近年、訪日外国人観光客が著しく増加していますが、アジアでの経済成長が目覚ましいタイから訪れる訪日タイ人観光客の増加もその例外ではありません。今回は、訪日タイ人観光客が日本を訪れる際にゲストハウスを利用する場合の傾向やどういったニーズがあるのかなどについて説明していきます。

 

ゲストハウスとはどういったものなのか

ゲストハウスとは、歯ブラシや寝間着などのアメニティサービスなどをなくし、価格を極力抑えた素泊まりの安宿のことをいいます。

リュック1つで旅行をするバックパッカーなどに主に利用されています。部屋については、個室がある場合もあるものの、ドミトリーという相部屋となることが多くなります。

訪日タイ人観光客にとってのゲストハウス

訪日タイ人観光客は、日本ならではの文化などを体験することを重視する傾向があるようです。

しかしながら、日本に比べてかなり物価の安いタイから来る観光客にとっては、日本での観光のあらゆる場面でお金を十分にかけるのはまだ難しく、せめて宿泊だけでも安く済ませたいという人達にとっては、ゲストハウスは人気となっています。

 

ゲストハウスを利用する訪日タイ人観光客の傾向

ゲストハウスはとにかく価格を安く抑えている安宿です。そのため、サービスや安心感の側面からは通常のホテルや旅館よりはレベルが格段に下がります。

そういったゲストハウスを利用するのは、やはり金銭的に余裕のない学生であったり、買い物や食事などに優先的にお金をかけたいとする若い観光客である場合が多いようです。

ゲストハウスを利用する訪日タイ人観光客のニーズ

訪日タイ人観光客は、日本ならではの文化や風景などを楽しむことを重視して観光に訪れます。そのため、そういった観光スポットがある地域に近いゲストハウスが、やはり人気となります。例えば、東京であれば日本ならではの下町文化を感じることができる浅草といった具合です。

 

訪日タイ人観光客がゲストハウスに求めるもの

宿泊場所に余分なお金をかけずに、観光で日本をより深く感じたいと考える訪日タイ人観光客にとっては、宿泊場所のサービスはあまり重要視されません。

そのため、ゲストハウスとしての対応は、宿泊設備のサービスを充実させるというよりは、観光に便利な支援を行うことが、より喜ばれるということになります。

ゲストハウスとしての具体的な対応

訪日タイ人観光客により喜んでもらうため、観光地周りの利便性を向上させるためには、周辺スポットの案内のわかりやすいチラシを作って提供するなどの対応策が有効です。

タイ語でそれらを作成できればベストでしょう。また、レンタサイクルの貸し出しや、荷物預かりサービスを充実させるということも考えられます。

 

まとめ:訪日タイ人観光客のニーズに即したゲストハウスにするために

ゲストハウスを利用するような若い訪日タイ人観光客が求めるものは、宿泊施設のアメニティなどのサービスよりは、より安く、より観光地周りに有利であるという点です。

そのため、ゲストハウス側としては、価格を極力安く設定しながら、いかに観光地周りに有利となる支援を行うことができるかを工夫していくべきです。また、若者向けのサービスなどを充実させることも有効でしょう。

 

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…