執筆時(2016年7月22日)の約2週間前、7月6日にリリースされたばかりにもかかわらず、国内外で大きな話題になっているスマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンGO」。世界規模で膨大な経済効果が発生することが見込まれており、ゲームメディアのみならず、新聞各社もこのブームを報じています。

「ポケモンGO」の特徴は室内でプレイする通常のゲームとは異なり、プレイヤーが屋外に出歩く必要があること。熱心なプレイヤーは遠くまで足を運ぶことも少なくなく、観光業への相性も良いと思われます。しかし、国内の旅行者のみならず、訪日外国人観光客まで日本に呼びこむ可能性はあるのでしょうか。今回は「ポケモンGO」がインバウンドビジネスに及ぼす影響について考察します。

 

ポケモンGOとは、どんなゲームなのか

AR技術により、ポケモンの世界をよりリアルに体感できる

「ポケモンGO」は現実拡張技術(AR)を採用しており、リアルな体感が好評

「ポケモンGO」は現実拡張技術(AR)を採用しており、リアルな体感が好評

「ポケモンGO」とは、世界的に知名度の高い「ポケットモンスター」の世界観を採用した位置情報ゲーム。Android、iOS端末に対応し、無料でプレイできます。現実拡張技術(AR、コンピュータ-を用い、現実の環境に情報を付加する技術)を採用しており、スマートフォン上に映しだされる現実世界と対応したマップにはポケモンが表示され、戦闘したり、ゲットしたりすることが可能です。

これまでの作品ではゲームの中でキャラクターを操作することでしかポケモンと関わることができませんでしたが、「ポケモンGO」ではその世界をよりリアルに体験できます。「ポケットモンスター」は世界的に人気の高いゲームのため、日本より早くリリースされた米国などでは、すでに熱心なプレイヤーが続出しています。

システムは世界的ブームを起こした位置情報ゲーム「Ingress」を踏襲

「ポケモンGO」を開発した企業「Niantic」が生み出した大ヒットゲーム「Ingress」

「ポケモンGO」を開発した企業「Niantic」が生み出した大ヒットゲーム「Ingress」

「ポケモンGO」がインバウンドビジネスに活かせるのか。執筆現在はリリースして日が浅いため、そういった話はまだ現れていません。しかし、大きなヒントとなる情報はすでに存在しています。

「ポケモンGO」の開発を行っているのは「Niantic」という企業で、同社のゲーム「Ingress」のシステムを踏襲しています。これも世界的に人気の高いゲームで、大ブームを起こしました。

「Ingress」の特徴はゲームフィールドとしてGoogleマップによる地図情報を採用したことで、点在するポータルを確保するには、現地まで実際に足を運ぶ必要があります。動員力が極めて高く、ゲームを目的に遠くまで足を運ぶプレイヤーが数多く現れたため、企業、自治体との連携が活発に行われました。

リリース直後から盛んに行われた報道を見る限り、このような性質は「ポケモンGO」にもあるようです。今回は「Ingress」をヒントに、「ポケモンGO」がもたらすインバウンドビジネスへの影響について考えてみることにしましょう。

 

Ingressが行った企業、自治体とのコラボ

「Ingress」とコラボイベントを開催した横須賀

「Ingress」とコラボイベントを開催した横須賀

「Ingress」とコラボした国内の自治体としては、仙台や横須賀が知られており、観光課によるイベントなどが開催されてきました。また、企業ではローソン、AXAダイレクト、東京三菱UFJ銀行、ソフトバンク、伊藤園などがタイアップ企画が行われ、ゲーム内に独自のアイテムなどが用意されました。

プレイヤーがゲームのために、フットワーク良く各地に出かけ観光していくため、地方活性化などに役立つと言われていましたが、訪日外国人観光客の誘致が目標だと公言した取り組みは見かけません。

明確な原因を特定することは困難ですが、そもそもゲームは大型連休を使って年に数回だけ楽しむようなものではありません。毎日、毎週のようにプレイしていくものです。おそらくゲームというコンテンツと国外旅行の相性が良くなかったのではないでしょうか。

 

「ポケモンGO」が訪日外国人観光客の誘致につながる可能性

「Ingress」とまったく同様の傾向を示すとしたら、「ポケモンGO」は訪日外国人観光客を対象とするインバウンドビジネスにはあまり役に立たないかもしれません。

しかし、日本にしか出現しないポケモンが設定されるなどの施策が行われれば、事情は異なるでしょう。周囲の仲間が持っていないポケモンを手に入れるために、日本までやってくる訪日外国人観光客が現れるかもしれません。

また、世界的に関心が高いため、「ポケモンGO」を使ったプロモーションを行うことで、効率的に認知度を上げることができるのではないでしょうか。直接的な効果を期待するのは厳しいですが、頭の使い方次第でインバウンドビジネスに活用することも可能だと思われます。

 

まとめ:「ポケモンGO」は観光業に対して大きな影響

「ポケモンGO」はAR技術により、世界的にファンの多いゲーム「ポケットモンスター」の世界をよりリアルに体験できるゲーム。すでにサービスが開始している海外では大ブームが起こっていますが、きっと日本でもブームになるでしょう。

同様のシステムを採用しているゲーム「Ingress」は地域振興に大きな影響があると言われていましたが、訪日外国人観光客の誘致に効果があるとまでは言われていませんでした。今後の展開次第ではありますが、「ポケモンGO」も国内旅行者を呼び込むうえで役立つと思われます。また、やり方次第では訪日外国人観光客の誘致、プロモーションなどに活用できるのではないでしょうか。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…