この記事は約1分で読み終わります。
[カシオ計算機株式会社]

カシオ計算機は、ポケットサイズのデジタル英会話学習機“joy study(ジョイスタディ)”のラインアップを拡充。おもてなし英語力を磨く「英語応対能力検定 」の公認学習機として『JY-L04/L05』を4月21日より発売します。

“joy study”は2015年の発売以来、通勤時や就寝前などのちょっとした空き時間を有効活用して英会話を学習できる手軽さにより、幅広い層から好評を博しています。
今回ご案内の『joy study JY-L04/L05』は、訪日外国人と接する機会の多いサービス業の方に向けて、接客英会話をしっかり学べるコンテンツを収録したデジタル英会話学習機です。

『JY-L04』は英語応対能力検定の「販売試験」「飲食試験」と「一般試験」に、『JY-L05』は英語応対能力検定の「宿泊試験」「鉄道試験」「タクシー試験」と「一般試験」に対応した公認教材を収録。公認教材は、3段階(とにかくひとこと/これが目標/自信がついたら)のレベル別に英文を選択でき、1日あたり5~15分程度の学習を約40日間継続することで、目指したいレベルに到達できるように構成されています。

2機種とも、人気英語教材本の著者であるデイビッド・セイン氏の「デイリースピーキング【接客英会話】」、とっさには思い付きづらい会話ならではの表現を学べる「キクタン英会話【おもてなし編】」なども収録しており、公認教材と併せて接客英会話を多角的に学べます。また、覚えたい表現を最大1,000件(うち公認教材は最大500件)まで登録できる機能も備えました。

英語応対能力検定

相手の状況や意図を理解し、適切な英語を使って必要な案内やサービスができるかなど、基本的なおもてなし英語力を総合的に評価する検定試験で、株式会社学びUPコミュニケーションズ(株式会社旺文社、カシオ計算機株式会社、株式会社毎日新聞社の共同事業会社)が運営しています。接客業務の最前線に就く方々に向けた業種別(販売・飲食・宿泊・鉄道・タクシー)試験と、街で道を尋ねられた時などを想定した一般試験の計6種類を用意。検定試験の日程は、初回が本年の3月(実施済み)と6月、第2回が本年の9月と12月です。申込み時期などの詳細は、「英語応対能力検定 」の公式Webで参照いただけます。

JY-L04の収録コンテンツ

JY-L05の収録コンテンツ

Y-L04/L05の主な仕様

※充電池および充電器は商品に付属しておりません。また、記載のない充電池には対応しておりません。
※eneloopはパナソニックグループの登録商標です。
※EVOLTAはパナソニック株式会社の登録商標です。
※その他の会社名・商品名は、各社の登録商標または商標です。

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…