この記事は約5分で読み終わります。

インバウンドビジネスが盛り上がるなか、旅行者だけではなくビジネスの分野でも国をまたいで日本に訪れる人が増えてきています。

海外にある現地法人の社員が日本に訪れたり、国外に本社がある外資系企業の幹部が日本を訪問するような場合が典型的な例です。

普段は海を隔ててメールや電話、ウェブと通じたビデオ通話などのオンラインでの繋がりとなってしまっているので、訪日の際には日本文化の理解を深めてもらいながら、交流を深めてチームとしての繋がりを強めたいというニーズがあるようです。

しかし、担当者としてイベント内容を考えるのも案外むずかしいものです。

そのようなケースを解決できるサービスがVoyagin(ボヤジン)の外国人スタッフ向けチームビルディング研修です。外国人向けに各種、日本文化体験を提供しているVoyaginだからこそ、アレンジできるチームビルディング研修があるようです。

 

Voyagin(ボヤジン)とは:昨年楽天が買収した注目の体験ツアープラットフォーム

インバウンド向けのCtoC型のアクティビティー(旅行体験)予約サイト「Voyagin」

インバウンド向けのCtoC型のアクティビティー(旅行体験)予約サイト「Voyagin」

Voyaginとは、主にインバウンド向けのCtoC型のアクティビティー(旅行体験)予約サイトです。いわば、”旅行体験のフリーマーケット”で、旅行者に現地の体験を提供したいと考える現地の人と、それを体験したいと考える旅行者をつなげるプラットフォームです。

そのVoyaginがB2B向けに提供する外国人スタッフ向けチームビルディング研修とはどのようなものなのでしょうか。

 

Voyagin(ボヤジン)が提供する外国人スタッフ向けチームビルディング研修

Voyagin(ボヤジン)が提供する外国人スタッフ向けチームビルディング研修

Voyagin(ボヤジン)が提供する外国人スタッフ向けチームビルディング研修

Voyaginが提供するチームビルディング研修プログラムは、企業の海外現地社員が来日した際の利用を想定したもので、日本の文化体験を交えた社内イベントや研修のプランニングをしてくれるサービスです。

そもそも「チームビルディング」とは

「チームビルディング」とは、その名の通りチームを構築することです。チームのメンバーが共通の目的を持ち、そのゴールに向かってそれぞれのメンバーの強みを活かして進んで行けるチームを作ることを意味します。

また、確立された手法はないものの、おおよその場合において、チームビルディングアクティビティー(チームビルディングをする為の活動)は、会議や研修らしい研修などではなく、レクリエーションのような体験を通じて行われます。そのアクティビティーの中に、チームワークを深める仕掛けを組み込むことで、リラックスした状態でチームを育てていく、といったものです。

 

Voyagin(ボヤジン)が有する多彩な体験ツアーを駆使し、チームビルディング研修を提供

Voyaginのチームビルディング研修の特徴

Voyaginのチームビルディング研修の特徴

Voyaginに登録されている多彩で豊富な体験ツアーと、ガイドネットワークを駆使し、「築地市場ツアー」や「茶道体験」のような文化的な王道の体験から「相撲力士とちゃんこランチ」や「宝探しツアー」のようなユニークな体験までを提供します。

研修する外国人スタッフの国籍や予算、そして研修の目的に応じてプランを作成。専任のスタッフが案内することで、安心して訪日体験研修をすることができ、インバウンドビジネスチームとしての結束を深めることができます。

Voyaginチームビルディング研修のモデルコース

過去の実績ではfacebook社の各国エグゼクティブが来日した際に、文化体験を含めた1日ツアーを提供。そのチームビルディング研修について、facebook幹部のDan Neary氏は

今回のFacebookイベントでは、「Voyagin」のメンバーが一丸となって本当に素晴らしいチームビルディングのイベントを提供してくれました。はじめから最後まで完璧に構成されていて、かつ今まで見たことのないようなユニークなチームイベントでした。次回開催されるイベントでも、ぜひVoyaginにお任せしたいと思います。

とコメント。提供されたビームビルディングコースがどれだけ満足度の高かったものであったかが伺えます。

facebook社が体験したVoyaginのチームビルディング研修のコースとは

facebook社が体験したVoyaginのチームビルディング研修

facebook社が体験したVoyaginのチームビルディング研修

Voyaginの外国人スタッフ向けチームビルディング研修のサービスサイトには、facebook社が体験したコースが事例として紹介されています。そのコースは「FULL DAY」の1日ツアータイプ(6〜8時間)で、

  • 7:30 相撲朝稽古見学
  • 8:30 満員電車体験
  • 9:00 築地市場
  • 11:00 茶道体験
  • 12:30 芸者と懐石ランチ

と、短い時間で様々な日本らしいアクティビティーを体験できるコース設定となっています。

このfacebook社が利用した「FULL DAY」コースだけでなく、半日ツアーの「HALF DAY」、単発アクティビティーの「SINGLE ACTIVITY」など、多種多様なコースを構築でき、スケジュールに自由がきく提供形式になっています。

「HALF DAY」で和太鼓のチームビルディングを体験した、ソフォス株式会社の大沢氏は以下のようにコメントしています。

60分のセッションを体験しました。英語の通訳も付き、外国人スタッフも初めての和太鼓に興味津々で楽しめました。社名ロゴの入った和太鼓Tシャツも作っていただけ、皆でお揃いのTシャツを着た時点で既に一体感が出てきました。日ごろPCに向かっての仕事が多いので、掛け声を出しながらの太鼓演奏はストレス発散にも効果的でした。

今回は準備期間に全く余裕がなく、Voyagin様にすべてお任せしてしまったのですが、当日の運営もすべてスムーズで、幹事役の私もactivityを楽しむことができました。太鼓後は鳥良にて宴会でしたが、料理もおいしく、場所も地下鉄の駅から直ぐでアクセスも良く、とても便利でした。和太鼓体験、是非お勧めします。

ソフォス株式会社が体験した和太鼓のチームビルディング

ソフォス株式会社が体験した和太鼓のチームビルディング

 

まとめ:訪日体験で現地外国人スタッフとチームビルディング

2020年に向けてインバウンド市場はますます活性化するのは確実で、日本がますます海外とのつなりが強くなっく。外国人タッフを雇用している会社などが日本文化体験を通、相互理解を深めチームビルディングを行っていく機会は増えるはず。そのようなニーズに対して、Voyaginのチームビルディング研修サービスは、ビジネスシーンでますます利される機会も増えてくるのではないでしょうか。

<参考>

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…