この記事は約3分で読み終わります。

法規制の緩和やインバウンド向け宿泊施設の不足、比較的手軽に始めることができるという特性を背景に、Airbnb(エアビーアンドビー)など「民泊ビジネス」が日本でも急速に広まりつつあります。

「民泊ビジネス」とは、一軒家やマンション、オフィスなどの空室を民泊用の宿泊施設として貸し出し、収入を得るビジネス形態を指します。

しかし、民泊ビジネスを検討している国内の不動産や一般人にとって、空き室を所有していても、ノウハウがない限り、それらを宿泊施設として貸し出すのは難しいことです。

こうした背景をもとに、民泊ホストの運用業務を代行する「民泊運用代行サービス」が国内で盛り上がりを見せています。

訪日ラボではこれまで多種多様な国内の民泊運用代行サービスをご紹介してきました。

今回は、マミーケア株式会社の提供するAirbnbに特化した清掃サービス「HouseCare」(以下、ハウスケア)のサービス内容をご紹介します。

<関連記事>

 

HouseCareとは:Airbnbに特化した清掃サービスをリーズナブルに提供

「ハウスケア」とは、Airbnbなど民泊運用を行う際、どうしても必要になってくるクリーニング業務を受託してくれるサービスです。

一般的な民泊運用代行サービスに含まれているクリーニング業務は、相場が一回につき3,000円から5,000円となっており、安価ですが業者によっては清掃作業が雑であることもしばしば。

「ハウスケア」は、Airbnb向けのクリーニングサービスのみならず、普段仕事などで部屋を掃除する時間が取れない人向けにもクリーニングサービス実施しています。

清掃専門サービスである「ハウスケア」で経験を積んだクリーニングスタッフが、Airbnbなど民泊運用時のクリーニング業務を代行してくれるため、効率的かつ安心です。

 

特徴は直前予約対応・フレキシブルさ・返金保証の3つ

Airbnb向けのクリーニングサービスである「ハウスケア」の特徴として、まず挙げることができるのが、直前予約に対応しているということです。

いつでもどこでもできるWEB予約で前日の直前予約にも対応。Airbnbカレンダーの共有で自動予約も可能となっています。

フレキシブルさも特徴の1つです。チェックアウトとチェックインの日にちは同日でもOK。平日、土日祝ともに対応可能とのこと。

また、返金保証も可能です。Airbnbのゲストから苦情があった場合、利用額の15%を返金してくれます。

 

料金は2,500円/時間~ 目安として1DKは2時間から6,300円より

Airbnb向けのクリーニングサービスである「ハウスケア」を利用するにあたって、必要となる料金は2,500円/時間+交通費900円です。(+消費税)

それに加え、洗濯物コストやシャンプー補充などは追加料金がかかります。

部屋の大きさごとの料金目安として、1DKは2時間より利用が可能で合計6,300円~。2DKは3時間より利用が可能で合計9,000円~となっています。

 

対応エリアは東京都・神奈川県・大阪府・京都府

Airbnb向けのクリーニングサービスである「ハウスケア」の対応エリアは、以下の通りとなっています。

  • 東京都・・・港区/新宿区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/練馬区/台東区/墨田区/江東区/荒川区/足立区/葛飾区/江戸川区/千代田区/中央区/文京区/豊島区/北区/板橋区
  • 神奈川県・・・川崎市
  • 大阪府・・・旭区/阿倍野区/生野区/北区/此花区/住之江区/住吉区/城東区/大正区/中央区/鶴見区/天王寺区/浪速区/西区/西成区/西淀川区/東住吉区/東成区/東淀川区/平野区/福島区/港区/都島区/淀川区
  • 京都府・・・京都市

 

まとめ:比較的リーズナブルな料金設定&プロによるクリーニングサービスの提供が特徴

今回ご紹介したAirbnb向けのクリーニングサービスである「ハウスケア」

現在利用している民泊運用代行サービスの提供しているクリーニング作業や自身での部屋清掃に不満や限界を感じている場合には、

  • 比較的リーズナブルな料金設定
  • プロフェッショナルによるクリーニングサービスの提供が可能

という2点から、よい選択肢となるかもしれません。

<関連記事>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…