信されており、各業種で簡単な外国語対応が可能になります。

英語・韓国語・中国語繁体・中国語簡体の4つの言語に対応。

<関連記事>

 

英語・中国語版「十勝パンフレット」の発行:訪日客に帯広・十勝地域の魅力を紹介

外国語観光パンフレット「TOKACHI」:十勝観光連盟より引用

外国語観光パンフレット「TOKACHI」:十勝観光連盟より引用

十勝観光連盟では、訪日外国人観光客向けに帯広・十勝地域の観光情報等が記載されているパンフレットや、地図を配信しています。

英語と、中国語、韓国語版があり、帯広・十勝地域の魅力を発信しています。

 

十勝が舞台の短編映画「My little guidebook」の作成:有志の一般人からも台湾に向けた地域のPR

海外に帯広・十勝地域の魅力をPRするために、帯広・十勝地域を舞台とした短編映画「My little guidebook」が作成されました。

「My little guidebook」は、十勝出身の有志による自主制作映画で、クラウドファンディングで資金調達して作成されました。

台湾人に同地域における訪問を促すために作成されており、Facebook上のファンページで70万件のいいねを獲得する台湾の人気女優ウー・シンティを主演に起用。

彼女が新たな夏の北海道の観光スポットを探しに、海を越えて十勝をひとりで訪れるというストーリーで、海外からの視点を織り交ぜながら、十勝に暮らす人々と美しい風景を鮮やかに描き出した映画です。

Facebookの「My little guidebook」公式ページでは、国内国外から3,800件のいいねを獲得しており、映画を通じた一般人からのPR活動が、海外でも大きな注目を集めていることがわかります。

2016年10月23日には、続編である「My little guidebook -ICE-」が公開されることも決まっています。

 

まとめ:帯広・十勝地域ではインバウンド対策としてWi-Fi整備や外国語対応、短編映画の作成を実施

農林水産業による「食と農の景勝地」認定から、インバウンド界隈において注目を集めだしている帯広・十勝地域。

今までの取り組みとして、上記でご紹介したように

  • 道の駅における無料Wi-Fiの整備
  • 「外国人おもてなしシート」配布
  • インバウンド向け「十勝パンフレット」の作成
  • 地域の魅力PRのため短編映画「My little guidebook」の作成

などを実施。結果的に対前年比125%のインバウンド宿泊者数を誘致してきました。

さらなる訪日外国人観光客誘致に向けた帯広・十勝地域の取り組みにこれからも注目が集まります。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…