韓国のEC市場規模

statista.comより引用

statista.comより引用

statista.comの調べによると、韓国のEC市場規模は2015年時点で388億ドル、2016年には427億ドル規模になると予想されています。韓国国内ではオープンマーケット型のモールが人気ですが、越境ECのほうが実質的に安く購入出来るという背景もあり、米国、日本、中国から越境ECでの買い物をするユーザーが増えています。

statista.comより引用

statista.comより引用

一方でEC全体の取引金額で見ると、B2Bが圧倒的な量を占めており、B2C、C2Cの伸びしろはかなり大きいと言えそうです。

 

韓国のインターネットインフラ

インターネットの普及率は2015年末で92%超となっており、日本よりも高い数値を記録しています。人口に対するスマートフォンのシェア率は2015年時点で76%を超えており、ECでの買い物に関してもモバイルからの購入が多いのが韓国ECの特徴と言えるでしょう。

2015年にはオンラインでの小売売上高のうち37.5%がモバイルからのアクセスによるものでした。また韓国のモバイルユーザーは52%がモバイルクーポンを使用、46%が劇場やイベントのチケットにモバイルデバイスからアクセスしています。

 

韓国の交通インフラ

韓国は高速鉄道、地下鉄、高速道路などの交通インフラが発達しており、特に地下鉄に関しては東京に次いでアジア地域では2番目の規模だと言われています。しかしソウルなどの都市部では渋滞が深刻化しており、観光地としても人気のある韓国の都市部では観光バスが原因となる渋滞も度々発生するようです。

 

韓国で人気のSNSは?

2015年12月時点のMAU(Monthly Active Users)によると、韓国で一番人気のSNSはFacebook、次いで、kakaostory、BAND、Instagram、Naver Cafeとなっています。kakaostoryは家族や友人などの親しい人などに限定したソーシャルアプリ、BANDは共通点を持つ友人と繋がることの出来るグループコミュニケーションアプリです。

 

韓国で人気のECサイト

楽天と協業をしているGmarket、自社による優れた配送サービスを持ち、Amazonの韓国市場への参入を苦戦させているCOUPANGなど、特色のあるサイトが多いのが特徴です。

Gmarket(Gマーケット)

Gmarket(Gマーケット)

Gmarket(Gマーケット)

韓国最大手の通販モール。2016年2月には日本の「楽天市場」と協業し、相互出展をしています。日本からは韓国で人気が高い化粧品、玩具、スポーツ用品などを販売、韓国からは日本で人気の高いファッションアイテム、化粧品などを販売している。

COUPANG(クーパン)

COUPANG(クーパン)

COUPANG(クーパン)

韓国人の2人に1人が使っていると言われるサイト。サービスインは2010年ながら韓国では大手のECサイトとなっています。自社による物流ネットワークと配送拠点を持ち、同日配送を実現するロケット配送と呼ばれる迅速な配送システムが特徴です。2014年には3億ドルの売り上げを達成し、2015年にはソフトバンクから10億ドルの出資を受けています。

 

LOTTE(ロッテ)

LOTTE(ロッテ)

LOTTE(ロッテ)

日本では菓子メーカーという印象が強いですが、韓国のロッテグループは百貨店、ホテル、テーマパークなど他事業を展開する財閥グループで、韓国では5番面規模を誇る財閥です。サイトとしてはロッテ百貨店、テレビ通販と連動したECサイトとなっています。

 

STYLENANDA(スタイルナンダ)

STYLENANDA(スタイルナンダ)

STYLENANDA(スタイルナンダ)

中国、香港、タイ、シンガポールなどでも人気が高まっているファッションブランドのECサイト。2016年には日本に実店舗を構え、東京、大阪、福岡に店舗があります。

 

まとめ

韓国でのオンライン購入の37.5%がモバイルからのアクセスであるように、モバイル対応が韓国ECでのポイントになります。韓国関税庁の調べによると、韓国の越境EC市場は、2009年の1.7億ドルから2014年には15.5億ドルと、6年で9倍に成長しています。今後も安定した成長が見込め、日本製品の人気も非常に高いことから魅力的な市場と言えるでしょう。

参考

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…