この記事は約3分で読み終わります。

法規制の緩和やインバウンド向け宿泊施設の不足、比較的手軽に始めることができるという特性を背景に、Airbnb(エアビーアンドビー)など「民泊ビジネス」が日本でも急速に広まりつつあります。

「民泊ビジネス」とは、一軒家やマンション、オフィスなどの空室を民泊用の宿泊施設として貸し出し、収入を得るビジネス形態を指します。

しかし、民泊ビジネスを検討している国内の不動産や一般人にとって、空き室を所有していても、ノウハウがない限り、それらを宿泊施設として貸し出すのは難しいことです。

こうした背景をもとに、民泊ホストの運用業務を代行する「民泊運用代行サービス」が国内で盛り上がりを見せています。

このシリーズでは、国内の人気民泊運用代行サービスの具体的なサービス内容や料金形態、特徴などを簡単にまとめていきます。

今回は、株式会社ビービーブリッジの提供する大阪を中心とした民泊運営代行サービス「BiBi Bridge」についてご紹介。

<関連記事>

 

[運用実績]延べ約20,000人のゲストを受け入れ:月の売上は20万前後で推移か

BiBi Bridge 運用事例

BiBi Bridge 運用事例

民泊運用代行サービス「BiBi Bridge」では、これまでに延べ約20,000人のゲストを受け入れてきました。

ホームページでは、関西地方を中心とした数件のの民泊代行事例が確認できます。

例えば、大阪日本橋の1Rの物件では、一泊の売り上げは10,000円。月の平均売り上げは250,000円を記録しています。また、天王寺の1Rでは、一泊の売り上げは8,400円。月の平均売り上げは210,000円を記録しています。

高い稼働率と、それぞれコンセプトを持った部屋のレイアウトから、高い収益率を達成しています。

 

[特徴①]4つに分けた24時間・365日対応の民泊運用代行プランを提供

BiBi Bridge サービス概要

BiBi Bridge サービス概要

民泊運用代行サービス「BiBi Bridge」では、

  1. 完全運用代行プラン
  2. メール代行プラン
  3. チェックイン代行プラン
  4. 掃除代行プラン

の4つを提供しています。

完全代行プランは、民泊運用に関する作業をすべて「BiBi Bridge」に丸投げできるサービス。内装準備から登録、管理、メール対応、予約確定、清掃、ゲスト対応まで全てを「BiBi Bridge」が全て代行するプランです。

メール代行プランは、「BiBi Bridge」がゲストからのメールに対応してくれるサービスです。

チェックイン代行プランでは、宿泊ゲストのチェックイン時に「BiBi Bridge」のスタッフが立ち合います。掃除代行プランは、民泊運用代行業務におけるクリーニング作業を「BiBi Bridge」が請け負ってくれるサービスです。

それぞれのサービスにおいて、24時間・365日、「英語」「中国語」「韓国語」「タイ語」の4か国語に対応。

具体的な民泊運用代行作業として、家電・備品購入代行、鍵の受け渡し、メール対応、電話対応、インテリアコーディネート、予約管理などを実施していますが、プランごとに受けることのできるサービスが変わります。

各プランにオプションも自由に追加することができるので、フレキシブルな利用が可能です。

 

[特徴②]簡単4ステップで申し込みが完了

また、シンプルな利用手順も民泊運営代行サービス「BiBi Bridge」の特徴です。

具体的な利用手順としては、

  1. 電話もしくは問い合わせフォームで連絡
  2. 売上シミュレーションを実施
  3. スタッフが物件を直接確認
  4. サービス同意の上契約&民泊運用代行開始

となってます。

 

[料金形態]完全代行プランは売り上げの30%+他費用1万円:オプションは5,000円から

「BiBi Bridge」の料金プランは、完全運用代行プラン
、メール代行プラン、チェックイン代行プラン、掃除代行プランの4つのプランごとに違います。

完全運用代行プランでは、ゲストの宿泊ごとにAirbnbから支払われる金額の30%+他費用10,000円がかかります。

メール代行プランは、Airbnbから支払われる金額の10%+他費用10,000円。チェックイン代行プラン、掃除代行プランの2つに関してはそれぞれ5,000円となっています。

 

まとめ:24時間・365日対応&フレキシブルな利用が可能な民泊運用代行サービス

今回、ご紹介してきた民泊運営代行サービス「BiBi Bridge」。

  • 24時間・365日対応
  • フレキシブルな活用が可能

の2つが特徴です。

国内の民泊運用代行サービスを活用することにより、訪日外国人観光客の増加というトレンドを、インバウンド収益という形で還元することができるかもしれません。

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…