この記事は約2分で読み終わります。

日本政府観光局(JNTO)の情報によると、2016年に日本を訪れた訪日中国人の数は901,400人となっています。

2015年と比較して13.1%の伸びを見せている訪日タイ人観光客。タイは日本と食文化が近い、とも言われますが、訪日タイ人観光客をおもてなしする上で、飲食店が気をつけるべきポイントはどのようなものがあるのでしょうか?

 

タイ人の食事に対する考え方

  • 他の国と比較しても食べる事に関する関心が高い。仏教徒が多いため、食に関するタブーは少ない。
  • レストランの雰囲気などよりも味を何よりも重視。外観が綺麗で味がイマイチのレストランよりは、外観が汚くおいしい屋台のほうを好む。
  • 甘いものが大好きで、食後に甘いものを食べないと食事をした気にならない。

 

タイ人の食事の際のマナー

  • 基本的にはスプーンとフォークを使う。麺類と中華料理は箸を使う。
  • 目上の人と食事をする場合、目上の人を敬いながら食事を行う。
  • 食器には口を付けず、机に置いたままで食べる。
  • スープ、麺類などで音を立てて食事をすることはマナー違反。
  • チップの習慣はない。

 

タイ人に好まれる日本食

  • 日本食全般は健康に良いというイメージで人気がある。
  • 富裕層に間では特に寿司の人気が高い。
  • 日本のレンコンとタケノコは、タイのものより大きく味も良いため、特に好まれる。

 

タイ人に嫌われる食事内容

  • タイ料理の独特の味の組み合わせ(絡み、酸味、甘み)に慣れている人は、日本食を美味しいと感じない場合もある。
  • 北部や東北部の人はもち米を主食としているため、日本の米だと物足りないと感じる事がある。
  • 生魚を食べる事に抵抗を感じる人もいる。
  • 食事中にお茶が出されることを嫌う(タイでは食事中にお茶を飲む習慣が
    ない。食事中は基本的に冷たい水を飲む)。
  • 一般的に洋食は食べないため、洋食、またパン自体を好む人は少ない。
  • マレー系のイスラム教徒は豚肉を食べず、アルコール類も飲まない。

 

訪日タイ人観光客に喜んでもらうには?

  • タイ人の中にも辛いものが苦手な人がいる。一般的に中華系、富裕層は辛いものが苦手、労働者階級は辛いものが好きという傾向がある。
  • 北部・東北部の観光客には、普通の米の代わりにもち米を提供すると喜ばれる。
  • 日本産のレンコン、タケノコを使うと喜ばれる。この2つはお土産としても人気。
  • 食事中の飲み物は冷たい水が良い。
  • 食後の甘いデザートは欠かさないようにする。
  • 自分で味付けの調整が出来るように、香辛料、調味料、わさび、酢、砂糖、塩、唐辛子などを用意しておく。

 

訪日タイ人観光客への情報提供の仕方

  • 宗教上などの理由で豚肉、牛肉を食べられない人がいるので、食事に前に食べられないものがないかどうかを確認する。

 

その他の注意事項

  • タイ王室、僧侶、国旗、仏像に敬意を払う。
  • 女性は僧侶の体、衣服、持ち物に触れてはいけない。
  • 特にタイの女性の体に触れてはならない。
  • イスラム教では頭は神聖なものと考えられているので、子供であっても他人の頭を勝手に触らない。
  • 足は不浄なものと考えられているので、神仏や人に足を向けたリ、足を使って何かを動かしたり、足を組んだりする事は避けたほうが良い。
  • 露出の多い服ははしたないと考えられるので、避けた方が良い。

 

<参照>

 

訪日ラボに「いいね」をして
最新情報を受け取る

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…