この記事は約2分で読み終わります。

台湾は地理的には日本から近いですが、日本とは大きくマナーも異なります。こういったマナーを知っておかないと思わぬ失礼をしてしまうこともありますから、しっかりと押さえておきましょう。そんな訪日台湾人観光客に関連するマナー関係のトピックについて紹介していきましょう。

 

台湾ではレストランは禁煙がマナー

台湾と日本で違うマナーが「レストランでの喫煙」です。日本ではレストランでも喫煙できることや喫煙席が用意されていることがありますが、台湾にはありません。そのため、喫煙できるレストランなどを避ける傾向が訪日台湾人観光客にはあります。

トイレでは紙を流さないのもマナー

また、台湾では基本的にトイレでは紙を流しません。そのため、日本に来てトイレを利用した際に紙を捨てるポットがなくて戸惑う訪日台湾人観光客もいます。特に訪日台湾人観光客が多いお店であれば掲示をしておくことも大事でしょう。

 

食事のマナーも日本と異なる

訪日台湾人観光客は食事をした際に「食べ残しを持ち帰れるか」聞いてくることがあります。台湾ではそもそも食べ残しはパックに入れて持ち帰れるのが基本なので、日本でも同じことを期待する人が多いのです。これもしっかり理解しておきたいマナーでしょう。

フードコートと訪日台湾人観光客

他にも、訪日台湾人観光客にとって食事をする場所でのセルフサービスは余り馴染んでいません。特に台湾のフードコートでは食器をその場に置いておくことが基本になっており、日本でもそのように行動する訪日台湾人観光客は珍しくありません。

 

訪日台湾人観光客とゲップ

ゲップは台湾ではくしゃみのようなもので訪日台湾人観光客にとっては人前でしても恥ずかしいことではありません。そのため、食事の関でゲップをするといった訪日台湾人観光客がいても特に他意はないのです。これも台湾ならではの習慣でしょう。

訪日台湾人観光客の見になって考える事が大事

このように訪日台湾人観光客を理解する上でマナーの違いを考えることは大事です。マナーの違いを知っておけばトラブルなども少なくなるでしょう。また、訪日台湾人観光客は基本的に純朴な人が多く、言えば理解してくれる人が多いこともポイントです。

 

まとめ:マナーと訪日台湾人観光客

台湾では紙をトイレで流さないことは当たり前になっています。また、レストランは禁煙が基本であり、喫煙できるレストランだと迷う訪日台湾人観光客もいるようです。加えて、げっぷなど些細な点でも違いが多いですから、しっかりと理解しておきたいものでしょう。

<参考>

訪日台湾人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…