地域ブランディング研究所と信金中央金庫がインバウンド支援で連携。~​今後、拡大が予想されるインバウンド体験需要を自社施設に!~

地域ブランディング研究所と信金中央金庫がインバウンド支援で連携。~​今後、拡大が予想されるインバウンド体験需要を自社施設に!~

信用金庫業界のネットワークを活かしてコト消費を盛り上げるべく、予約サイトAttractive JAPANを活用し日本独自の体験プログラムPRを支援する。

[株式会社地域ブランディング研究所]

同研究所は、訪日外国人向け日本ローカル体験予約サイトAttractiveJAPANを立ち上げ、オンラインで海外の旅行会社と登録体験プログラムとを繋げるシステムを展開。大手電鉄会社、飲食店、テーマパーク、自治体等をクライアントとして実績を作っており、信金中金は世界の旅行会社へ体験プログラムのPRのサポートを展開するプラットフォームとして、Attractive JAPANを活用していく。
信金中央金庫は、全国の信用金庫および信用金庫取引先の海外ビジネスに関する幅広いサポートを実施している。地域のことを熟知している信用金庫が体験メニューを提供する取引先を紹介、拡大するインバウンド需要に応えるべく同研究所のネットワークに期待を寄せる。

株式会社地域ブランディング研究所(東京都台東区、以下同研究所)は信金中央金庫(東京都中央区、以下信金中金)と連携し、信金中金がサポートする信用金庫を通して、全国各地のインバウンドプロモーションを支援する。
同研究所は、2016年秋から訪日外国人向け日本ローカル体験予約サイトAttractiveJAPANを立ち上げ、オンラインで海外の旅行会社と登録体験プログラムとを繋げるシステムを展開。さらに独自に開拓してきたアジア圏・欧米豪20カ国900社以上の旅行海外ネットワークを有し、国別・ターゲット別マーケティングや訪日客受入体制の構築を行ってきた。大手電鉄会社、飲食店、テーマパーク、自治体等をクライアントとして実績を作っており、信金中金は拡大するインバウンド需要に応えるべく同社のネットワークに期待を寄せる。世界の旅行会社へ体験プログラムのPRのサポートを展開するプラットフォームとして、Attractive JAPANを活用していく。
信金中央金庫は、全国の信用金庫および信用金庫取引先の海外ビジネスに関する幅広いサポートを実施している。今般、国家戦略であり今後拡大が期待されるインバウンドに関するサポートを強化すべく今回の連携に繋がった。地域のことを熟知している信用金庫が体験メニューを提供する取引先を紹介する。
予約サイトAttractive JAPANの活用以外にも、体験プログラムを紹介するカタログを作成する予定であり、各施設はこれらのサービスを活用することで世界各国の旅行会社にPRすることができ、販路拡大に大きく期待できる。

インバウンド業界は中国人の爆買いで大きな注目を集めたが、レジャー・小売り・宿泊施設などのうち、特に大手以外はノウハウがなく発展初期段階にある。2016年実績で訪日観光客の数が年間 約2400 万人・消費金額が約3.5 兆円、オリンピック開催の2020年は同4000万人・8兆円まで拡大が見込まれる。地域と海外旅行会社とがダイレクトに繋がることで、この成長マーケットが一般施設まで浸透する流れが構築され、地域活性化に貢献されることが期待される。

株式会社地域ブランディング研究所とは

リクルート出身の代表吉田が 2013 年に設立。インバウンド事業の他に、地域ブランディング事業、イノベーション人材事業の3事業を展開中。これまで鉄道会社・レストラン・テーマパーク等 をクライアントに、海外旅行会社へ日本の観光情報を提供してきた。各国旅行会社から特に要望の多かったのが日本文化体験・キャラクター等のコンテンツ・田舎ならではのローカルな等のアクティビティであり、飛行機・ホテルに次ぐ今後の拡大マーケットとして事前予約のプラットフォームにするべくAttractive JAPANの展開を開始。まだ日本国内の体験プログラムと海外旅行会社とを直につなぐサービスは展開されておらず、国内で各国別需要を押さえられていない現状を打破する。既に、アジア圏を中心に台湾・韓国・香港・タイ・中国・シンガポール・マレーシア・ベトナム等の現地旅行 会社との提携が決定しており、それ以外の欧米オセアニアの旅行会社との提携も予定されている。今後もコンテンツを拡充していく予定。代表吉田は社団法人日本インバウンド連合会の理事も務めてインバウンド業界をけん引する立場にある。

本リリースに関するお問い合わせ

株式会社地域ブランディング研究所 広報担当者
〒111-0035 東京都台東区雷門2-20-3 8階  http://chibra.co.jp/
TEL:03-5246-4248  /  FAX:03-6732-3140  /  Mail: info@chibra.co.jp

インバウンド展開を検討されてる法人様、施設のご担当者様
今後、拡大が予想されるインバウンド体験需要を自社施設に!
この度、㈱地域ブランディング研究所と信金中央金庫が連携し、全国各地の信用金庫を窓口としてインバウンド・マーケティング&プロモーション支援を行うこととなりました。日本文化体験予約サイトAttractive JAPANが持つ20カ国900社の旅行会社に皆様の魅力的なプログラムを紹介してみませんか?各信用金庫経由で企画をご用意しております。ご関心のある方はぜひ、弊社あるいはお近くの信用金庫にお問い合わせください。

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

地方創生・地方誘致

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

訪日外国人観光客の各国籍ごとの都道府県別訪問率ヒートマップ:訪日目的が訪問先に反映

例えば「訪日タイ人観光客は雪が見慣れないので雪が見られるところにによく行く」「訪日中国人観光客は現状ゴールデンルートをなぞって訪日旅行する」などと言われていますが、実際のデータ上ではどうなのでしょうか?今回は、観光庁より発表される「訪日外国人消費動向調査」の「平成27年の年間値の推計」にて扱われている国籍・地域別都道府県別訪問率(観光・レジャー目的)を利用して、各国籍の訪日外国人観光客がどの都道府県に良く訪れているのか、そのランキングと訪問率ヒートマップをご紹介します。 そもそ...

Favicon訪日ラボ

 

【地方誘致】地域の観光資源を掘り起こせ!全国各地の農林水産業と連携した観光地域づくり事例集

日本の豊かな自然、島国ならではの景観、独特な文化は訪日外国人にとっては大きな魅力となりますが、観光によって地方創生・地域活性化を行い、観光地域づくりを実践している地域が全国各地に存在するのをご存知でしょうか?その中でも農林水産業と観光の連携について全国の事例をいくつかご紹介します。1.秋田県:地域と連携したグリーンツーリズム1.秋田県:地域と連携したグリーンツーリズム:観光庁より引用和歌山県田辺市の農業法人株式会社秋津野では、小学校の廃校舎を利用したグリーン・ツーリズム...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!