訪日英国人データ


「ジェントルマン」発祥の地、イギリスからやってくる訪日英国人観光客はマナーやエチケットには敏感な性格を持ちます。基本的に相手との間に距離を置いた付き合い方をするため、欧米系の顔だからといって対米国人に接するときのような、あまりにもフレンドリーな態度は控えたほうが賢明です。

一般的にいって訪日英国人観光客は慎み深い性格で、米国人のように気軽に見知らぬ人に話しかけたり自己主張を激しくしたりするということも少ない傾向にあります。そのため、人との接し方の面で言うと日本人に近しい特性を持っています。

アイコンタクトを重視する文化があり、相手の目をしっかりみて話すことが重要になります。話している最中に目をそむけたりするのは、自信のなさの表れ、もしくは不誠実で信用ならない人間とみなされてしまいます。

英国からの海外旅行者数は約5500万人強で、年々減少の傾向にあります。個人旅行が中心で、人気の旅行目的地はスペイン、ギリシャ、米国、フランス、キプロス、イタリア、トルコ。東アジア(日本、韓国、台湾、中国、香港)への英国人訪問者数は、およそ150万人で、そのうち80%弱を中国と香港が占めています。そのため、近隣観光競合国からの流入がまだまだ見込める市場であることが伺えます。

訪日英国人観光客の特徴としては、中高年の高所得者層が多く、長期滞在型(およそ13日程度)の旅行形態が多いため、旅行中消費額も高い傾向にあることです。日本の伝統的文化への関心が高く、人気のルートは東京、京都、奈良などがあります。桜、紅葉の時期の観光客数が増加することも特徴。さらに、最近は日本食への関心も高まりつつあります。

英国人の年間訪日外客数と月別推移

英国人の年間訪日外客数

英国人の年間訪日外客数

英国人訪日外客数の月別推移

英国人訪日外客数の月別推移

英国での主な休暇

バンクホリデー(Bank holiday):英国全土での祝日

英国で言う「Bank holiday」は公休日と同義です。イングランド銀行の休業日を定めた1871年の「Bank Holidays Act」に由来する呼び名です。

下記の「聖金曜日」と「イースターマンデー」の日付は、その年の復活祭(イースター)の日程に基づいて決まります。

祝日が土曜日、日曜日と重なった場合は、次の平日が振替休日になります。

  • 1月1日
    • 新年
  • 3月25日(2016年の日程)
    • 聖金曜日/グッドフライデー(復活祭の2日前)
    • イエスキリストの受難をしのぶ記念日
  • 3月28日(2016年の日程)
    • イースターマンデー(復活祭の翌日)
    • 処刑されたイエスキリストが2日後に復活したことを祝う祭日(※スコットランドを除く)
  • 5月第1月曜日
    • アーリー・メイ・バンクホリデー
  • 5月最終月曜日
    • スプリング・バンク・ホリデー
  • 8月最終月曜日
    • サマー・バンク・ホリデー (※スコットランドを除く)
  • 12月25日
    • クリスマス
  • 12月26日
    • ボクシングデー(クリスマス翌日)
    • ボクシングデーの「ボックス」とはクリスマスの贈り物を入れる箱を指しています。

スコットランドのみの祝日

  • 1月2日
    • 新年の休日
  • 8月第1月曜
    • サマー・バンク・ホリデー
  • 11月30日
    • 聖アンドリューの日
    • 聖アンドリューはスコットランドの守護聖人です。

北アイルランドのみの祝日

  • 3月17日
    • 聖パトリックの日
    • 聖パトリックは北アイルランドの守護聖人です。
  • 7月12日
    • オレンジマンの日(ボイン川の戦い記念日)
    • ウィリアマイト戦争(1689年-1691年)のボイン川の戦いを記念する祝日です。この戦争により、アイルランドにプロテスタントの勢力が確立されました。

訪日英国人の滞在日数

訪日英国人の平均滞在日数の推移(2005年〜 2014年)

訪日英国人の平均滞在日数の推移(2005年〜 2014年)

訪日英国人の年齢比

訪日英国人の性・年齢別構成(2014年)

訪日英国人の性・年齢別構成(2014年)

訪日英国人のインバウンド消費額

訪日英国人のインバウンド消費額

訪日英国人のインバウンド消費額

訪日英国人のインバウンド消費額内約

訪日英国人のインバウンド消費額内約

訪日英国人のインバウンド消費額内約

英国基本データ


グレートブリテン及び北アイルランド連合王国国旗

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国国旗

英国の正式名称

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland 略称:UK 通称:イギリス、英国)

首都

ロンドン

イギリスは4つの非独立国であるイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドより構成されます。それぞれの国は以下の首都を持っています

  • イングランド:ロンドン
  • スコットランド:エディンバラ
  • ウェールズ:カーディフ
  • 北アイルランド:ベルファスト

これらの中でもイングランドの首都であるロンドンが、英国連合の首都としての機能を担っています。

英国の人口

6,318.2万人(2011年)

英国の公用語

公用語:英語

英国での事実上の公用語は英語(イギリス英語)であるものの、その他、イングランドはコーンウォールでコーンウォール語、ウェールズの北部と中部でウェールズ語、スコットランドのローランド地方でスコットランド語、ヘブリディーズ諸島の一部でスコットランド・ゲール語、北アイルランドの一部でアルスター・スコットランド語とアイルランド語が話されています。

ウェールズではウェールズ語が公用語になり、英語と同等の法的な地位を得ています。2001年現在では、ウェールズ人口の約20%がウェールズ語を使用しており、公文書や道路標識などはすべてウェールズ語と英語とで併記されています。

そのため、訪日英国人向けインバウンド対策としての言語対応は、基本的には英語で良いものの、他の言語についても留意する必要があります。

英国の主要宗教

キリスト教徒:74.7%、イスラム教徒:2.3%、ヒンドゥー教徒:1.1%(2011年国勢調査)

英国と日本との時差

サマータイム:-8時間、冬時間:-9時間
英国のサマータイム期間はおおよそ3月末から10月末頃までです。

英国の通貨

UKポンド (£) (GBP)
1万円=56.42ポンド
1ドル=0.68ポンド(2016年1月1日時点)

英国の名目GDP

2兆8494億ドル、世界5位(2015年)

英国の1人あたりの名目GDP

43,771ドル、世界14位(2015年)

英国の平均初任給

26万0000円(2011年)

英国の平均年収

約335万3000円

英国は日本と違い、職業による貧富の差が激しいため、いわゆる中流層が少ないことが特徴としてあげられます。そのため、平均値そのものはあまり参考になりません。Mirror紙からの一例をあげると、

  • 企業のCEO:£117,700(約2,000万円)
  • 国会議員:£74,000(約1,300万円)
  • 銀行員: £19,908(約360万円)
  • ウェイトレス:£7,654(約150万円)

となります。また、日本以上に重税がかかるため、実際の可処分所得はこれより少なくなります。

英国の物価

地下鉄初乗り料金:約160円
ビッグマック価格:約400円

 

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。