交通機関のインバウンド対策

交通機関のインバウンド対策は「多言語化」「利便性」の2つ

航空・電車・バス・タクシーなど交通機関の手段は様々あり、訪日外国人も用途に合わせて使い分けています。交通機関のインバウンド対策の基本は「利便性」「多言語化」にあります。訪日外国人のタッチポイントである「購入時」には料金体系のわかりやすさ、購入手段の多さ、WEBサイトの見やすさなどがあり、「利用時」には案内の多言語化やガイドの外国語力などがあげられます。外国時のの特性を知り、インバウンド対策に活かしていきましょう。

国籍別の訪日外国人の特性

交通機関のインバウンド担当者にオススメしたい訪日ラボでの記事

インバウンド対策に悩んだら・・・

訪日コム