訪日外国人向け(インバウンド)メディア「Japaholic(ジャパホリック)」がリニューアル!

訪日外国人向け(インバウンド)メディア「Japaholic(ジャパホリック)」がリニューアル!

~台湾人女性向けに、日本のトレンド情報をより見つけやすく~

[エキサイト株式会社]

エキサイト株式会社と台湾現地の関連会社「愛客彩股份有限公司(以下「愛客彩」)」が提供する訪日外国人向け(インバウンド)メディア「Japaholic(ジャパホリック)」は、2017年5月31日(水)よりリニューアルいたします。リニューアルによりデザインが一新され、台湾人女性にニーズの高い日本のトレンド情報がより見つけやすくなります。


■背景


訪日外国人旅行者数は、毎年堅調に伸びており、2020年には4,000万人という目標を観光庁が掲げ、これからも拡大する市場であることが期待されます。台湾からの訪日外国人数※も、5年連続で増加し2016年には416万人となり、観光目的で2回以上訪日したことがある訪日台湾人は77.8%、3回以上は57.2%となり、他国に比べ訪日回数が多いのが特徴です。

「Japaholic」は、台湾・マカオ・香港などの使用言語となる中国語の繁体字を使用しており、台湾を中心とした繁体字圏※※にいる日本好きの女性に向けたインバウンドメディアです。 ”今よりもっと日本を好きになろう”をコンセプトに、日本好きで日本のライフスタイルに興味のある台湾人女性向けに、日本の観光情報だけでなくグルメ・ショッピング・ファッションや美容など最新トレンド情報を発信しています。

今回のリニューアルでは、女性向けにデザインを変更し、ショッピングやファッション・ビューティ・エンタメなどの女性向けカテゴリを追加したほか、特集やキーワードなど新たな切り口から記事が探しやすくなりました。


■「Japaholic(ジャパホリック)」リニューアルのポイント


1、デザインを一新

台湾人女性に愛されるサイトとなるようピンクを基調とし、ロゴとウェブサイトをシンプルに変更し、コンテンツがより見やすくなりました。

2、カテゴリの細分化

従来は、トレンド・グルメ・トラベル・ライフスタイルの4つのカテゴリを設置しておりましたが、リニューアルに伴い、ライフスタイルのカテゴリをショッピング・ファッション・ビューティー・エンタメの女性向けの4つのカテゴリに細分化し、より台湾人女性のニーズを汲める合計7カテゴリに分類しました。

・7つの記事カテゴリ
トレンド :日本で直近開催予定のイベントや最新号の雑誌付録などを紹介
グルメ :日本のコンビニ食品、お菓子、お土産、カフェ、レストラン、レシピなどを紹介
トラベル :日本の名所、新スポット、温泉、宿、鉄道、お得な旅や観光の仕方などを紹介
ショッピング:日本の文房具、家電、日用品、免税店、セール情報などを紹介
ファッション:日本のファッション、ヘアスタイル、ネイルなどを紹介
ビューティー:日本の化粧品、メイク・スキンケア方法、ダイエット情報などの美容情報を紹介
エンタメ :日本のテレビ番組、芸能人、音楽、映画情報などを紹介

3、特集・ライターページ・検索機能の追加

特定のテーマに関する記事をまとめて見れる「特集」、特定のライターが執筆した記事をまとめて見れる「ライターページ」、キーワードで記事を検索できる「検索機能」を追加したことにより、カテゴリ以外からもユーザーの気になる日本のトレンド情報が探しやすくなりました。

今後「Japaholic」では、会員登録や記事クリップ機能の追加・アプリ版のリリースも予定しており、訪日外国人向け(インバウンド)サービスの拡充を図ってまいります。
また「Japaholic」では、日台交流イベントである「台湾フェスタ2017」のオフィシャルメディアパートナーとなることが決定しており、イベントではリニューアル後の「Japaholic」のサイトカラーである”ピンク”を基調とした日台交流企画も実施予定です。

日時:2017年7月29日(土) 30日(日)
場所:東京都渋谷区 代々木公園広場 野外ステージ


■Japaholic (ジャパホリック) https://www.japaholic.com/tw/


”今よりもっと日本を好きになろう”をコンセプトに、日本好きで日本のライフスタイルに興味のある好奇心旺盛な台湾人女性に向けて、ガイドブックにはのっていない最新の観光情報や、日本で話題のトピックス、ショッピング、ファッション、美容、エンタメ、グルメなど幅広い情報を、編集部ならではの目線で配信します。「Japaholic」は、台湾ではトップクラスのメジャーメディアへコンテンツ提供を行っており、台湾人女性に向けて高い拡散力を誇っています。現在、月間140万PV/40万UU。

※JNTO訪日旅行データハンドブック2016より
※※「Japaholic」で使用する言語は、台湾・マカオ・香港などの使用言語となる中国語の繁体字ですが、中国大陸やマレーシア・シンガポールの中国系住民に使用されている中国語の簡体字版(https://www.japaholic.com/cn/)も翻訳版として提供しております。


□会社概要

社名 エキサイト株式会社 http://www.excite.co.jp/
所在地 〒106-0047
東京都港区南麻布3-20-1
麻布グリーンテラス4F
設立 1997年8月
代表者 代表取締役社長 今川 聖
事業内容 インターネット情報サービス
証券コード 3754 JASDAQ

================================================================== □エキサイトプレスリリース URL:http://corp.excite.co.jp/news/

Japaholic(ジャパホリック)についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「Japaholic(ジャパホリック)」の資料をDLして詳しく見てみる

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

月間80万人以上の台湾人・香港人が閲覧 繁体字圏No.1訪日観光メディア「樂吃購!日本(ラーチーゴー!日本)」とは

観光庁が発表する「訪日外国人消費動向調査」によれば、訪日外国人観光客は、「旅マエ」や「旅ナカ」において、スマホやパソコンを使って、訪日観光の情報収集をWEBサイト(ホームページ)やSNSなどから情報収集をする割合が高い傾向にあります。特に、どの国に行くかを決めたり、日本に行ったら何をするかのスケジュールを決めていく期間である「旅マエ」において、潜在的訪日外国人観光客に対して適切なアプローチをしていくことは、未だインバウンドプロモーションにおいては最重要課題と言えます。そのため、近年...

Favicon訪日ラボ

 

デザイン面でも参考にしたい!訪日外国人向けメディア25選まとめ【インバウンド担当者必見】

こんにちは、外部ライターの永田優介(@nuts612)です。2020年に向けて、訪日外国人観光客の集客施策を行っている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。なかでも、自社でインバウンドメディアを持ち、情報発信をする企業も増えてきています。そこで今回、訪日外国人観光客向けのインバウンドメディアはどういったものがあるのか、まとめてみました。英語対応のメディア、繁体字対応、簡体字対応のメディア、はたまたタイ語やフランス語対応のメディアなど、様々なインバウンドメディアを25サイトピック...

Favicon訪日ラボ

 

訪日外国人観光客向けメディアまとめ:訪問者数ランキングTOP10

近年インバウンドビジネスの高まりとともに、訪日外国人観光客向けに外国語で日本の観光スポットや日本文化などを紹介するメディアが増えてきています。観光庁によれば、訪日外国人観光客は、訪日にあったっての情報収集にスマホやパソコンを用いてインターネットから情報収集をしています。それでは、実際にはどのメディアが訪日外国人観光客に見られているのでしょうか?今回は、SimilarWebを活用して、月間訪問者数をもとにランキング形式で人気の訪日外国人観光客向けメディアをご紹介します。なお、訪問...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!