この記事は約4分で読み終わります。

訪日外国人観光客の増加を背景に、国内の交通業界では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。

以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも外国語対応や、訪日外国人観光客向け観光案内所の拡充、地域の特色を活かしたインバウンド向けサービスの提供など、さまざまな取り組みを開始しています。

阪急阪神ホールディングス株式会社の運営する阪急電鉄と阪神電車でも、訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。

<関連記事>

 

阪急・阪神沿線における無料Wi-Fi「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」、「Japan Connected-free Wi-Fi」と連携

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」×「Japan Connected-free Wi-Fi」

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」×「Japan Connected-free Wi-Fi」

阪急阪神ホールディングス株式会社の運営する阪急電鉄と阪神電車では、インバウンド向けの無料Wi-Fi「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を提供しています。

12月26日より、訪日外国人観光客により快適なインターネット環境を提供することを目的に、「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」は、全国に整備してある無料Wi-Fiに簡単に接続できるアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」(*)との連携を開始します。

*Japan Connected-free Wi-Fi:NTTブロードバンドプラットフォームが提供する無料Wi-Fiへの接続アプリ

関西地方に訪れる訪日客にとってさらに無料Wi-Fiの利用が手軽に

以前であれば、訪日外国人観光客は「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を利用する際、エントリーページでの認証手続きを行う必要がありました。

しかし、今回の連携により、訪日外国人観光客は、「Japan Connected-free Wi-Fi」の利用登録を一度行うだけで、簡単に無料Wi-Fiを利用することができます。

「Japan Connected-free Wi-Fi」に登録しなくても、「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を利用できますが、この点に関しても、利用方法が複雑であることから、刷新が行われるとのこと。

また、以前であれば訪日外国人観光客が「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」を利用する際、阪急電鉄・阪神電気鉄道が発売するインバウンド向け全線フリー乗車券「HANKYU TOURIST PASS」、「HANSHIN TOURIST PASS」のどちらかを購入する必要がありましたが、増加する訪日外国人観光客数を背景に、販売条件の見直しも行います。

サービス提供エリアは沿線157駅+関西の一部商業施設

サービス提供エリア:プレスリリースより

サービス提供エリア:プレスリリースより

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」のサービス提供エリアは157駅。
阪急阪神ホールディングス株式会社の運営する阪急電鉄・阪神電気鉄道と能勢電鉄、北大阪急行電鉄、北神急行電鉄、六甲産観光の沿線が対象となります。(一部駅を除く)

また、阪急三番街、ツーリストセンター大阪・梅田、阪急京都観光案内所、 阪急西宮ガーデンズ、甲子園歴史館など、大阪府、京都府、兵庫県の一部商業施設でも利用が可能です。

以前に比べ利用方法が簡単に:沿線上の観光促進&訪日客の利便性向上が実現

利用イメージ:プレスリリースより

利用イメージ:プレスリリースより

先述の通り、「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」は、

  1. 「Japan Connected-free Wi-Fi」経由
  2. 「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」にダイレクトで接続

の2通りの方法で接続することができます。

「Japan Connected-free Wi-Fi」経由の場合、「Japan Connected-free Wi-Fi」のアプリをインストール後、利用登録を行い、アプリ起動後「Connect」ボタンをタップするのみで利用が可能になります。

「HANKYU-HANSHIN WELCOME Wi-Fi」にダイレクトで接続する場合、利用規約に同意後、SNSアカウント、もしくはメールアドレスを入力し、認証を行い、セキュリティ警告に同意することで利用が可能になります。

今回の、阪急電鉄・阪神電気鉄道の取り組みにより、沿線を訪れる訪日外国人観光客の利便性向上・街の回遊促進が実現します。

 

まとめ:関西圏でさらなる快適な訪日観光が可能に:「Japan Connected-free Wi-Fi」との連携も進む

訪日外国人観光客の増加を背景に、阪急阪神ホールディングスはインバウンド受け入れ環境の整備を進めています。

京都や大阪は、訪日外国人観光客に人気のスポットとなっており、関西への訪日外国人観光客の訪問はこれからも進むことが予測されます。

また、全国各地の無料Wi-Fiの多くは、「Japan Connected-free Wi-Fi」と連携しているために、訪日外国人観光客に情報喚起することで、訪日外国人観光客にとってさらに快適な国内周遊が可能になります。

<関連記事>

<参照>

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…