3月18日、おもちゃの名ブランドバンダイから新作のガチャポンが販売されます。その名も「武将コレクション 戦国甲冑大全」。

その精密な作りやガチャポンというお手軽さから、訪日外国人ウケしそうと話題になっています。

甲冑フィギュアは全8種類。徳川家康、真田幸村、加藤清正、黒田長政の甲冑が、それぞれ通常版と黄金版で作られています。カプセルに入る大きさなので、8cmぐらいの高さですが、細部まで丁寧に表現されています。それは、胴や臑当ての板模様がひとつひとつ分かるくらいほど!

武将コレクション 戦国甲冑大全ラインナップ

武将コレクション 戦国甲冑大全ラインナップ

 

嬉しいのはなんといってもそのお値段。一回400円です。

通常のガチャポンと比べると割高に感じるかもしれませんが、フィギュアを見たら、文句は言えなくなるはず。それくらいクオリティが高く、見ごたえがあるのです。

これらの商品は大阪城・熊本城・姫路城・彦根城・二条城・上田城といった日本を代表とする名城と、その周辺のお土産屋さん等にカプセル販売機が設置されるそう。

 

観光しながらご当地フィギュアを集めれば、旅の思い出にもなるでしょう。そう言った意味でも日本を訪れている外国人観光客への需要も大きく見込まれています。

最近では「SAMURAI」が外国人の一部でブームになっており、甲冑を着て写真を撮るサービスなどがウケているようです。

低価格に抑えつつ、満足度が高いフィギュアは、これからインバウンド観光客の日本旅行のお土産として主戦力になるのではないでしょうか。

 

黒に重みがある通常版、レア感が溢れる黄金版はどちらとも、その小ささを感じさせないくらい貫禄があります。すべて揃えて窓の淵に並べておきたくなりますね。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…