訪日外国人観光客による周遊旅行の拡大を目的に、テーマ、ストーリー性を持った形で観光ルートをまとめ、海外へ積極的な発信を行う「広域観光周遊ルート形成促進事業」。日本各地で、それぞれの地域の魅力を活かした個性的なモデルコースが設定されており、想定されるターゲット層、ニーズまで掲げられています。

今回はゴールデンルートの延長線上に位置し、サイクリングによる旅行が楽しめる瀬戸内の広域観光周遊ルート「せとうち・海の道」を見ていきましょう。

 

せとうち・海の道

「せとうち・海の道」は中国地方、四国地方の瀬戸内海沿いを巡る広域観光周遊ルート。瀬戸内ならではの美しい自然、ミシュラン三ツ星に格付けされている大名庭園・栗林公園、訪日外国人観光客からの絶大な人気を誇る厳島神社などを観光資源としています。

主な対象市場は欧米、豪州、タイをはじめとした東南アジア諸国など。広域観光周遊ルートの中では珍しいサイクリングを前面に打ち出したモデルコースを持っており、スポーツ、アウトドアレジャーに関心の高い訪日外国人観光客の獲得も目指しています。

 

モデルコース:サイクリングを前面に打ち出したコースも

「せとうち・海の道」のモデルコースは国内でも有数の景勝地、歴史ある建造物を魅力とする「新ゴールデンルート~新たな西日本発見の旅」、日本の伝統文化に加え、現代アートが楽しめる「歴史と芸術に出会う美のルート」、各地のレンタル自転車を活用した「空と島と海に溶け込むサイクリングルート」の3種類。

新ゴールデンルート~新たな西日本発見の旅

新ゴールデンルート~新たな西日本発見の旅

新ゴールデンルート~新たな西日本発見の旅

主な観光資源は以下の通り。サイクリングや景勝地観光、歴史を感じられる建造物などバランスよく楽しめるのが特徴です。

主な対象市場は台湾や中国、香港、タイなどアジア諸国。ショッピング、テーマパーク以外への興味関心を持ち、地方への訪問率が高いリピーター層の需要を期待しています。

  • 多島美(瀬戸内7県):瀬戸内の美しい自然景観
  • 姫路城(兵庫県姫路市):優美な姿から「白鷺城」とも呼ばれる。世界遺産
  • 栗林公園(香川県高松市):日本を代表する大名庭園として世界的に知られる。ミシュラン三ツ星
  • 倉敷美観地区(岡山県倉敷市):江戸時代の美しい町並みを保存
  • 厳島神社(広島県廿日市市):トリップアドバイザーで外国人に人気のスポット第3位
  • 錦帯橋(山口県岩国市):日本三名橋のひとつ
  • しまなみ海道(広島県尾道市・愛媛県今治市):CNNにより世界7大サイクリングコースに選定
  • 祖谷渓(徳島県三好市):かずら橋、茅葺屋根など日本の原風景が残る

関西空港から出発し神戸、高松、岡山、松山、広島と瀬戸内海の横断を繰り返す9日間の観光ルートを想定。主にバスやフェリーでの移動となりますが、レンタカーを使った旅行プランを訴求することも可能だとしています。

歴史と芸術に出会う美のルート

歴史と芸術に出会う美のルート

歴史と芸術に出会う美のルート

主な観光資源は以下の通り。日本の歴史や伝統文化、現代アートが中心で、これらに関心の高い北米や欧州、豪州を主な対象市場としています。また、現代アートの聖地として知られ、韓国での知名度が高い直島をフックに、訪日韓国人観光客の流入を狙います。

  • 多島美(瀬戸内7県):瀬戸内の美しい自然景観
  • 厳島神社 (広島県廿日市市):トリップアドバイザーで外国人に人気のスポット第3位
  • 栗林公園(香川県高松市):日本を代表する大名庭園として世界的に知られる。ミシュラン三ツ星
  • 大山祇神社(愛媛県今治市):重要文化財に指定されている武具、甲冑類を数多く収蔵
  • 瀬戸内の現代アート(香川県直島町など):現代アートの聖地として知られる

関西空港からスタートし、神戸、岡山、高松、松山などを巡り、山口市から新幹線で関西空港に戻る8日間の観光ルートを想定しています。

空と島と海に溶け込むサイクリングルート

空と島と海に溶け込むサイクリングルート

空と島と海に溶け込むサイクリングルート

主な観光資源は以下の通り。レンタル自転車によるサイクリングを前面に打ち出した、珍しいモデルコースです。対象市場はサイクリング人気の高い台湾や豪州、韓国、タイなど。

  • 多島美(瀬戸内7県):瀬戸内の美しい自然景観
  • オリーブ公園・サイクリング(香川県小豆島町):瀬戸内海を見下ろす小高い丘にある。付近にはレンタルサイクリングスポットが複数
  • あわじ花さじき・サイクリング(兵庫県淡路市ほか):海に向かってなだらかに広がる高原に広大な花畑
  • しまなみ海道(広島県尾道市・愛媛県今治市):CNNにより世界7大サイクリングコースに選定
  • 唐戸市場(山口県下関市):瀬戸内の魚介を使った郷土料理、讃岐うどんなどが楽しめる

関西空港からスタートし、淡路、倉敷、尾道などを巡り、各地でサイクリングが楽しめます。帰国には関西空港、福岡空港経由で行く成田、羽田空港を使用することを想定。

今後の課題:Wi-Fi(ワイファイ)環境の整備、交通機関の充実化

「せとうち・海の道」の今後の課題は、シームレスに利用できるWi-Fi(ワイファイ)環境の整備や滞在コンテンツの充実など。また、関西空港・福岡間で利用できる瀬戸内周遊パスの開発も行う予定です。

まとめ:サイクリングや現代アートなど独特な観光資源

「せとうち・海の道」はサイクリングを前面に打ち出したモデルコースがある、広域観光周遊ルートの中では珍しい存在です。ゴールデンルートからは外れるものの、世界的に有名な厳島神社、しまなみ海道などの観光資源を持っています。

今後はWi-Fi(ワイファイ)環境の整備、交通機関の充実化などを図るとしています。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…