68年ぶりの通訳案内士法改正を見据え業界初!訪日外国人旅行者と地元ガイドのマッチングサイトをリリース!~世界大交流時代への大きな1歩を日本から~

68年ぶりの通訳案内士法改正を見据え業界初!訪日外国人旅行者と地元ガイドのマッチングサイトをリリース!~世界大交流時代への大きな1歩を日本から~

[株式会社エイチ・アイ・エス]

株式会社エイチ・アイ・エス(本社:東京都新宿区 以下、H.I.S.)は、2017年5月26日(木)の「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」の議決を受け、近年急増する訪日外国人旅行者への受入環境の充実を目指し、本日より訪日外国人旅行者と地域の現地ガイドを繋ぐC2Cマッチングサービスサイト「Travee(トラヴィ)」(http://travee.co/) をリリースし、地元ガイドの募集を開始いたします。

「Traveeガイド」エントリー募集開始!

 今までは、訪日外国人旅行者への有償通訳ガイドは、「通訳案内士」の国家資格を持つ人にだけ認められてきましたが、法改正後は、無資格でも担うことが可能になることから、改正通訳案内士法施行に備え、まずはホストとなる地元ガイドを「Traveeガイド」と位置づけ、募集を開始いたします。
 登録後は地元情報と英語や中国語・韓国語などご自身がお持ちの語学力を活かしながら、空いた時間で副収入を得ることができます。 (「Traveeガイド」エントリー URL:https://travee.co/signup/guide_and_user )

世界大交流時代にむけて地域体験・交流型プランを通じて旅行者と「Traveeガイド」をマッチング

 日本政府は、2020年訪日外国人旅行者数4,000万人、2030年には6,000万人を目指しております。その中で、H.I.S.は、旅で現地の”ヒト”との交流が偶然ではなく必然となる時代 = 世界大交流時代 に国籍・人種・文化・宗教を越えて交流を促し、相互理解から世界平和への促進を図るべく、マッチングサイト「Travee」をリリースします。
 「Travee」は、“ヒト”こそがまさに「国の光を観せる」観光資源 という思想から生まれました。当サイトでは訪日外国人旅行者の目的に合わせ、地域の魅力溢れるプランをサイト上で選んでいただき、地元を知り尽くした「Traveeガイド」とマッチングします。
 今後は、地方自治体と連携を図り、地域通訳案内士を増やすための取り組みと、地域独自の文化や産業を体験できるプラン造成にも注力していきたいと考えております。また、海外66ヵ国に展開するH.I.S.の海外現地法人による訪日旅行者へのアプローチは勿論のこと、39ヵ国にて展開する旅行者向けサイト「hisgo」をはじめ、訪日外国人旅行者向けのWebメディアとの連携を図り、交流促進、地域活性化の一助となれるような事業展開を行ってまいります。

「Traveeガイド」の品質管理の取り組み

 「Travee」では、登録された「Traveeガイド」に対して、H.I.S.スタッフとの面接、講習会等を実施し、「Travee」上でH.I.S.公認の「Traveeガイド」を認定する取り組みも行います。旅行者も「Traveeガイド」も、お互いにプロフィールやレビューを見ることができるので、両者とも選ぶ権利を持ちつつ相手の素性がわかった上でマッチングを行う独自の仕組みとなっております。また、法改正後ガイドの質の低下が懸念されておりますが、ガイドとして高いレビューがつくサービス提供者に人が集まると想定できることから「Travee」では、ガイド登録をした本人が自らクオリティを保つ事に対して、積極的に取り組む仕組みとなっています。さらに講習会等も行い、ガイドの質の低下を軽減したいと考えております。そして、複数回のガイド経験を通して、旅行者とマッチングすべき「Traveeガイド」の方々の質は徐々に上がっていくことが予想されます。
 当サイトは2015年8月よりタイを中心に運営しておりましたが、旅行者と地元ガイド間のクレームは0件という実績を残しています。旅行者の7割が女性で、地元ガイドの9割が女性でした。「Travee」を利用した旅行者への満足ポイント調査では、91%もの旅行者が「期待+α」のサービス(合流時にペアルックのTシャツプレゼント / 空港まで迎えに来てくれる など)やホストとのコミュニーケーションが満足度に繋がっているというデータが取れました。今後の「Travee」では、日本人ならではの「おもてなしの精神」を訪日外国人旅行者の満足度向上に繋げていきたいと考えております。

「Travee」サービスの流れ

①旅行者が 希望日/参加人数 を入力してプランに申し込む
②そのプランに対応可能な「Traveeガイド」に通知が発信される
③「Traveeガイド」は、特定日のプランに同行できるか、また旅行者情報も確認後、エントリーする
④旅行者は、エントリーされた「Traveeガイド」の中から レビューやプロフィール、動画等確認し、依頼を経て「Traveeガイド」を選択する
⑤両者によるメッセージのやり取りを経て両者合意のもとマッチング完了

プランイメージ

URL : https://travee.co/1388
≪東京1DAYツアー≫10:30AM~17:30PM

H.I.S原宿ツーリストインフォメーションセンター➡原宿フクロウカフェ
➡明治神宮散策➡昼食(ラーメン作り体験)
➡東京都庁展望台
➡新宿ショッピング

サービス画面イメージ

モバイル / PC

<Traveeとは>(http://travee.co/)

 「Travee」は、「世界大交流時代」をビジョンとして立ち上がった“旅行者と地元ガイドのマッチングサイト”です。空いた時間で旅行者をもてなしながら副収入を得るシェアリングエコノミーとも言えます。「Travee」を通じ、「Traveeガイド」の方々が日本の良さを生で旅行者に伝え、”日本好き”を増やすことに貢献してまいりたいと考えています。

​本件に関する自治体・企業からのお問い合わせ先

株式会社エイチ・アイ・エス 海外営業本部  担当:池田賢一
mail: travee-info@his-world.com
〒163-6029東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー29F

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

制度見直しが進む通訳案内士はどう変わる?:背景には訪日外国人観光客のニーズの多様化など

訪日外国人観光客が旅行しやすい環境づくりを行ううえで、欠かすことのできない通訳案内士。外国語で日本の観光地や伝統文化を解説し、訪日外国人観光客を案内する国家資格に基づいた業務なのですが、観光庁は平成21年(2009年)から「通訳案内士制度のあり方に関する検討会」を開催し、体制の見直しを図っています。今後、通訳案内士はどのように変わっていくのでしょうか。まだ正確なことは分かりませんが、大まかな見通しを立てることは可能です。今回は、通訳案内士の今後のあり方についてご紹介します。 訪...

Favicon訪日ラボ

 

観光庁、旅行業や通訳案内士などの制度改変へ:60年ぶりの抜本的見直しに踏み出す

平成28年(2016年)3月30日に「観光先進国」の実現に向け、政府が策定した「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」。ここで掲げられた「観光関係の規制・制度の総合的な見直し」に基づき、観光庁は同年10月4日、「新たな時代の旅行業法制に関する検討会」を開催することを発表しました。近年、報道などでも取り上げられているように、インバウンドビジネスの活性化の裏側で、是非が唱えられている民泊やツアー客を乗せたバスの事故といった問題が発生。制度の見直しによる対応が急がれていることを背景に、有識...

Favicon訪日ラボ

 

もうすぐインバウンド関連業界の激変期がやってくる…民泊解禁とともに変わろうとしている旅行業法、旅館業法 更に通訳案内士、ランドオペレーターでも法改正

平成29年(2017年)3月10日、「住宅宿泊事業法案(いわゆる民泊新法案)」が閣議決定され、日本での民泊解禁に向けた動きが少しずつ進められています。それとともに、同日、「通訳案内士法及び旅行業法の一部を改正する法律案」の閣議決定も発表。民泊以外の側面でもインバウンドに関連した制度のあり方が大きく変わろうとしています。今回は民泊解禁と同時期に大きく変わろうとしている旅行業法、旅館業法などについてご紹介します。<関連>[blogcardurl=https://honichi.com...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!