注目されているインバウンド消費。外国人観光客をどのようにして取り込むか、あらゆる業界で大きな話題だといえます。しかし、インバウンドばかり考えていていいのでしょうか。利益を上げるにはインバウンド消費だけでは足元をすくわれてしまうかもしれません。当メディアとしてこんなことを書くのも難ですが、過剰な依存にならないように冷静に考えてみることも必要かもしれません。

 

でもこれでいいの?

テレビや新聞で外国人観光客が1000万人を超えた。日本は観光大国になった。などなぜか景気のいい話が話題になっています。この話をうのみにして、インバウンド消費のための対策を重点的にすればいいのではないか?このように考えてしまうのも無理はありません。

しかし冷静に考えることが必要です。テレビにはスポンサーがついていて、自分の会社に都合の悪いことは話しません。つまり、現実とズレがある可能性があることも考えておきましょう。

インバウンドの崩壊の可能性?

しかも世界中に広がる金融不安。日本が不安定なのはもちろん、中国の経済が急激に失速しているという話は出てきています。

その他にも戦争・テロ・暴動・災害など、世界がどのような状況になるのか全くわからない状況。この不安定な世界で、インバウンド対策に投資すれば絶対に儲かる、といい切れない状況なのです。

インバウンドに頼らない対策をしているか

もうすでに外国人が買い物に来てくれている。このような方は心配ないでしょう。しかし、これからインバウンド消費を狙って行こうか、という方は冷静に考える必要が出てきます。

経済ニュースや国際ニュースをチェックしながら、外国人観光客の利益が伸びているのか、または日本人観光客の消費は伸びているのか、減っているのかを冷静に判断する必要があります。

日本人も大切ですよ

日本の景気を担っているのは当然ですが日本人です。外国人を取り込むことばかりに気を取られて、不景気なのに、百貨店を利用する上質の日本人客を離してしまっては元も子ありません。

中には、日本人のお得意様を外国人と勘違いしてしまい、クレームはつけられなかったものの、

  • 「もうこんな店で二度と買い物するか」
  • 「ここの店は外国人専用みたいだ」
  • 「日本人なのに肩身が狭い」

このようにして、大事な顧客を手放してしまっているかもしれないのです。そして、失った顧客数や利益・信用は、数字にはっきりと表れるものではありません。

不安定な世界情勢。インバウンドのことだけ考えていると足をすくわれかねません。明日、どうなるかわからない状況で冷静に情報を収集する必要があります。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…