訪日外国人観光客の国籍によって、人気の観光地や行き先、定番スポットは異なります。その中で、訪日中国人観光客が特に好む観光地とはどこなのでしょうか。それは、日本文化を堪能できる場所と、観光とショッピングが両方いっぺんに楽しめる行先です。訪日中国人観光客の「爆買い」は有名ですが、その「爆買い」をしに、訪日中国人観光客が訪れる観光地があります。

<関連記事>

 

日本文化や歴史を体験するなら、行き先は京都

日本の歴史や仏教に興味をもち、日本に観光に来る訪日中国人観光客も多くいます。彼らの行先は、定番の清水寺や銀閣寺など、日本の長い歴史や文化を垣間見れるお寺などが人気なものとしてあげられます。中国にあるお寺と、日本のお寺の雰囲気が、また別世界なので日本の文化に触れられます。

<関連記事>

その他の日本文化が感じられる日本の観光の定番の行き先

訪日外国人観光客のSNS発信地点の観光スポットランキング:nightley.jpより引用

訪日外国人観光客のSNS発信地点の観光スポットランキング:nightley.jpより引用

京都のほかにも、訪日中国人観光客に日本文化を堪能できる観光地として人気のスポットがあります。東京であれば、浅草が歴史的に長く由緒ある場所として人気です。浅草寺もあり、仲見世で日本らしいお土産のショッピングもでき、一つの場所でいろいろ楽しめるということもあって人気の行先です。

 

近代的な日本文化としてのサブカルチャーとショッピングを楽しめる行き先:秋葉原

浅草で日本の文化をしっかりと堪能した後は、近代的な日本を味わえる行き先である秋葉原に行くのも人気です。訪日中国人観光客の中には、日本のアニメや漫画が大好きな方もいるので、秋葉原はもってこいの場所です。浅草の後に、個人旅行(FIT)なら電車で、団体旅行ならバスで秋葉原に向かい、オタクカルチャーと家電商品の免税店でのショッピングを楽しみます。

近代的な日本を味わえる行き先で未知の世界を堪能

中国メイドカフェ元祖といわれる「屋根裏」:recordchina.co.jpより引用

中国メイドカフェ元祖といわれる「屋根裏」:recordchina.co.jpより引用

秋葉原はかつては電化製品の街でしたが、今ではアニメのキャラクターグッズを沢山販売するお店も立ち並び、アニメや漫画のファンであれば「聖地」と化している行き先です。また、日本のメイドカフェ文化は中国にも進出し、話題となっていて、一度入って見たいと、日本へ旅行の際に立ち寄る訪日中国人観光客もいます。

 

お土産を爆買いするのに便利な行き先

秋葉原で電気製品を購入する訪日中国人観光客も大勢ですが、新宿のヨドバシカメラやビックカメラ、またビックカメラとユニクロと合体したビックロも人気の行き先です。特に、ビックロでは、家電製品を購入してそのまま1階と2階でユニクロの洋服を購入できる便利な場所です。

また、新宿はドン・キホーテが音頭をとり、まちぐるみで訪日外国人観光客(なかでも訪日中国人観光客)の受け入れ体制を作っているため、快適に観光できるスポットとして人気です。

<関連記事>

訪日中国人観光客が大好きなドラッグストア

訪日中国人観光客のドラッグストア人気をうけ、中国語簡体字で表示をするドラッグストアもあらわれた:hre-net.comより引用

訪日中国人観光客のドラッグストア人気をうけ、中国語簡体字で表示をするドラッグストアもあらわれた:hre-net.comより引用

訪日中国人観光客がショッピングで必ずといってよいほどに購入するのが、日本製の化粧品です。中国でも日本の化粧品は購入できますが、日本のドラッグストアのほうが安価に購入できるため、必ずドラッグストアには立ち寄ります。

ドラッグストアは、友人や親せきの為にも大量に化粧品を購入できるうってつけの行き先です。サプリメントや赤ちゃん用の粉ミルクなど、日常品をまとめて購入できる便利な場所でもあります。

 

まとめ:観光とショッピング一体型の便利な行き先

訪日中国人観光客は、観光とショッピングが両方まとめてできる、一体型の便利な行き先が人気です。東京であれば、新宿東口にあるビックロは、地下にはドラッグストアの品揃えをしているので、化粧品や日用品も購入できます。免税登録店になっているので、そのまま免税の手続きをすることもできます。

 

訪日中国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…