TATERU ECOSYSTEM 第11弾 荷物一時預かりサービス「ecbo cloak」の運営を行うecbo(エクボ)社と提携 「TATERU Phone」にて旅行荷物の預かり予約サービスを開始

[インベスターズクラウド]

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウド(本社:東京都港区/代表取締役:古木大咲/証券コード:1435、以下当社)の子会社である株式会社iVacation(代表取締役:大城崇聡、以下iVacation)は、渋谷を中心に都心の人気カフェやレンタサイクルなどの遊休スペースを活用した、“荷物一時預かり"シェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を運営するecbo株式会社(本社:東京都渋谷区/代表者:工藤慎一、以下ecbo社)と提携し、「TATERU Phone」にて荷物の預かり予約サービスを開始しますのでお知らせいたします。


◯ 荷物預かり予約サービスについて

本サービスは訪日観光客が、「TATERU Phone」を使用して「ecbo cloak」に加盟している各地の飲食店やショップに事前に予約を取り、手荷物を一時的に預けることができるサービスです。大型(90リットル以上)のスーツケースの預け入れも可能で、預けた後は手ぶらで観光を楽しむことができます。利用者は「TATERU Phone」からリアルタイムで空き状況を確認することが可能なほか、預け先への最短ルートも地図で表示されるので、重い荷物を抱えてコインロッカーを探す手間なく、快適に手荷物の保管場所を確保することができます。

<荷物を預ける流れ>

  1. 「TATERU Phone」端末より「ecbo cloak」上の預けたいお店を検索
    カフェやショップなど、提携店舗の中から預けたい場所を選ぶ

  2. 預け先を予約
    預け入れと受け取りの時間、荷物のサイズや個数を選択し予約する

  3. 荷物を預け、観光へ
    店舗スタッフが対応し、お客様の荷物を撮影
    預けたお店から証明メールが届く

  4. 観光後、荷物を受け取る ※当日中
    荷物を預けた際の証明メールを確認後、荷物を受け取る
    受け取り時にオンライン決算が完了し、領収書がメールで届く(クレジット決済)

◯ TATERU ECOSYSTEMとは

「TATERU ECOSYSTEM」は、IoTデバイス「TATERU Phone」を中心に、複数の企業とパートナーシップを組み、技術やサービスを生かしながら協業や分業を行うことで、業界の枠をこえ、訪日外国人のためのイノベーション基盤を構築します。

◯ iVacationの宿泊施設運営

iVacationでは、「TATERU Phone」を活用した宿泊施設の運営を行っております。「TATERU Phone」は宿泊者にレンタルを行う日本を快適に過ごせるようにローカライズされたIoTデバイスで、シームレスにサービスを体験できるだけでなく、ホストサイドの宿泊オペレーションの提供も行います。通常ホテルなどに宿泊するようなフロント業務を「TATERU Phone」を通じてスマート化し、様々な予約の受付から滞在中の対応、宿泊後のフォローなど、ゲストが快適に過ごしていただけるようなサポートや、多言語対応のトリップコンシェルジュが、チャットにて国内外からのお客様の要望にお応えいたします。


iVacationは今後も、「Vacation×Technology」をコンセプトに、最先端のテクノロジーを活用したサービスレベルの向上を図り、訪日外国人観光客に安心安全な宿泊サービスと快適な旅行環境を提供するべく事業展開を行ってまいります。


◯ ecbo社概要
会社名:ecbo株式会社
設立:2015年6月2日
資本金:7,500,000円
代表者:工藤 慎一
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 デジタルゲートビル2階
事業内容:店舗の遊休スペースを使った荷物預かりプラットフォーム「ecbo cloak」

◯ iVacation概要
社名:株式会社iVacation
設立:2016年6月1日
資本金:20,000,000円
代表取締役:大城 崇聡
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-3-5 3F
事業内容:
「TATERU Phone」の開発・レンタル
「TATERU Phoneレンタルサイト」 https://www.tateruphone.jp/
宿泊マッチングプラットフォーム「TATERU bnb」の開発、運営
「TATERU bnb」 https://www.taterubnb.jp/
民泊の運営及びその代行
民泊及びバケーションレンタル物件の開発
民泊物件・賃貸物件の保証業務

◯ 当社概要
社名:株式会社インベスターズクラウド
設立: 2006年1月23日
資本金: 6億192万円
代表取締役: 古木 大咲
本社: 〒107-0062 東京都港区南青山2-27-25 7F
事業内容:
アプリではじめるアパート経営「TATERU」の開発・運営
「TATERU」 https://www.tateru.co/
アプリではじめるスマートライフ「TATERU kit」の企画
「TATERU kit」 https://www.taterukit.jp/
ネットで賢くリノベーション「スマリノ」の開発・運営
「スマリノ」https://www.sma-reno.jp/

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

着地型観光が今以上に盛り上がる? 「新たな時代の旅行業法制に関する検討会」に見るこれからの旅行業界

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

進むインバウンド業界のICT:パナソニックとJTBが協業、多言語案内と手ぶら観光領域でインバウンド対策支援

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

京成電鉄、成田空港で訪日客向け案内所を拡充:インバウンド向け乗車券販売、訪日観光情報の提供、手ぶら観光促進などを実施

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

TATERU ECOSYSTEM 第9弾 訪日外国人向け情報サイトの運営を行うフレンバシー社と提携 「TATERU Phone」にベジタリアン向けレストラン検索機能を追加し、フード機能を強化

訪日ラボ編集部  

訪日外国人観光客を受け入れる事業者の“困った”を解決する法人サービス「TATERU Phone」事業者向けレンタル 4月26日より本格開始!トリップコンシェルジュが24時間チャットで多言語対応

訪日ラボ編集部  

「TATERU Phone」宿泊事業者向けレンタルサービスの提供決定 トリップコンシェルジュが24時間チャットで多言語対応 宿泊施設の訪日外国人対応をスマート化

訪日ラボ編集部  

民泊向けIoTデバイス「TATERU Phone」を活用したスマート民泊の実証実験を早期終了「TATERU Phone」のレンタル拡大に向け本格運用開始

訪日ラボ編集部  

飲食店の訪日外国人旅行者(インバウンド)獲得支援を強化

訪日ラボ編集部  

世界初!民泊専用!「手ぶら観光」をスマホで注文!当日配送サービス"Airporter"が正式リリース

訪日ラボ編集部  

日本初!インバウンドビューティー集客支援プロジェクト開始

訪日ラボ編集部  

【インバウンド担当者必見】訪日ラボがインバウンド対策サービスの比較・資料請求ができる「訪日コム」をリリースしました!

訪日ラボ編集部  

両替事業(AirTrip Exchange)の第一号店をビジョンが運営する歌舞伎町インバウンドタワー(仮称)に5月新規オープン

訪日ラボ編集部  

株式会社ビジョン、株式会社ポケットチェンジと戦略的業務提携。訪日外国人旅行者を含む海外渡航者へ向け、外貨(お札・コイン)を電子マネーに交換できるサービスの展開と相互送客を実施。

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!