JR東日本グループと連携『JAL訪日ダイナミックパッケージ販売サイト』で訪日向け鉄道パス 『JR EAST PASS』のご案内を開始

JR東日本グループと連携『JAL訪日ダイナミックパッケージ販売サイト』で訪日向け鉄道パス 『JR EAST PASS』のご案内を開始

[株式会社ジャルパック]

株式会社ジャルパック(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤田克己)は、JR東日本グループと連携し、2017年1月よりタイで発売を開始した、インターネットで航空券と宿泊を自由に組み合わせることができるパッケージツアー「JAL訪日ダイナミックパッケージ※」の販売サイトにて、JR東日本グループが取り扱う訪日向け鉄道パス「JR EAST PASS」、着地型旅行商品「TOHOKU BUFFET(東北ブッフェ)」のご案内を開始します。今後も、多くの海外のお客さまを日本にお迎えするにあたり、快適、便利な滞在をお届けできるよう新たなチャレンジに努めてまいります。

※2017年1月よりタイで発売開始。インターネットで航空券と宿泊を自由に組み合わせることができ、タイ・バンコクに就航しているJAL4路線(成田、羽田、中部、関空)の往復国際航空券、接続する日本国内航空券、宿泊(約5,000軒のホテルラインナップ)の一括購入が可能。

■連携内容

「JAL訪日ダイナミックパッケージ」をご利用のお客さまに「JR EAST PASS」、「TOHOKU BUFFET(東北ブッフェ)」などJR東日本グループが展開しているインバウンド向け商品のご案内を2017年6月20日(火)より開始します。

国内旅行、海外旅行のジャルパックは、これまで以上に「お客さま視点」を第一に考え、“旅のプロ”としてお客さま・旅行会社の皆さまから常に指名されるホールセール旅行会社を目指してまいります。

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

東武鉄道、インバウンド向け「1日着物レンタル」サービスを開始 訪日外国人の「地方へ」の流れを背景に

訪日旅行のトレンドが「消費」から「体験」に移行しつつあります。そのため、ショッピングが主な目的となる首都圏に集中していたインバウンド需要が、より「日本らしい」ものを体験できる地方にも広がるようになりました。<関連記事>[blogcardurl=https://honichi.com/9248][blogcardurl=https://honichi.com/9987]それに伴って、鉄道会社は地方のインバウンド効果を目的に各地域の観光素材を活用して様々な取り組みを...

Favicon訪日ラボ

 

JR東日本 東京駅に祈祷室を設けるなど、インバウンド戦略の方針を発表

JR東日本が、このほどグループとしてのインバウンド戦略についての方針「JR東⽇本グループのインバウンド戦略の推進について」を発表しました。JR東日本では、拡大を続けるインバウンド市場のニーズに応えるため、今後ともグループ⼀体となってインバウンド戦略を推進していくとしています。その内容によると大枠では次の4点、東北・北海道、秋⽥新幹線⾞両の普通⾞及びグリーン⾞に新たに荷物置場を設置します。東京駅に「祈祷室(PrayerRoom)」を開設します。航空会社と連携した訪...

Favicon訪日ラボ

 

京成電鉄、成田空港で訪日客向け案内所を拡充:インバウンド向け乗車券販売、訪日観光情報の提供、手ぶら観光促進などを実施

訪日外国人観光客の増加を背景に、国内の交通業界では訪日外国人観光客受け入れ環境の整備を進めています。以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも外国語対応や、訪日外国人観光客向け観光案内所の拡充、地域の特色を活かしたインバウンド向けサービスの提供など、さまざまな取り組みを開始しています。京成電鉄株式会社(以下、京成電鉄)でも、訪日外国人観光客向けに、あらたなサービスを開始します。<関連記事>[blogcardurl=https://honichi.com/12266]

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!