法規制の緩和やインバウンド向け宿泊施設の不足、比較的手軽に始めることができるという特性を背景に、Airbnb(エアビーアンドビー)など「民泊ビジネス」が日本でも急速に広まりつつあります。

「民泊ビジネス」とは、一軒家やマンション、オフィスなどの空室を民泊用の宿泊施設として貸し出し、収入を得るビジネス形態を指します。

しかし、民泊ビジネスを検討している国内の不動産や一般人にとって、空き室を所有していても、ノウハウがない限り、それらを宿泊施設として貸し出すのは難しいことです。

こうした背景をもとに、民泊ホストの運用業務を代行する「民泊運用代行サービス」が国内で盛り上がりを見せています。

このシリーズでは、国内の人気民泊運用代行サービスの具体的なサービス内容や料金形態、特徴などを簡単にまとめていきます。

初回は、「MINPAKU.Biz」を運営する株式会社オックスコンサルティングが提供するAirbnb・民泊運用代行サービス「HOST LINK」についてご紹介。

<関連記事>

 

 

[運用実績]300件以上の民泊代行運用を実施:月の最高売上額は823,592円を記録

運用事例:HOST LINKホームページより引用

運用事例:HOST LINKホームページより引用

民泊・Airbnb運用代行サービス「HOST LINK」は、2016年9月時点で、311件の民泊代行運用を行っています。

ホームページの運用事例では、数件の民泊代行事例が確認でき、月の平均売り上げは300,000円から600,000円ほどで推移。月の平均稼働率は25日以上となっています。

最高稼働率は100%。月の最高売上額は823,592円を記録しています。

 

[特徴①]「HOST LINK」では民泊運用前・後にわけたサービスを提供

HOST LINKでは、民泊として運用する前と後に分けたサービスを提供しています。

運用前:アメニティの設置やウェブ上での情報配信など初期セットアップの全てを代行

HOST LINKでは、民泊運用前に、必要となる初期セットアップを全て代行しています。例として、

  1. 家電・備品などアメニティの購入・設置
  2. プロカメラマンによる部屋・物件の写真撮影
  3. Airbnbなど民泊サービスのアカウント登録
  4. 物件情報やプロフィールの作成
  5. アクセスガイドの作成
  6. 家電など設備の利用マニュアルの作成
  7. トラブル防止のためのハウスルールの作成

などを提供しています。

運用後:ゲストの満足度向上、稼働率向上、収益最大化に向け民泊運用を最適化

民泊運用後は、ゲストの満足度向上、稼働率向上、収益最大化を軸に民泊運用の最適化を目指します。具体的に

  1. 宿泊ゲストのメール対応(2時間以内)
  2. 予約スケジュールの管理
  3. 物件の魅力など必要情報のリスティング化
  4. 金額・日次修正
  5. ゲスト滞在後のレビュー依頼・獲得
  6. ハウスクリーニング予約
  7. 売上、平均宿泊単価、稼働日数など月次運用レポートの作成・提出
  8. 売り上げや清掃費用など月次収支レポート作成・提出

などを実施します。

 

[特徴②]英語、中国語、韓国語など5言語対応によるゲスト対応が可能

HOST LINKホームページより引用

HOST LINKホームページより引用

各民泊サイト内の物件ページ、ゲストとの電話・メール対応などを、ネイティブスタッフが中心となり、「英語」「中国語(簡体字)」「中国語(繁体字)」「韓国語」「日本語」の5言語で対応。

多言語化を進めることにより、多くのゲストの獲得につなげるとのこと。

 

[特徴③]AirbnbやTripAdivisor、agodaなど12の民泊サイトに対応

HOST LINKホームページより引用

HOST LINKホームページより引用

HOST LINKでは、

  • 民泊サイト最大手である「Airbnb」
  • 旅行口コミ最大手の「Trip Advisor」
  • 「Trip Advisor」傘下サイト「Flipkey」「Holiday Lettings」「Niumba」
  • Expediaグループの「HomeAway」
  • オンライン旅行予約大手「agoda」
  • 中国・台湾人観光客の集客力が高い Ctrip、大魚、自在客、住百家、途家

など、合計12サイトに対応。多くの民泊サイトに物件情報を搭載することにより、圧倒的な稼働率を実現するとのこと。

 

[特徴④]無料の運用収益シミュレーション

運用収益シミュレーション:HOST LINKホームページより引用

運用収益シミュレーション:HOST LINKホームページより引用

HOST LINKでは、収益シミュレーションを無料で作成してくれます。

また、民泊運用の向き不向きや想定収益、その他の運用手段も含めたアドバイスも提供可能とのこと。

 

[料金形態]90,000円~ベーシックプランとビジネスプランの2つにわけて提供

Host Link料金形態:ホームページより

Host Link料金形態:ホームページより

HOST LINKの料金形態は、ベーシックプランとビジネスプランに分かれています。

ビジネスプランは、10件以上の運用を依頼する法人向けのプランです。

初期費用はベーシックプランの場合、税抜き90,000円。ビジネスプランの場合無料になります。

運用代行料金は、ベーシックプランの場合、売上(宿泊料金+清掃料金)の20%+清掃料金となっており、ビジネスプランの場合は基本的にケースバイケースになるとのこと。

 

まとめ:民泊運用代行サービスHOST LINK、圧倒的な稼働率の実現・運営ノウハウがウリか

ご紹介してきた人気民泊運用代行サービススHOST LINK。

  • Airbnb以外も含めた主要12サイト・5言語対応による360度集客
  • 300件以上の運用実績に基づく運用ノウハウをもとにした圧倒的な稼働率の実現

この2つが主な特徴です。

国内の民泊運用代行サービスを活用することにより、訪日外国人観光客の増加というトレンドを、インバウンド収益という形で還元することができるかもしれません。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…