この記事は約6分で読み終わります。

日本政府観光当局からリリースされた「訪日外客数(2017年2月推計値)」によると訪日中国人観光客数は50.9万人、訪日台湾人観光客数は34.3万人、訪日香港人観光客数は14.1万人を記録しました。

訪日中国人観光客以外の2国においては前年を下回る人数になっていますが、全体で見た場合、依然として中華圏からの訪日外国人観光客は、全体の約半数近くを占めることからインバウンド市場にとって最大のターゲットであることは間違いなさそうです。

中華圏インバウンドを集客・誘致するためにはいったいどのような手段が有効なのでしょうか?

 

中華圏インバウンドはネットへの接続率が高いことが特徴

中華圏の訪日外国人観光客は、その高いスマホ普及率を理由に、インターネットへの接続率が高いことで知られています。

中国の人口はおよそ13.5億人。スマホ普及率は79%となっており、スマホユーザー数はおよそ10.7億人と莫大な数になっています。

また、台湾では人口のおよそ82%にあたる1930万人、香港では人口のおよそ79%にあたる570万人がスマホを所有しています。このように中華圏からのインバウンドの間でのスマートフォンの普及率は極めて高いものであることが推測されます。

<関連>

春節期間中の中華圏からのインバウンドのモバイル端末ログイン数:Vpon Big DataGroupより

春節期間中の中華圏からのインバウンドのモバイル端末ログイン数:Vpon Big DataGroupより

さらに、Vpon Big DataGroupの資料によると、多くの訪日が見込まれる春節期間中のモバイル端末ログイン数は、2016年と比較した場合、中国で5倍の増加、香港で2.4倍の増加、台湾で1.3倍の増加を記録しました。中華圏インバウンドにおいて、スマホなどモバイルデバイスへの依存度が年々高まっていることがわかります。

これらの背景から、インバウンド市場では中華圏インバウンドを誘致・集客する際、オンライン上で効果的なアプローチが可能であることから「モバイル広告」が有効な手段として注目されています。

 

 

中華圏からのインバウンドにオンラインでアプローチ可能にする インバウンド向けモバイル広告を手掛けるVpon Japan

このような中華圏インバウンドをとりまくモバイル環境について注目をしたのがVpon Japanです。Vpon Japanは、日本市場に参入した台湾最大のモバイル広告プラットフォームVponの日本法人です。

台湾に本社を構えるVponは、現地開発者の良質なアプリトラフィックを中心に、台湾、中国本土への配信で4.5億人以上のユニークユーザーへの配信を実現しています。Vpon Japanにおいては、主に中華圏のインバウンドに対して、モバイル広告を通じて効果的にアプローチできるサービスを提供しています。

 

旅マエ・旅ナカ・旅アトのそれぞれに特化した中華圏インバウンド向けのモバイル広告表示が可能に

Vpon Japanの提供する中華圏インバウンドに向けたモバイル広告提供サービスは、「クロスボーダーモバイルマーケティングソリューション」と呼ばれます。このサービスの特徴とは、旅マエ・旅ナカ・旅アトのそれぞれに特化した中華圏からのインバウンド向けモバイル広告の表示が可能になる点です。それぞれに関して詳しく確認していきます。

旅マエ:類似行動ターゲティングで旅行前のインバウンドにアプローチ

旅マエにおけるモバイル広告の最大の目的は、旅行前の中華圏からのインバウンドに対して、旅行を喚起することです。日本国内の旅行・観光情報などをモバイル広告として掲載することで、訪日旅行前の潜在的インバウンドに対して、商品の購入や、旅行への関心を高めます。

また、ターゲットとなるオーディエンスを①出国頻度が高い旅行者②パスポート保持者に絞ることもできるため、効果的なアプローチが可能になっています。

昨年8月からは新たにタテ型動画広告配信サービスを開始も開始。日本の自治体、広告主は同サービスを利用して、これまでの静止バナーだけでなく、動画クリエイティブを利用した、ブランド訴求力の高い広告配信が可能になりました。

旅ナカ:シチュエーションターゲティングで旅行中の消費を喚起

旅ナカにおけるモバイル広告の最大の目的は、旅行中の中華圏インバウンドに対して、現地での消費を促進することです。訪日中の中華圏インバウンドに対して、割引クーポンなどお得な制度を提示することなどを通じて、十店舗に誘導。消費行動に結び付けます。

旅アト:リターゲティングで旅行後もブランドイメージを構築

旅アトにおけるモバイル広告の最大の目的は、旅行後の中華圏インバウンドに対して、ブランドロイヤルティーを強化することです。訪日旅行後の中華圏インバウンドに対して、再びアプローチすることにより、対象製品などに関してブランド価値を植え付けます。

ここで実際にVpon Japanの提供するクロスボーダーモバイルマーケティングソリューションを活用した中華圏インバウンドへのアプローチ事例をご紹介します。

 

Vponのモバイル広告ソリューション活用事例:American Express

Vponのモバイル広告ソリューション活用例:American Express

Vponのモバイル広告ソリューション活用例:American Express

上記の画像でもご紹介しているように、旅マエ・旅ナカ・旅アトに分けて中華圏インバウンドにアプローチしています。

旅マエでは、旅行への関心を高めるために中国人のうち5%のパスポート所有者をターゲットに絞り、ブランド認知度を高め旅行前の購入(ホテル予約や旅行サービス等)を促しています。

旅ナカでは、現地での支払いを促進するために地元商店の割引等を提示することで旅行客をオフラインから実店舗へ誘導し、AmericanExpressカードを使った購入に結び付けています。

旅アトでは、ブランドロイヤリティを強化するために、旅マエと旅アトの両方でAmerican Expressの商品に関心を示したオーディエンスを特定しリターゲティングにより継続的なコミュニケーションを図ります。

Vponのビジュアルダッシュボード:Vponホームページより

Vponのビジュアルダッシュボード:Vponホームページより

Vponのビジュアルダッシュボードは、リアルタイムデータを使用し最高のパフォーマンスを目指すための最適化をサポートしてくれます。そのため、的確な計画立案・ターゲットの選定が可能になるとのこと。

少なくともターゲットとする時期の4カ月前にキャンペーンプランニングをすることで効果的に中華圏からのインバウンドにアプローチが可能になるとのこと。

 

まとめ:中華圏インバウンド向けプロモーションにはモバイル広告を

今回ご紹介してきたように、中華圏インバウンド向けプロモーションにおいては、そのスマホ依存度からモバイル広告に焦点をあてると効率的にアプローチすることができるでしょう。

旅マエ・旅ナカ・旅アトそれぞれのフェーズに分けて適切な配信ができ、台湾で最も大きなモバイル広告プラットフォームVponは、現在のインバウンドプロモーションのトレンドを掴んだモバイル広告配信サービスです。

<参照>

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…