京都を出自とし、きめ細やかな「おもてなし」サービスを武器に一躍全国区のタクシー会社となったMKタクシー。

現在は日本8都市、海外3都市で事業展開をしています。グループ合計では売上高で業界5位。インバウンド振興が進むなか、同社の取り組みに熱い視線が注がれています。

あああ

都内大手4社とMKタクシー

 

MKタクシーが京都で創業したのは1960年。その後、早くも72年には「深夜ステーション」を設置し、急病患者や妊婦に向けたサポートをはじめるなど、業界のイノベーションに向けて動き出します。

75年には大学新卒者のドライバーを募集し、78年には救急タクシーを発足するといった具合です。

同社がユニークな点として社内資格制度があります。日本赤十字救急員の資格取得を奨励したり、社内に観光資格制度を設け、ドライバーたちに「京都・観光文化検定試験」を受験するように啓蒙しているのです。「京都観光おもてなしコンシェルジュ」に任命されたドライバーも少なくないようです。

 

インバウンドに対するサービス体制強化に真っ先に乗り出したのも同社です。俗にいう「英語タクシー」は同社が草分けで、90年には「英会話ドライバー(ESD:English speaking driver)制度」を社内に設けます。こうして積極的に社内で英語研修に乗り出し、英語が話せるドライバーを増やしていったのです。

英語研修は「初級」「プレ中級」「中級」「上級」と4つにクラス分けされ、月2回実施されます。現在、安心して観光ガイドを任せられる」あるいは「英語のコミュニケーションができる」ドライバーは50名にのぼるそうです。

 

留学制度も設けました。1992年から導入され、当初は小規模なものでしたが、現在は年3回、最大40人が海外に送り出されます。行き先についていうと、初級の場合はフィリピンに2週間、 中級の場合はイギリスに2カ月間、 上級の場合はオーストラリアに1カ月といった具合です。

なお、採用制度も独特で、高校新卒者も採用しています。通常は18歳で普通免許を取得したとしても3年間はタクシーが運転できる二種免許の試験を受けることができません。

そこで、ハンドルを握れない間の期間を、語学やおもてなし等を徹底して学ぶ期間として当てているのです。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…