外国に旅行に行くという事は異文化に触れる事。そのため、異文化に触れる事なくして外国に滞在する事はできません。

日本には無い風景、日本語では無い言語、日本には無い料理、日本人気質とは違う国民性…。日本人が海外旅行に出向いて行くにあたっても、日本以外の文化に触れる為にその国に脚を運んでいると言っても過言ではないでしょう。日本との違いを体感しに行く事が、海外旅行の楽しさと言っても過言ではないでしょう。

 

訪日外国人は何しに日本へ?

ということは、日本にやって来てくれる訪日外国人にとっての旅行の目的も、我々日本人が海外旅行に行く理由と同じはず。日本以外の各国や、自国にもあるような観光地やショッピングスポットなどの物事を求めてやって来るわけではないでしょう。つまり、日本らしさを求めて訪日観光にくるのです。

とすれば、海外からの訪日外国人観光客の方々を受け入れる我々日本人にとって、彼らに日本に来て良かったと思ってもらえる事を用意できていることが望ましい。だからこそ、日本が、日本らしさを求めて観光にくる訪日旅行者にきちんと応えられているのかを考えてみる必要があります。

 

日本らしさとは?

最も日本らしく、訪日外国人に見せたい日本とは何か。「訪日外国人に人気の観光スポット」ならJNTOや観光庁の調査などで判明しますが、「日本人が見せたい日本」を特定する事は様々な分析を必要とする事でしょう。

神社仏閣や古い日本建築といった日本文化もそうですし、一方で秋葉原に象徴されるクール・ジャパンと呼ばれるサブ・カルチャーも日本らしさの一つです。多様さを持つからこそ、「これぞ日本らしさ」といえることを特定するのは困難を要します。

しかしながら、我々日本人が生きている現場そのものが、全て日本らしさと考えれば、特別の事をする必要は無いのかもしれません。

「日本らしさ」を選ぶのは我々ではなくて、日本に訪れてくれる訪日外国人観光客の方々そのものなのだから、彼らに任せておけば良いのかもしれない。

それでは、我々日本は、訪日外国人が自分で日本らしさを発見しやすい環境を用意できているのだろうかという視点で考えてみましょう。

 

言葉の壁

最大の問題はやはり言語でしょう。世界各国の言語をすべて用意することはとても困難な課題です。まずは英語と中国語の二ヶ国語でもわかり易い表記が至る所にあるのかどうか見渡してみましょう。

この視点で観てみると、思いの他充足していないことに気がつくことでしょう。しかし、それならどこまで、どのレベルまで、外国語による表記が必要なのでしょうか?

課題解決テーマは多岐に渡る。ならば、全ての日本語表記を英語化中国語化するという視点ではなく、現代社会で普及しているスマートフォンの利用環境が充足しているかという視点でも考えてみましょう。

 

スマートフォンとWi-Fi

現在世界各国でスマートフォンは普及している。来日する訪日外国人は比較的裕福層であることが多く、その多くがスマートフォンを持参している状況です。それに対し、スマートフォンの利用に必要不可欠なWi-Fi(ワイファイ)環境が日本の至る所で普及しているでしょうか?日本人の感覚から言っても、これは「NO」と思わざるを得ないのでしょうか。

NTTが提供する日本のWi-Fiスポット検索アプリ

NTTが提供する日本のWi-Fiスポット検索アプリなどもあるものの…

Wi-Fi(ワイファイ)が繋がるエリアが次第に増えている事実はあるものの、これは小さなエリアの連続で、携帯電話の電波の様にどこにいてもほぼ繋がる、というような環境は準備されていないのが現状です。

日本人でさえその都度Wi-Fiが繋がるエリアを調べて、メールアドレスとパスワード設定して利用登録しなければならない環境なのに、どうやって訪日外国人旅行者に、この環境を理解させて、スムースに利用できる仕組みを作り上げるのか。もしくはメールアドレスとパスワード設定が必要のない、真の意味での「フリーWi-Fi」の通信網をどうやって作っていくのか。

この仕組みが日本全国で出来上がれば、前段で指摘した外国語表記の問題も、かなりの部分で省力化される筈ではないだろうか。とすると、フリーWi-Fi環境の整備と、簡易な接続方法の確立は、最も求められる施策であると思うのです。

 

インバウンド対策には言葉とWi-Fi設置が重要

おもてなしの精神の国日本。その日本らしさはあらゆる場面で訪日外国人観光客にご理解頂きたい日本の特性です。

それは言語が通じなくとも感じることができる心の部分でもあるものの、より日本らしさを感じて頂く為には、Wi-Fi通信環境の飛躍的な整備が求められていると感じるのです。

インバウンド需要を喚起し、訪日外国人観光客を増やして、外貨を稼ぎながら、国際交流を進めて、日本ファンを増やすこと。これからの時代、本気で取り組むべき大きなテーマだと思えるのです。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…