日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan(去日本)」が世界最大の宿泊予約サイトBooking.comと連携し「人気エリア×体験×宿泊」の攻略型特集コンテンツを公開開始。

日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan(去日本)」が世界最大の宿泊予約サイトBooking.comと連携し「人気エリア×体験×宿泊」の攻略型特集コンテンツを公開開始。

GoJapanとBooking.comのパートナーシップを強化、Gojapanの保有する訪日ビッグデータを活用

[株式会社ゴージャパン]

日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan(去日本)」の日本法人である株式会社ゴージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:劉 璐、以下 ゴージャパン)は、世界最大の宿泊予約サイトBooking.com(ブッキング・ドットコム)に関する特集コンテンツの公開を「GoJapan」アプリメディアおよびGoJapan公式Wechat(去日本微信公众号)内で開始いたしました。

当特集コンテンツは、訪日中国人旅行者に人気のエリアと期間限定の体験×宿泊の攻略型記事で、訪日中国人観光客視点を重視し、ダイレクトに訴求する内容となっています。また、GoJapanアプリやGoJapan公式Wechatコンテンツから直接Booking.comの宿泊予約ページにリンクているので、スムーズな宿泊予約が可能です。GoJapanアプリ内では、Booking.comの厳選された宿泊コンテンツ情報を掲載しているほか、現在地から宿泊先までの乗換案内や、ユーザーによるレビュー機能もご利用いただくことができます。

▼『GoJapan』について

『GoJapan(中国名:去日本)』は日本に特化した中国最大のメディアネットワークであり、中国の著名実業家、芸能人、スポーツ選手らも出資する中国有望ベンチャー企業「亚智游(北京)信息科技有限公司(Asia Smart Travel (Beijing) Information Technology Co., Ltd.)」が運営しています。

2015年10月に正式リリースした訪日旅行者向けアプリ“去日本(GoJapan)- 让日本旅行更简单”は、旅マエ(情報収集・予約サービス・ビザ申請)→ 旅ナカ(周辺検索・音声翻訳・道案内・クーポン)→ 旅アト(レビュー・情報共有・越境EC)までをカバーするワンストップのコンシェルジュアプリで、ユーザビリティーと高クオリティコンテンツが話題を呼び、中国AppStoreの「日本」関連アプリランキングでNo.1となり、ユーザー1,100,000人超におよぶ訪日中国人旅行者向けNo.1の規模を誇っています。

また、公式Weibo(微博)、公式WeChat(微信)などでも35万人以上のユーザーを抱え、毎日日本関連情報やコンテンツを配信しています。

  • iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/qu-ri-ben-gojapan-rang-ri/id915748094?mt=8
  • Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.gojapan.app&hl=ja
  • Weibo:http://weibo.com/quriben
  • 公式Facebookページ:https://www.facebook.com/GoJapan.co.jp/

【各種お問い合わせ先】

株式会社ゴージャパン 担当:伊藤
TEL:03-5457-7763
E-Mail (取材・セミナー講演): press@go-japan.co.jp

【株式会社ゴージャパン会社概要】

設 立:2015年11月
代表者:代表取締役社長 劉 璐
事業内容:日本に特化した中国No.1メディアネットワーク「GoJapan」の日本における運営、
広告販売事業、訪日インバウンド及び中国国内におけるプロモーション、KOLインフルエンサー、
対中華圏向け動画プロモーション、中国メディア・マーケティング支援、コンサルサービスなど
所在地:東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー8F
URL:https://www.go-riben.com

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

40万ダウンロードを達成した訪日中国人観光客向けアプリ「GoJapan」が越境ECサービス「豌豆公主」と提携:旅行前後も消費喚起が可能に

訪日外国人消費動向調査:観光庁より引用格安航空会社(LCC)の普及や、中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和、また円安が進んだことなどを理由に、訪日外国人観光客の数が増え続けています。国内では、この流れに乗じて訪日外国人観光客を顧客ターゲットとするさまざまなインバウンド事業が始まっています。なかでも訪日外国人観光客の出身国のなかでもっとも大きな比重を占めるのは訪日中国人観光客。観光庁によりリリースされた「訪日外国人消費動向調査」でも、訪日中国人観光客による消費額がも...

Favicon訪日ラボ

 

デザイン面でも参考にしたい!訪日外国人向けメディア25選まとめ【インバウンド担当者必見】

こんにちは、外部ライターの永田優介(@nuts612)です。2020年に向けて、訪日外国人観光客の集客施策を行っている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。なかでも、自社でインバウンドメディアを持ち、情報発信をする企業も増えてきています。そこで今回、訪日外国人観光客向けのインバウンドメディアはどういったものがあるのか、まとめてみました。英語対応のメディア、繁体字対応、簡体字対応のメディア、はたまたタイ語やフランス語対応のメディアなど、様々なインバウンドメディアを25サイトピック...

Favicon訪日コム

 

訪日外国人向けメディア(英語)

訪日外客数は毎年過去最高を更新しつづけており、ついに2016年「訪日外国人2000万人時代」に突入しました。インバウンド市場の拡大にあわせて、訪日外国人向けメディアに注目が集まっています。以前から日本の観光情報・文化を紹介していた訪日外国人向けメディアもあれば、インバウンド市場の爆発的な伸びに注目して新規に立ち上がった

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!