この記事は約5分で読み終わります。

登録すると飲食店やホテルなどの、営業時間や電話番号、ルートの情報をGoogle検索やGoogleマップに掲載できるようになる「Google マイビジネス」。Googleはこのほど、このGoogleマイビジネスにて、飲食店のメニューページへのリンクをダッシュボードから登録できるようにアップデートしました。

 

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは

例えば会社の飲み会の店鋪を探す時にGoogleで検索すると、検索結果に店舗名や写真、営業時間や評価が画面右側に表示されて「便利だなぁ」と思った経験はないでしょうか。

あの検索結果右側に表示される情報を正確に登録できるサービスが「Googleマイビジネス」です。Googleマイビジネスに登録すると、店鋪のさまざまな情報を一元管理できるようになります。登録は無料。

例えば、店鋪のビジネス情報(正確な店名、住所、電話番号、ウェブサイトリンク、営業時間など)が編集できたり、登録時に同時に作成されるGoogle+ページの管理や、WEB上でのアクセス状況の解析、クチコミの情報を読んだり返信する機能が利用できるようになります。

Googleマイビジネス ダッシュボードからメニューページへのリンク設定可能に

そのGoogleマイビジネスがレストランやカフェなどの飲食店など向けに、Googleマイビジネス登録後の設定画面(ダッシュボード)から提供メニューページへのリンクを設定できるようにアップデートされました。

飲食店のメニューページ登録が可能になったことを伝えるGoogleマイビジネス ヘルプページ

飲食店のメニューページ登録が可能になったことを伝えるGoogleマイビジネス ヘルプページ

 

登録方法は、Googleマイビジネスダッシュボード画面右下の「作成」ボタンから「属性に関する資料を含むスプレッドシートをダウンロード」をクリックすることでスプレッドシード(Google版エクセル)をダウンロード。ダウンロードしたシートにメニューが掲載されているページURLを入力して再度アップロードすることで登録できます。詳しくはこちら(Google マイビジネス ヘルプ)から。

また、Googleマイビジネスのガイドラインによれば、リンク先のメニューページについて以下のように説明されています。

メニューには次の 2 種類があります。

  • レストランやバーなどの飲食店で注文可能な食べ物や飲み物の一覧がすべて記載されたメニュー。
  • 理容店やスパ、自動車修理工場などのサービス業で利用可能なすべてのサービスが記載されたメニュー。

今回のメニューページ追加アップデートについては、飲食店に限らず、理容室や自動車修理など「メニュー」や「料金表」があるものであればメニューページを登録できるようですね。

また、登録するメニューページの要件として、

  • メニューは、顧客がそのビジネスで利用可能な商品やサービスの内容を表すものである必要があります。飲食店であれば、朝食やランチ、ディナーなど、全メニューを記載でき、その他のメニューページへのリンクを表示することも可能です。たとえば、お客様のお店のディナー メニューへのリンクを選択する場合に、リンク先に朝食やランチメニューへのリンクが記載されていても構いません。
  • 人気メニューのみを記載したサンプル メニューや抜粋メニューは送信できません。
  • メニューの URL に、第三者の注文または配達サービスへの直接リンクを使用することはできません。
  • クライアントの代わりにリスティングを管理している第三者がビジネスのメニューの URL を送信する場合は、ビジネス オーナーの同意を得ていることを通知する必要があります。

が定められています。つまり、ポイントとしては

  • Googleマイビジネスに登録するメニューページには「全てのメニュー」が網羅されている必要がある(人気メニューのみ抜粋はNG)。
  • Googleマイビジネスに登録するメニューページは、基本的に自前のWEBページである必要がある。

などが注意点としてあります。なお、記事執筆現時点ではメニューを登録できるアカウントは限定されている模様で、段階的にリリースされているようです。

 

インバウンド対応としてGoogle マイビジネスでメニュー登録する意義とは

以前訪日ラボで解説したとおり、インバウンドでの検索では「食」に関する検索が最もされており、それだけ訪日旅行での飲食店に関する情報が求められていることが伺えます。

2008年から2015年までのインバウンド関連検索キーワードトレンド推移:Googleブログより

2008年から2015年までのインバウンド関連検索キーワードトレンド推移:Googleブログより

また、インバウンドの飲食店対応において重要になるのが、宗教ベジタリアン対応です。

Googleマイビジネスにメニューを登録し、訪日外国人観光客に事前にメニューを提示することによって、「この飲食店のメニューだったら安心して行ける/行かないほうが良さそう」と判断することができます。

また、飲食店にとっても宗教・ベジタリアン向けインバウンド対応をしたメニューがあれば、このGoogleマイビジネスでのメニュー登録はアピールの場になります。一方で「宗教・ベジタリアン向けメニューまで準備できない」という店鋪も、それと知らずに来てしまった訪日外国人観光客とのミスマッチを防ぐことができ、飲食店がGoogleマイビジネスにメニュー登録しておくことは、お互いにメリットのあるインバウンド対応となるでしょう。

 

まとめ:まずはGoogleマイビジネスへの登録からはじめよう

口コミサイトなどを頼りに飲食店に行ってみたら、サイトに掲載されていた営業日や営業時間と違っていて閉まっていた、という経験はないでしょうか。このような「がっかり」を顧客に味わせないようにするためにも、公式の情報をしっかりと提供することは重要です。

飲食店のメニューページをGoogleマイビジネスに登録することは、「食」について注意事項の多いインバウンドにおいては有効なインバウンド対策といえるでしょう。しかしながら、自前のWEBサイトを持つ必要があったり、もちろんインバウンド対策として行うには多言語化も必要になり、中々ハードルが高い場合もあるでしょう(なお、飲食店メニューの多言語化にはさまざまなツールやサービスが出てきているので、そちらを活用するのも手です)。

しかしながら、Googleマイビジネスへの公式な情報の登録は、インバウンドだけに限らず日本人の顧客向けにも有効な集客施策と言えます。そのため、まずはGoogleマイビジネスに登録することからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

<参照>

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…