Airbnb、日本で初のTVキャンペーン「Live There」をスタート

Airbnb、日本で初のTVキャンペーン「Live There」をスタート

Airbnbを通じた旅で都市の新たな一面を体験しよう

[Airbnb Japan株式会社]

2017年6月12日 東京発 ― 世界最大手のコミュニティ主導型マーケットプレイスのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は本日より、日本で初めてのTVでのマーケティングキャンペーンを開始します。「Live There」と名付けたこのキャンペーンは、自分の周りの世界を違った視点で体験してみるように促し、旅行者に地元の人たちの目を通した、新しい視点からその都市を体験、地元コミュニティを深く知りたいという気持ちになってもらうようデザインされています。

「Live There」キャンペーンはAirbnbを通じて実現できる本物の体験を紹介し、旅行の仕方を見直すきっかけを提案します。東京を始め、名古屋、関西、福岡など各地の放送局を通じて「Live There」の30秒、15秒のTVスポットが流されるほか、紙媒体やデジタル媒体、ソーシャルメディアなどさまざまなプラットフォームを通じてキャンペーンを展開する予定です。

このキャンペーンでは、だれでもどこでも「暮らすように旅をする」ことができるというAirbnbのグローバルミッション ”Belong Anywhere”を訴求しています。Airbnbではこのキャンペーンを通じて、これまでの決まりきった旅行体験ではなく、現地に住む人たちの目を通して旅先の新たな魅力の発見を促します。これにより、日本の旅行者が旅を最大限に楽しみ、自分がそこで暮らしているかのように滞在先の文化に溶け込めるような旅行をするようになることを目指しています。

「Live There」キャンペーンの動画は以下リンク先にてご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=jODDvghb_1s

<Airbnbについて>

2008年8月創業のAirbnbは、旅行先で現地の文化とつながり、ユニークな旅行体験をすることで参加できる世界を創り出すことを使命としています。同社のコミュニティでは、世界191カ国6万5千以上の都市においてアパートやヴィラから城やツリーハウスにいたるまで、何百万というユニークな部屋へのアクセスをお届けしています。「体験」では地域のコミュニティや興味・関心に対する斬新なアクセスを提供し、「スポット」では現地に住む人々がリコメンドする街のとっておきの穴場を人々に発見していただきます。Airbnbは人を原動力としており、家の空きスペースを活用すること、または情熱、興味・関心、都市を共有することで臨時収入が得られる最も容易な方法を提供して参ります。https://airbnb.com/

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

米Airbnbと中国最大級の民泊サービス「Xiaozhu(小猪)」が日韓における民泊事業で提携!?その真相は?

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

Airbnbの根深い人種差別問題 米国で「アジア人だから」と宿泊拒否したホストが永久追放に

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

メトロエンジンがAirbnbと協業開発契約を締結し、民泊・ホテル・旅館向け新サービス「メトロエンジン企画開発」を開始

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!