旅行と越境ECには深い関係性があります。訪日タイ人観光客が訪日の際に買いそびれた商品、購入してよかった商品を自国に帰ってから越境ECによってまた入手し、いずれまた訪日して購入するといった具合につながると考えられるからです。タイにおける越境ECで知っておくべきこと、参入の先行事例を見ていきましょう。

 

訪日タイ人観光客の消費動向

訪日タイ人観光客は20~30代の女性の割合が高く、買い物で購入率が高いのは菓子類で71.3%、化粧品・香水56.0%、食料品・飲料が47.5%、服・かばん・靴が45.0%と続きます。買い物した場所は百貨店が78.0%、空港の免税店が60.2%、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアがそれぞれ48%前後となっています。

今後さらにリピーターの増加が予想される訪日タイ人観光客

訪日タイ人観光客の訪日回数は一回目が38.6%、2回目から5回目と答えた人もすでに47.7%になっています。今後訪日タイ人観光客のリピート割合はますます上がっていくものと考えられます。

リピート客の買い物消費額は初回の訪日よりも高くなることがわかっています。越境ECによってより多くの訪日タイ人観光客が日本製品を購入しやすくなることは、インバウンドの面からも望ましいことです。

 

越境EC事業を行ううえで知っておきたいタイの特徴

越境ECを行うにあたっては、その国ならではの特徴を知っておく必要があります。

ECでの決済で重要になってくるのがクレジットカードによる決済ですが、訪日タイ人観光客のクレジットカード保有率は高くなく、ECサイトでの決済は現状では銀行振込などクレジットカード以外によるものが大部分を占めています。また、タイでは携帯・スマホの普及率が高くECサイトも携帯・スマホから利用されることが多いです。

越境ECにおける物流の問題

越境EC事業においては配送も重要な課題のうちのひとつです。物流の問題から、タイでは冷凍輸送ができないため生鮮食品の販売が難しい側面があります。こうした事情からタイではファッション関連商品が売れ筋になるのです。

 

訪日タイ人観光客が利用している主なECサイト

2009年には楽天が株式67%を取得し提携したTarad.comがタイ最大手として知られています。またドイツのRocket InternetはLazada、Zaloraを運営しています。Zaloraはファッション専門のECサイトで、Luxolaは化粧品に特化しておりLuxolaには日本のトランスコスモスが出資しています。

越境EC事業に参入している事例

トランスコスモスはまた2015年にASEAN最大のE-BookストアOokbeeと合弁会社Ookbee Mallを設立しています。訪日タイ人観光客に好まれている化粧品や食料品などの日本製品のほか、訪日タイ人観光客向けのデータローミングサービス、日本の商品や文化を紹介する雑誌も発行するとしています。

訪日タイ人観光客に大人気のディスカウントストア多慶屋も、越境EC事業に参入しています。実店舗がある強みを生かし、訪れた観光客にサイトのQRコードの載ったチラシを渡して効果を挙げています。

 

まとめ:注目を集める越境EC事業

訪日タイ人観光客の増加によるインバウンド消費増大を受けて、多くの企業がタイの越境ECに注目しています。タイへの越境EC事業参入にあたっては、訪日タイ人観光客の消費動向をとらえ、タイのECサイト運営の特徴を知り、先行事例も参考にしながら行っていくことが必要です。

 

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…