トレンドExpress、ラオックスジャパン・ショッピング・アワードにおいて中国SNSデータ分析・提供とランキング開発で協業

~2017年第一四半期ランキング発表~

[ホットリンク]

株式会社ホットリンクグループである株式会社トレンドExpress(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:濵野智成 以下、トレンドExpress)は、ラオックス株式会社(以下、ラオックス)が発表したジャパン・ショッピング・アワードにおいて、開発パートナーとして中国最大のSNS新浪微博上のビッグデータを収集、分析して提供し、さらにランキング開発において協業したことを発表します。

【ジャパン・ショッピング・アワード概要と協業内容】

ジャパン・ショッピング・アワードは、中国版Twitterと呼ばれる新浪微博の書き込みデータとラオックスの売上データを掛け合わせた独自分析の買物ランキングです。四半期ごとおよび年間におけるインバウンド需要が高かった商品について総合トップ3とカテゴリ※ごとのトップ5を決定します。ランキング結果は中国最大の旅行サイト「Ctrip(中国名:携程)」を含め、その他旅行系サイト・アプリでもコンテンツとして配信されます。

ホットリンクおよびトレンドExpressでは本ランキングに対し、新浪微博の書き込みを収集・分析して作成した「日本で買った」書き込みランキングを提供するとともに、ラオックスの保有するPOSデータと掛け合わせて以下ランキング開発において協業いたしました。

  • 期間中に口コミ件数、購入数が多かった実際のヒット商品を見るための「定番ランキング」
  • 期間中に人気急上昇した、これからヒットするかもしれない商品を見るための「トレンドランキング」

これらのランキングについては日本旅行が決まった中国人の間で関心が高まっており、日本を代表するランキングとして認知度を拡大しています。

トレンドExpressは、今後も中国人消費者の最新動向についてソーシャル・ビッグデータを軸に収集・分析し、様々な形で発信してまいります。ご期待ください。

※カテゴリは以下
①健康・衛生②化粧品③生活雑貨④家電⑤ベビー・キッズ⑥食品

【2017年第一四半期ランキング 各カテゴリ1位ご紹介】

この5月に発表された2017年第一四半期の定番ランキングの各カテゴリ1位は、健康・衛生「ロリエ エフ しあわせ素肌」(花王)、化粧品「DHC 薬用リップクリーム」(DHC)、生活雑貨「ステンレスフードジャー」(象印)、家電「音波振動歯ブラシ ドルツ」(パナソニック)、ベビー・キッズ「ベビーバーユマドンナ」(マドンナ)、食品「龍角散ののどすっきり飴」(龍角散)という結果になりました。

トレンドランキングの各カテゴリ1位は、健康・衛生「サガミオリジナル0.01」(相模ゴム)、化粧品「アネッサ(ANESSA)」(資生堂)、生活雑貨「どこでもベープ未来」(フマキラー)、家電「リファカラット」(リファ)、ベビー・キッズ「薬用ローション ももの葉」(ピジョン)、食品「ふわりんかソフトキャンディ」(クラシエフーズ)となりました。日焼け止めがランクインしており、日焼け対策の製品が第一四半期に購入され始めることがわかります。家電では1位から3位まで女性向けの美容家電がランクインし、訪日中国人女性が美容への関心を高めていることがわかりました。

調査期間:2017年1月1日~2017年3月31日
調査対象:新浪微博、ラオックス店頭での売り上げデータ

※引用する場合は、「出所:ラオックスジャパン・ショッピング・アワード」と明記ください

■株式会社トレンドExpressについて

株式会社トレンドExpressは、ホットリンクグループの強みを活かし、ソーシャル・ビッグデータを核としたクロスバウンド(インバウンドやアウトバウンド)消費に関するマーケティング調査だけでなく、ビジネスモデルの策定、具体化のソリューション提供、プロモーション支援をいたします。

【事業内容】

  • 世界各国ソーシャル・ビッグデータを使ったマーケット調査・インバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティング
  • 図解トレンドExpressの編集・発行
  • ソーシャル・ビッグデータ分析を基にしたプロモーション提案や支援

設立日:2015年11月
資本金:100百万円(2017年1月14日時点)
代表者:代表取締役社長 濵野 智成
企業サイト:http://www.trendexpress.jp/
Twitter:https://twitter.com/trendexpress_jp

■株式会社ホットリンクについて(証券コード:3680 東証マザーズ)

ホットリンクは、グローバルでのソーシャル・ビッグデータの流通と分析ソリューションの提供により、ソーシャル・ビッグデータを価値化する企業です。市場や自社・競合、またお客様の声やキャンペーン反響などの各種調査、ターゲットユーザーのプロファイリング、ブームの兆し発見などマーケティングROI向上や製品改善、経営革新や予測、また高まるインバウンド消費に関する需要予測・分析・レポーティングなど、ビジネスにおけるソーシャル・ビッグデータの幅広い活用を支援します。

また、グローバルにおけるデータ流通に加え、世界におけるクロスバウンド(インバウンドやアウトバウンド)消費支援サービスの拡大により今後のさらなる成長を実現します。

設立日:2000年6月26日
資本金:1,248百万円(2017年3月末時点)
代表者:代表取締役社長 内山 幸樹
企業サイト:http://www.hottolink.co.jp/
公式ブログ:http://www.hottolink.co.jp/blog
Twitter:http://twitter.com/hottolink_pr
Facebook:https://www.facebook.com/hottolink.inc

■お問い合わせ

株式会社ホットリンク コーポレートコミュニケーション本部 広報部
東京都千代田区富士見一丁目3番11号 富士見デュープレックスビズ
TEL:03-6261-6932

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

ホットリンク、「中国トレンドExpress」を大幅リニューアル、データに基づく中国向けマーケティング情報で意思決定サポートを加速

訪日ラボ編集部  

ホットリンク、中国のSNS上で80後90後をアンケート調査 中国人消費者を理想のライフスタイルから読み解く

訪日ラボ編集部  

重要性が高まる「コト消費」のマーケティングと「旅アト消費」の越境EC インバウンド・ジャパン2017でインバウンド市場のトレンドをつかむ

訪日ラボ編集部  

【インバウンド担当者必見】訪日ラボがインバウンド対策サービスの比較・資料請求ができる「訪日コム」をリリースしました!

訪日ラボ編集部  

<ドラッグストア2017年3月のインバウンド消費調査> 早くも「日焼け止め」が個数ランキング第1位  ~次いでお菓子、洗顔料、リップクリームが人気~

訪日ラボ編集部  

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

[PR]リクルート主催 爆買いはもう終わった!?中国の今を徹底検証!インバウンドマーケティング勉強会#7“旅マエ編”Vol.4

訪日ラボ編集部PR  

「微信(Weixin/WeChat)」の公式アカウント広告などでTencentと新たに販売契約を締結、広告商品ラインナップを拡大し4月24日よりサービスを本格開始

訪日ラボ編集部  

コロプラ、KDDI、ワイヤ・アンド・ワイヤレス、「Location Trends」に「インバウンド動態調査レポート」のセット提供を開始

訪日ラボ編集部  

飲食店の訪日外国人旅行者(インバウンド)獲得支援を強化

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!