国内の訪日外国人観光客の中で訪日韓国人観光客の占める割合は中国に次いで高く、その経済波及効果には目を見張るものがあります。日本から地理的に近い優位性もあることから訪日しやすい訪日韓国人観光客を誘致するには何が必要なのか、海外の対策事例を元にご紹介します。

 

YouTubeなどの動画コンテンツを利用した海外のインバウンド対策事例

韓国ではゴルフが盛んであり、日本女子プロゴルフツアーにおいてイ・ボミ、キム・ハヌル、そしてパク・インビなどの活躍が目覚ましく、日本人女子プロゴルファーの脅威となっています。

訪日韓国人観光客の中には日本で行われる女子プロゴルフツアーなどの観戦や自身が日本のゴルフ場で楽しむために訪日しています。海外のレイノルズ・ゴルフアカデミー社では、誰でもできる簡単なゴルフレッスンをコンセプトにYouTubeにて動画コンテンツを配信し、同時にeBookの無料ダウンロードを提供しています。これによりインバウンドの興味を引くことにも成功し、顧客を獲得しています。

動画によるコンテンツマーケティングの重要性を海外事例に学ぶ

動画によるコンテンツマーケティングはよりダイレクトに視覚と聴覚に訴えることができ、感情を動かすことができる重要な戦略です。

自社の売り出したい商品のプロモーション動画に力を入れることで購買層に訴えかけることができ、消費意欲を高めることができます。動画によるコンテンツマーケティングは国内・海外で対策事例が多く取り上げられており、参考になる情報は多いでしょう。

 

Facebookを活用した海外のインバウンド対策事例

Facebookは世界中にアクティブユーザーが8億人おり、50%以上のユーザーが毎日ログインしている巨大なSNSです。この強力な媒体をインバウンド対策に使わない手はありません。

飲料メーカーのコカ・コーラやスポーツ用品メーカーのNIKEなども精力的にFacebookを活用しています。また、動画作成・投稿アプリのVineとも親和性が高く多くの海外企業がFacebookとの連携でプロモーションを展開しインバウンド対策に活用しています。

インバウンド対策のカギは顧客との距離を縮めることにある

Facebookを活用することで顧客との心理的距離を縮めることができ、本当に良いサービス、コンテンツであればバイラル的に口コミが広がることで爆発的な集客ができるツールです。

国内でも対策事例があり、高知県観光コンベンション協会によるFacebookページが3か月でファン数10,000人を突破しインバウンド対策に成功しています。韓国人観光客もFacebook利用率はアジア圏では高くなりますので非常に重要な対策となるでしょう。

 

ブログやウェビナーによる海外のインバウンド対策事例

ホールフーズ社では毎日3記事のブログ更新とウェビナーを頻繁に開催しています。そのため3万人の購読者を獲得し、自社サービスへのインバウンド促進を可能にしています。これは観光業界にも同様の効果を期待でき、Webメディアの求心力の高さを物語っています。

中小企業でも実践しやすいコストパフォーマンスに優れた対策

資本力がない中小企業はインバンド誘致に向けた大々的なプロモーションを打つことは難しい場合が多いですが、ブログは低コストで始めることができる反面、その集客効果とプロモーション力には大きな期待ができます。

特にFacebookと連携して自社サービスの魅力を伝えることができると訪日韓国人観光客の目に留まる機会も増えることでしょう。

 

まとめ:訪日韓国人観光客を誘致するにはWebのコンテンツマーケティングが重要

インターネット環境が世界トップレベルで備わっている韓国ですから、訪日韓国人観光客を誘致するにはWebに特化した対策がコストパフォーマンスに優れていると考えられます。Web上でのプロモーションに関しての海外の対策事例は多く、特にFacebookを連携させた対策は重要です。

 

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…