例えば「訪日タイ人観光客は雪が見慣れないので雪が見られるところにによく行く」「訪日中国人観光客は現状ゴールデンルートをなぞって訪日旅行する」などと言われていますが、実際のデータ上ではどうなのでしょうか?

今回は、観光庁より発表される「訪日外国人消費動向調査」の「平成27年の年間値の推計」にて扱われている国籍・地域別都道府県別訪問率(観光・レジャー目的)を利用して、各国籍の訪日外国人観光客がどの都道府県に良く訪れているのか、そのランキングと訪問率ヒートマップをご紹介します。

 

そもそもヒートマップとは

ヒートマップとは個々の値のデータを色として表現した可視化グラフの一種のことです。そこから転じて、地図上で、例えば「ここの地区はこのような人が多い」といったデータを色分けすることでデータを可視化することを言います。

それでは、訪日外国人観光客全体と各国籍ごとの訪問率ヒートマップを見ていきます。

 

訪日外国人観光客全体では、やはり訪日メジャースポットが強い

訪日外国人観光客全体の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日外国人観光客全体の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日外国人観光客全体の都道府県訪問率を見てみると、東京・大阪・千葉が3トップになっています。千葉は新東京国際空港(成田空港)の存在が、その訪問率の高さに寄与しているものと思われます。

訪日中国人観光客は、やはりゴールデンルート沿いが強い印象

訪日中国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日中国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日中国人観光客のヒートマップを見てみると、見事に千葉→東京→富士山(山梨)→静岡→名古屋→京都→大阪のゴールデンルート沿いの訪問率が高いことがヒートマップの色調から見て取れます。

リピーターの多い訪日台湾人観光客は比較的ばらけた訪問をしている

訪日台湾人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日台湾人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日リピーター率の多い訪日台湾人観光客は、他の訪日外国人観光客と比較して各地を点々としている様子がヒートマップでみることが出来ます。

訪日香港人観光客もリピーター色の強い傾向

訪日香港人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日香港人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

海外旅行慣れをしており、レンタカーも利用して訪日旅行を楽しむ訪日香港人観光客も、訪日台湾人観光客と同様の傾向が見て取れます。

訪日韓国人観光客は大阪・福岡の訪問率が顕著に高い

訪日韓国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日韓国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

地理的要因から、福岡からの入国が他の訪日外国人観光客と比較して顕著に多いのが訪日韓国人観光客です。そのためか、九州南部の訪問率が比較的高めの傾向にあるのが特徴となっています。

訪日タイ人観光客は日本アルプスを構える中部地方の訪問率が高め

訪日タイ人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日タイ人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

やはり定説通り、飛騨山脈、木曽山脈、赤石山脈からなる日本アルプスがそびえる中部地方の訪問率が高めとなっています。雪の大谷の立山黒部アルペンルートをはじめとした、雪を楽しめる都道府県の訪問率が高めの傾向があります。

訪日米国人観光客は都市部の訪問率が高めの傾向

訪日米国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日米国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

日本文化への傾倒が強いと思われる訪日米国人観光客ですが、意外と地方への訪問率は低めで、全体的に都市部への訪問率が高い傾向にあります。

日本全体をまんべんなく訪問している訪日カナダ人観光客

訪日カナダ人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日カナダ人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日カナダ人観光客は、比較的日本全土をまんべんなく訪問している傾向にあります。中部地方の訪問率はおおむね5%を超え、九州地方のカバー率も高めの傾向です。

広島の訪問率が高い訪日英国人観光客

訪日英国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日英国人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

唯一広島の訪問率が20%を超えたのが訪日英国人観光客でした。歴史的背景から訪問率の高そうな訪日米国人観光客のおよそ倍の訪問率です。訪日英国人観光客も日本全域のカバー率が高めの傾向にあります。

訪日豪州人観光客はスキーリゾート地の訪問率が高め

訪日豪州人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

訪日豪州人観光客の都道府県別訪問率ヒートマップ

他の訪日外国人観光客に比べて東北地方の訪問率が高い傾向にあり、スキーリゾート目的の訪日が多いことが伺えます。もちろん、北海道や長野といった日本随一のスキーリゾート地の訪問率も高めの傾向です。

 

まとめ:各国籍ごとの訪日目的がよくわかる結果

全体を通して、東京、大阪、京都、千葉といった定番訪日観光スポットは、どの国籍の訪日外国人観光客でも高訪問率でした。ですが、ヒートマップ全体を見通してみると、面白いほどに各国ごとの訪日目的が浮き彫りになる結果となりました。

特に注目すべきは訪日中国人観光客かと思われます。今のところ、団体旅行での訪問が多く、ゴールデンルート沿いの訪問率が高い傾向にあります。しかしながら、前回ご紹介しましたとおり、中国人観光客の訪日旅行トレンドが「モノからコトへ」のシフトを起こしつつあり、今後個人旅行(FIT)が増加する可能性が高く、ゴールデンルート外への訪問率が高くなる見通しです。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…