訪日外国人観光客の増加を背景に、国内の交通業界では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。

以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも外国語対応や、訪日外国人観光客向け観光案内所の拡充、地域の特色を活かしたインバウンド向けサービスの提供など、さまざまな取り組みを開始しています。

東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)でも、訪日外国人観光客向けに、あらたなサービスを開始します。

<関連記事>

 

東京メトロ、銀座線の車両内でインバウンド向け無料Wi-Fiサービスを開始

東京メトロは、2016年12月1日から銀座線の車両内に、訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiサービスを順次導入していくとのこと。

2016年度末までに5編成に導入、2020年度までに全編成の導入完了が目標

「Metro_Free_Wi-Fi」・「Japan Connected-free Wi-Fi」車内ステッカーイメージ:プレスリリースより引用

「Metro_Free_Wi-Fi」・「Japan Connected-free Wi-Fi」車内ステッカーイメージ:プレスリリースより引用

東京メトロでは、現在、東京メトロ全駅の駅構内において、無料Wi-Fiサービスの提供を行っています。

この度、車両内での更なるサービス向上を図るために、沿線に上野や浅草など訪日外国人観光客に人気の観光名所が多い銀座線でいち早く無料Wi-Fiサービスの導入を開始。

2016年度末までに5編成の導入を進め、2020年度までに全40編成の導入完了を目指すとのこと。

丸ノ内線、日比谷線でも順次インバウンド向け無料Wi-Fiサービスを導入

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」車内ステッカーイメージ:プレスリリースより引用

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」車内ステッカーイメージ:プレスリリースより引用

また、丸の内線と日比谷線においても、インバウンド向け無料Wi-Fiサービスの導入を順次開始するとのこと。

丸ノ内線では、2018年より導入を開始。2022年までに全53編成の導入完了を目指します。

日比谷線では、2016年より導入を開始。2020年までに全44編成の導入完了を目指します。

その他の東京メトロの路線においては、現在導入に向けて準備中とのこと。

2種類の訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiを提供

東京メトロでは、訪日外国人観光客に

  • 「Metro_Free_Wi-Fi」
  • 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」

の2種類の訪日外国人観光客向け無料Wi-Fiを提供します。

「Metro_Free_Wi-Fi」は「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリを利用することで、インターネットに接続することが可能になります。1回のログインにつき、3時間の利用が可能に。回数制限はありません。

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」は、訪日外国人観光客向けアプリ「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」を通じて利用が可能です。利用時間に制限はなしとのこと。

 

「最も困ったこと」として全体の30%が「無料公衆無線LAN環境」と回答:鉄道関連施設での無料Wi-Fi整備を求める声も多数

「訪日旅行中最も困ったこと」:観光庁より引用

「訪日旅行中最も困ったこと」:観光庁より引用

観光庁が訪日外国人観光客を対象に行った「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」によると、「訪日旅行中最も困ったこと」との質問に対し、全体の約30%が「無料Wi-Fiの整備の遅れ」と回答しています。

約20%を占める「コミュニケーションがとれないこと」を除いた他の選択肢のほとんどが一桁のパーセンテージで落ち着く中、無料Wi-Fiの整備に関してはとても高い数値になっています。

「無料Wi-Fiが利用できると便利な場所」:観光庁より引用

「無料Wi-Fiが利用できると便利な場所」:観光庁より引用

また、同調査の「無料Wi-Fiが利用できると便利な場所」との質問には、「空港」「ホテル」とともに「鉄道(駅構内)」「鉄道(車内)」との回答もランクイン。

この2つデータから読み取れるのは、多くの訪日外国人観光客が日本国内でのWi-Fi環境の整備を望んでいるということです。

また、鉄道内での無料Wi-Fiの整備にもインバウンド需要があることがわかります。

今回の東京メトロの訪日外国人観光客向けの無料Wi-Fiの整備という形でのインバウンド対策は、こうした背景をもとに行われていることが予測できます。

 

まとめ:東京の地下鉄車両内でも訪日外国人観光客のWi-Fi利用可能に

東京メトロによるインバウンド向け無料Wi-Fi整備により、訪日外国人観光客は地下鉄車両内でも、インターネットにアクセスすることが可能になります。

これにより、訪日外国人観光客の東京観光中の移動時にも、さらに快適な情報検索や、SNSを通じた情報拡散が可能になります。

さらなるインバウンド誘致に向けて、無料Wi-Fiの整備は急務。鉄道業界も訪日外国人観光客のニーズに応えるためにインバウンド対策に本腰を入れています。

<関連記事>

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…