訪日外国人とは日本に訪れる外国人の総称です。日本国外から日本に来る人を指し示すので、その目的が観光やビジネス、その他であっても区分しない言い方となります。別称は訪日外客、訪日外国人旅行者。

対して、訪日外国人観光客は、訪日する目的が「観光」に縛られるので、訪日外国人観光客は訪日外国人に含まれます。

 

訪日外客数とは


訪日外客数とは訪日外国人が日本に来た人数のことです。特にJNTOや観光庁の発表では、この「訪日外客数」という用語で統一されています。その他メディアでは「訪日外国人旅行者数」や「外国人旅行者数」、「訪日外国人観光客数」などと表記される場合があります。

JNTOをはじめとした政府組織から発表される訪日外客数は、

  1. 国籍に基づく法務省集計による外国人正規入国者数から
  2. 日本に居住する外国人(在日外国人)や日本国籍を取得(帰化)した元外国人を除き
  3. 外国人一時上陸客等を加えて算出

した入国外国人旅行者の人数のことです。このでの「外国人一時上陸客等」とは、いわゆるトランジット客、つまり

  • 日本国外から来た飛行機を降りてから、日本に入国せずに乗り継ぎ便の搭乗ゲートに移動して他の国へ飛び立つ外国人
  • 日本国外から来た飛行機を降りてから、乗り継ぎ便の待ち時間を利用して日本に入国して観光してから、また日本を出国し他の国へ飛び立つ外国人
  • 上記の発展として、ストップオーバー(目的地へ向かう途中の乗継ぎ地で24時間以上滞在すること)を利用し数日間日本観光をしてから、他の国へ飛び立つ外国人

のことを指し示します。

 

訪日外国人と訪日外国人観光客の違い


訪日外国人と訪日外国人観光客の違いは、日本に訪れる目的の違いです。訪日外国人は、日本に訪れる目的が観光やビジネス、飛行機での移動での乗り継ぎ目的など、その目的を問わず日本に訪れた外国人全体を意味するのに対し、訪日外国人観光客は、訪日の目的が観光である訪日外国人を指します。特に、ビジネス目的の訪日外国人を増やすには、MICEの積極的な誘致が必要と言われています。

 

MICEとは


MICE(マイス)とはビジネスと関わりがあり多数の人の移動を伴う行事のことを意味します。企業などの会議やセミナー、報償・研修旅行、国際会議や総会・学会、展示会・見本市・イベントなど、観光および旅行の観点から着目した総称で、「ビジネスイベンツ」とも呼ばれています。

「MICE」は

  • Meeting(企業などの会議・研修)
  • Incentive Travel(企業などが行う招待旅行や研修旅行)
  • ConferenceまたはConvention(国際会議・学術会議)
  • Exhibition(展示会・見本市)またはEvent(イベント)

の4つの頭文字を合わせた言葉です。

MICEは、企業・産業活動や研究・学会活動等と関連している場合が多いため、一般的な観光とは性格を異にする部分が多いものです。このため、観光振興という文脈でのみ捉えるのではなく、MICEについて、「人が集まる」という直接的な効果はもちろん、人の集積や交流から派生する付加価値や大局的な意義についての認識を高める必要があります。

具体的には、以下に掲げる3つの主要な効果が考えられます。

  1. ビジネス・イノベーションの機会の創造
    • MICE開催を通じて世界から企業や学会の主要メンバーが我が国に集うことは、我が国の関係者と海外の関係者のネットワークを構築し、新しいビジネスやイノベーションの機会を呼び込むことにつながります。
  2. 地域への経済効果
    • MICE開催を通じた主催者、参加者、出展者等の消費支出や関連の事業支出は、MICE開催地域を中心に大きな経済波及効果を生み出します。MICEは会議開催、宿泊、飲食、観光等の経済・消費活動の裾野が広く、また滞在期間が比較的長いと言われており、一般的な観光客以上に周辺地域への経済効果を生み出すことが期待されます。
  3. 国・都市の競争力向上
    • 国際会議等のMICE開催を通じた国際・国内相互の人や情報の流通、ネットワークの構築、集客力などはビジネスや研究環境の向上につながり、都市の競争力、ひいては、国の競争力向上につながります。海外の多くの国・都市が、国・都市の経済戦略の中で、その達成手段の一つとしてMICEを位置付け、戦略分野/成長分野における産業振興、イノベーション創出のためのツールとして国際会議や見本市を活用しており、我が国においても、MICEを国・都市競争力向上のツールとして認識し、活用することが重要です。

 

訪日ラボをフォローして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。