訪日香港人観光客などの東アジア圏の訪日外国人観光客は、観光をサポートするアプリとしてWechatを利用する傾向にありますが、国産の便利なアプリが登場しており、訪日旅行におけるスタンダード化を目指しています。どんな便利な観光アプリがあるのかをご紹介します。

 

電車乗り換え案内アプリ「NAVITIME for Japan Travel」

NAVITIME for Japan Travelは株式会社ナビタイムジャパンからリリースされたスマートフォン向けアプリです。出発地から目的地まで、徒歩、電車、バスなど複数の移動手段を組み合わせた乗り換え案内などを含め、ルート検索ができます。

NAVITIME for Japan Travelのアプリ機能

同アプリで特に便利な機能は、無料Wi-Fi(ワイファイ)検索機能でしょう。ネットに接続されていないオフライン状態でも周辺のWi-Fi(ワイファイ)スポットを検索できます。ルート検索では、表示された結果の運行情報などが変わればリアルタイムに通知してくれるので電車の遅れを把握することができます。

 

乗り換え経路検索ができるアプリ「乗り換え案内Visit」

乗り換え案内Visitはジョルダン株式会社からリリースされたスマートフォン向けアプリです。英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語に対応しており、株式会社ゼンリンの地図データとの連携により多言語でのトータルなルート案内が可能になっています。

繁体字に対応していることは、訪日香港人観光客にとって重要です。訪日中国人観光客が使用する簡体字は訪日香港人観光客にも読むことができます。しかし、読みやすさを考慮すれば、訪日香港人観光客が使い慣れている繁体字のほうが良いでしょう。また、訪日香港人観光客に対して「繁体字が書かれているということは、訪日香港人観光客を歓迎している店」と印象付ける効果も期待できます。

乗り換え案内Visitのアプリ機能について

乗り換え案内Visitは訪日外国人観光客が多いエリアや施設で試験的に運用が開始されました。この機能を搭載したアプリ「ROUTE CATCH」がプリインストールされたスマートフォンが、一部地域の訪日外国人観光客に貸し出されています。出発地は滞在先のホテルが初期状態となるほか、オフラインエリアへの対策として経路案内地図をプリントアウトできる機能も備えています。

 

乗り換え案内や観光情報の総合サポートアプリ「TABIMORI」

TABIMORIは成田国際空港株式会社がリリースした国内観光アプリです。乗り換え案内、ルート案内の他、音声翻訳機能も備えており、訪日外国人観光客には心強いアプリです。また、公共機関の利用の仕方や日本の文化紹介など幅広い機能が備わっており訪日旅行をしっかりサポートしてくれます。

「TABIMORI」のアプリ機能について

TABIMORIはオフライン環境での使用も考慮して、オンライン時にアクセスしたサイト情報は記憶され、オフラインでも表示可能となります。そのため、予め必要だと予想される情報のページをホテルなどで表示しておけば、街中でオフライン環境になった場合でも情報をチェックすることができて便利です。

 

まとめ:訪日外国人観光客の旅行をトータルサポートするアプリ

ご紹介した企業以外にも、訪日外国人観光客の旅行をサポートするアプリはどんどんリリースされています。今後、訪日外国人観光客のアプリ使用状況のデータを取ることで、どんな機能に満足しているのか、他に必要な機能が何かということが分かってきますので、より便利なアプリへと進化していくでしょう。それにより、日本のインバウンド誘致は捗ると考えられます。

 

訪日香港人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…