この記事は約3分で読み終わります。

日本を訪れた訪日外国人観光客は日本を訪れる前にどのような情報を見て日本を訪れているのでしょうか?また実際に日本を訪れた後はどのようものから情報を得て観光を楽しんでいるのでしょうか?観光庁が発表している「訪日外国人の消費動向 平成28年10-12月期報告書」で詳しく見ていきましょう。

出発前の観光情報の収集は圧倒的に個人ブログ

訪日外国人観光客の出発前情報源:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客の出発前情報源:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

グラフを見ると、出発前に訪日外国人観光客は皆いろいろな情報源から日本の観光情報を集めているのだという事がまずわかるでしょう。ただ、その中で最も多くの人が役に立ったと考えているが「個人のブログ」(29.4%)となっています。その次は「旅行ガイドブック」(17.7%)、「自国の親族・知人」(17.5%)が僅差と2位と3位となり、「旅行会社ホームページ」(16.8%)、「日本政府観光局ホームページ」(16.7%)と続いています。

トップ3の情報源に関しては基本的に「足で歩いて得た情報」であると言えるでしょう。また「地方観光協会のホームページ」(6.4%)は「宿泊施設ホームページ」(13.5%)よりも参考になったとしている人が少なく、今後ますます訪日外国人観光客にわかりやすい、多言語に対応したホームページが必要だと言えるでしょう。

 

日本滞在中に最も役立った情報源はスマートフォン

訪日外国人観光客の旅行中に役に立ったもの:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客の旅行中に役に立ったもの:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客に限ったことではなく自身が海外旅行をすると考えても納得ですが、訪日外国人観光客が日本滞在中に最も役立ったと考えている情報源は「インターネット(スマートフォン)」(66.2%)という結果となりました。GPS情報を利用したマップ、オンラインの観光案内、営業時間の確認など、考えるだけでも様々な事がスマートフォンで出来るわけです。スマートフォン以外は「観光案内所(空港除く)」(17.7%)、「インターネット(パソコン)」(16.6%)「空港の観光案内所」(16.5%)と2位〜4位はほぼ横並びとなっています。

 

訪日外国人観光客の5割は無料WiFiを必要としている。

訪日外国人観光客にとって旅行中にあると便利な情報:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

訪日外国人観光客にとって旅行中にあると便利な情報:観光庁 訪日外国人消費動向調査より引用

日本滞在中に訪日外国人があると便利だと思っているもののトップには、やはり「無料WiFi」(49.4%)が入りました。これはほとんどの観光地、町中には無料WiFiが存在する海外の感覚からすると、やはり圧倒的に「足りない」という事になるのでしょう。2位にランクインしたのは「交通手段」(45.3%)で、鉄道網、バス網が充実していると言われている日本としては少々意外な結果となりました。

 

まとめ

日本を訪れる前に訪日外国人観光客が参考にしていた情報源、日本を訪れた後に参考にしていた情報源、そして日本滞在中にあれば便利だと思っていたものを見てきました。訪日前の情報収集に個人ブログがここまで利用されているというのも驚きでしたが、日本滞在中はほぼ7割の訪日外国人観光客がスマートフォンを利用して情報を得ているのだという事もわかりました。

こうした結果から、日本のインバウンド対応として「訪日外国人観光客ブロガー(KOL、インフルエンサー)に日本観光の魅力に関する記事を書いてもらう」、「訪日外国人観光客が持つスマートフォンに広告が表示されるようにする」、「無料WiFiの整備を急ぐ」というような事が必要だと言えるでしょう。

<参考>

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…