メーカーのインバウンド対策

インバウンド対策をするべきメーカーは化粧品・医薬品だけではない。

インバウンド対策をするべきメーカーとは現在盛り上がりを見せている化粧品・医薬品、お菓子メーカーだけではありません。家電メーカーや清涼飲料水メーカーはもちろんのこと、日本酒(SAKE)などの酒造や、文具、100円均一用商品メーカー、郷土品のお土産など多種多様です。2015年には「訪日中国人による爆買いが終わったとよく報道されていましたが、ブランド品や家電などの高額商品の購入金額が下がり、全体の購入金額が下がったことが原因で、日用品に関しては以前伸び続けています。政府発表の観光立国推進基本計画改正案によると2020年にはインバウンド消費を今の2.1倍にするという目標もあります。より一層どのメーカーでもインバウンド対策が盛り上がってくることが予想されます。

国籍別の訪日外国人の特性

メーカーのインバウンド担当者にオススメしたい訪日ラボでの記事

インバウンド対策に悩んだら・・・

訪日コム