800万人の日本語学習者もターゲットに?!海外で話題の英語学習者向け民泊サイトCulture Go Go(カルチャー・ゴーゴー)に学ぶこれからの民泊ビジネスにおける付加価値とは

800万人の日本語学習者もターゲットに?!海外で話題の英語学習者向け民泊サイトCulture Go Go(カルチャー・ゴーゴー)に学ぶこれからの民泊ビジネスにおける付加価値とは

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。

2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。

Favicon訪日ラボ

 

300万人の訪日客が利用:国内で普及が進む民泊サービスAirbnbの利用実態をわかりやすくご紹介

2016年11月2日、日本政府観光局(JNTO)により、2016年1月から10月までの訪日外国人観光客数が2,000万人を超えたとの報道発表がありました。訪日外国人観光客数が異例のペースで増えている中、国内ではインバウンド向け宿泊施設の不足が問題となっていますが、最近では訪日外国人観光客の間で世界最大の民泊サービスであるAirbnbの普及が日本においても進んでいます。AirbnbJapan株式会社のプレスリリースによると、2016年1月から10月の間にAirbnbを利用した訪日外...

このように世界的規模で見ても大きなマーケットになっている「民泊市場」。日本でも民泊ビジネスが普及の一途をたどっており、中でもAirbnbを通じて民泊運用を行うケースが多々。しかし、世界ではAirbnb以外にも多種多様な民泊サイトが存在しています。

今回は、民泊サイトCulture Go Go(カルチャー・ゴーゴー)をご紹介。

Favicon訪日ラボ

 

民泊はAirbnbだけじゃない!ホスト必見の海外で有名な民泊サイトまとめ9選

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。このように世界的規模で見ても大きなマーケットになっている「民泊」。民泊サービスというと真っ先に思い浮か...

Culture Go Go(カルチャー・ゴーゴー)とは?旅行者と英語を学習したいホストをつなぐ民泊系サービス

Culture Go Go(カルチャー・ゴーゴー)キャプチャ:Culture Go Goより

Culture Go Go(カルチャーゴーゴー)は、2012年にスペイン・マドリードでボランティア・プログラムとして設立された民泊サイト。英語話者の旅行者と英語を学習したいホスト(主にスペイン・ラテンアメリカから)をつなぐ民泊系サービスです。今回ご紹介しているCulture Go Go(カルチャーゴーゴー)には、どのような特徴があるのでしょうか?

Culture Go Go(カルチャーゴーゴー)の特徴その1:スペイン・ラテンアメリカすべての国にホストをもつ民泊系サイト!

Culture Go Go(カルチャーゴーゴー)は、英語話者(英語教師なども含めて)をゲストとして迎え入れるという構造になっています。現在では、スペインとラテンアメリカすべての国に民泊物件をリスティング。スペイン語圏を旅行する英語話者と、英語を学びたいホスト(主にスペイン・ラテンアメリカから)に人気の民泊サイト です。

Culture Go Go(カルチャーゴーゴー)の特徴その2:ゲストの宿泊費は原則無料!英語の学習サポートが実質の代金に

民泊サイトCulture Go Go(カルチャーゴーゴー)の大きな特徴は、民泊ゲストが無料で宿泊できる という点です。民泊物件が提供されることに加え、ホストと一緒にさまざまなローカルアクティビティーも楽しむことができますが、ホストの英語学習の手伝いをする必要があります。Culture Go Go(カルチャーゴーゴー)は基本的に無料で利用できますが、月$9.99(日本円で約1,000円)の有料メンバーシッププランでは、直接ホストにコンタクトがとれる機能や他のゲストと連絡をとることができる機能などを追加で提供しています。

このように、英語を学びたいホストと英語を教えるゲストを繋いでくれる 少し変わったサービスCulture Go Go(カルチャーゴーゴー)。基本的にスペイン語圏と英語を母国語とする人たちの間で成り立っているサービスで、一見、日本の民泊市場とは関係なさそうにみえますが、差別化が難しい民泊ビジネスにどう付加価値をつけていくか において参考になる部分があります。

単なる民泊にとどまらず語学学習で付加価値の提供を!訪日主要国の日本語学習者数はおよそ800万人

電通は国際交流基金と共同で、インバウンド客のリピーターの多い台湾・香港・韓国における日本語学習者に関する調査を実施。12月20日、東京・日本橋で開催した「多言語対応ICT化推進フォーラム」でその概要を発表しました。

この発表によると、訪日主要国として知られる台湾・香港・韓国における日本語学習者の数はおよそ800万人とされています。また、台湾・香港・韓国からの訪日外国人観光客の日本語学習経験者のうち60%が、日本人と日本語で話したいという希望を持っているとのこと。

これらのデータを加味すると、民泊ビジネスに関しても、台湾・香港・韓国からの訪日外国人観光客、且つ日本語学習者にターゲットを絞って展開してみることで、ゲストが民泊物件を選ぶ際に他物件との差異化が可能になります。

Favicon訪日ラボ

 

やさしい日本語で訪日外国人をおもてなし 「やさしい日本語ツーリズム研究会」が発足。日本語学習者の誘致に有効か

2016年8月18日の株式会社電通によるニュースリリースによると、日本語教師養成講座ほか教育事業を行うヒューマンアカデミー株式会社および東京外国語大学の荒川洋平教授との共同で、産学連携の「やさしい日本語ツーリズム研究会」を発足すると発表しました。簡単に説明すると、「訪日外国人観光客を簡単な日本語を通じてもてなそう。」という試みの模様です。 既存のインバウンド対策における外国語対応への行き詰まり訪日外国人観光客の増加により、実際のコミュニケーションや情報発信時などにおける、英語を...

まとめ:語学学習×民泊には大きな可能性?これからは民泊運営にも付加価値を

今回は、スペイン語圏で人気の民泊サイトであるCulture Go Go(カルチャーゴーゴー)についてご紹介しました。特筆すべき点は、ゲストがホストの英語学習をサポートする代わりに宿泊費用が無料になるという点。Culture Go Go(カルチャーゴーゴー)は、残念ながら日本ではサービスを提供していませんが、大きなマーケットになりつつある民泊市場において、他の民泊物件とどう差別化を図っていくかにおいて参考になる部分があります。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!