株式会社グローバルエージェンツがミレニアル世代向けに特化した宿泊施設「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」を京都河原町三条に開業

株式会社グローバルエージェンツがミレニアル世代向けに特化した宿泊施設「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」を京都河原町三条に開業

今後3年間で10施設の開業を計画

[株式会社 グローバルエージェンツ]

株式会社グローバルエージェンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山﨑 剛)は、主力事業の一つであるライフスタイルホテル事業の4棟目として、新たにミレニアル世代向けに特化した宿泊事業を開始し、1号店を京都河原町三条に「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」として2017年7月中旬にオープン致しますのでお知らせします。

オフィシャルティザーサイト: https://www.themillennials.jp/

ミレニアル世代によるミレニアル世代のためのライフスタイル施設

ミレニアル世代とは、主に1980年以降に生まれた世代を指し、グローバルでは全人口の3分の1に達し、今後の消費の大きな一翼を担うことでも、その消費嗜好や価値観について最近特に研究が進んでいる世代です。
当社は代表の山崎が1982年生まれのミレニアル世代であり、同じ世代ならではの視点を活かし、「ソーシャルアパートメント」という新しい概念で、30年以上変化の少ない不動産賃貸業界で初めてミレニアル世代向けに特化したマンションを開発。
今では首都圏を中心に36棟2,000室のソーシャルアパートメントを供給し、全稼働率は93%に達しています。そして、同様にホテルにおいても、ミレニアル世代の視点でミレニアル世代のための宿泊施設を具現化したいという想いで「The Millennials」が開発されました。
ミレニアル世代は、所有とシェアを合理的に判断し使い分け、多様な価値観を受け入れ、身軽さや自由を求めます。「The Millennials」は、既存のホテルやオフィス、住居といった定義にとらわれず、合理性と多様性と自由を追求した施設となっていることが大きな特徴です。

特徴1.世界で最も進化した客室ユニット「スマートポッド」を開発

The Millennialsの客室は、日本発で海外から注目を集めているカプセルホテルを応用した形態です。
カプセルホテルは元々日本で生まれた格安の宿泊形態ですが、ミレニアル世代におけるミニマルなライフスタイル嗜好とマッチし、世界的に注目を集め始めており、最近では海外でも日本のカプセルホテルからインスピレーションを受けたミニマルなホテルが増加しています。弊社は日本が生んだカプセルホテルをより進化させ、従来型のカプセルよりも圧倒的に高い居住性と機能性・先進性を備えた「スマートポッド」を新たに自社開発いたしました。

<スマートポッド 説明動画>

<従来型カプセルとスマートポッドの主な違い>

特徴2.寝るまでを共用部で過ごすホテル

The Millennialsのもうひとつの特徴は、価格帯としては宿泊特化型でありながら、ホテル全体の20%もの面積を共用部に割いている点です。フロント・ロビーの他、ワークデスク・ミーティングルーム・プレイゾーン・キッチン・ダイニングスペースといった充実した共用スペースがあり、宿泊者は全てのスペースを自由に利用することができます。従来型のカプセルホテルは、寝る直前まで外で過ごし、寝るためだけにチェックインし、すぐに就寝という利用が大半であるのに対し、The Millennialsは、“眠るまでをホテルの共用部で過ごす”という滞在スタイルを提案しています。

特徴3.多様な利用者間での交流

当社は、ソーシャルアパートメントを40拠点以上開発し、住居におけるコミュニティを創出してきました。従来型のカプセルホテル、格安でただ寝るだけの宿泊体験であるのに対し、The Millennialsは、国内外の旅行者、出張利用者、ローカル利用者など多様な利用者層を訴求し、充実した共用部でソーシャルアパートメントのような交流体験を、ホテルにおいても提供することが大きな狙いです。

★コワーキングスペース「andwork京都」に関するリリース文はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000007264.html

2号店は渋谷に2018年1月開業予定。今後3年間で10施設を開発

The Millennialsは都市における新しい滞在のスタイルとして、今後全国の主要都市に出店していく他、日本発のブランドとしておよび海外に積極的に展開していきます。2号店は2018年1月に渋谷での開業を予定しており、今後3年間で10施設のオープンを計画しています。

プレス向け先行内覧会のご案内

日時:2017年7月13日(木) 13:30-15:00 (受付開始 12:30)
会場:The Millennials Kyoto (京都市中京区河原町三条下ル山崎町235)
<お問い合わせ先>
mail: info@global-agents.co.jp
tel:03-6433-5790

<共用施設パース画像>

外観
外観
エントランス
エントランス
フロント
フロント
ロビー
ロビー
セルフキッチン
セルフキッチン
ワークデスク
ワークデスク

宿泊フロア
宿泊フロア

The Millennials Kyoto施設概要

所在地: 京都府京都市中京区河原町三条下ル山崎町235 Gビル京都河原町01
アクセス: 阪急京都線「河原町」駅 徒歩5分
      京阪本線「三条」駅 徒歩5分
      地下鉄東西線「三条京阪」駅 徒歩5分
      地下鉄東西線「京都市役所」駅 徒歩4分
      各線「京都」駅からタクシーで約13分
客室数:152室
販売単価:6,000円前後
開業日:2017年7月中旬 予定

株式会社グローバルエージェンツについて

会社名 株式会社グローバルエージェンツ(http://global-agents.co.jp)
代表取締役山崎 剛
本社所在地〒150-0002  東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー25F
電話03-6433-5790
設立2005年5月
資本金31,000,000円

グローバルエージェンツが手がけるライフスタイル事業

LIVE:ソーシャルアパートメント36棟2,000室を運営 (https://www.social-apartment.com/)
STAY:ライフスタイルホテル3棟200室を運営。2017年7月に京都に4棟目を開業
WORK:2017年7月より事業開始。京都に1号店「andwork京都」を開業予定。
DINE:ソーシャルアパートメント・ホテル併設の飲食施設として6店舗を運営
WASH:ソーシャルランドリー「Sooo LIQUID」を運営。
LEARN:弊社サービスの入居者や利用者に対して様々な成長や発見の機会を提供

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

爆買い後のインバウンドはどうなる?アジアのミレニアル世代

中国発の株式市場の混乱など、経済情勢は不透明感を増していますが、その一方で、今年に入っても日本に旅行にやって来るインバウンド(訪日観光客)は衰えたようには見受けられません。インバウンド消費増加の要因この要因には、訪日インバウンド市場を牽引するのが、ミレニアル世代と呼ばれる、2000年目前に生まれた20〜30代の世代であるということがあげられるでしょう。日本では、29歳以下の人口は総人口の27.9%ですが、全世界では52.4%、さらに2025年には約75%になると言われています。...

Favicon訪日ラボ

 

高級志向・コト消費・安全の3つがキーワードに:2017年の中国の海外旅行トレンドまとめ

2017年3月の中国インバウンド市場では、約50.9万人で、3月として過去最高を記録しました。2017年3月までの中国籍インバウンド外客数推移中国から欧州や北米、豪州等へ向かう一部航空券の価格が大きく下がったことで、インバウンド需要が他国への海外旅行需要に流れてしまったことから、伸び率は前年同月比2.2%増にとどまりましたが、依然として日本のインバウンド市場における最大のターゲットとなっている訪日中国人観光客。中国人観光客の間で、2017年の海外旅行のトレンドはどのように...

Favicon訪日ラボ

 

訪日中国人の次のトレンドは「見る」:ここまでコト消費が進んでたか…SNSでの投稿量「見る」は「買う」の25倍に!

訪日中国人観光客の高額商品類における「爆買い」が収束し始めてからもうすぐ1年が経とうとしています。訪日中国人観光客も含め、インバウンド全体が如実に「コト消費」にシフトしつつあることを示すデータが、最近続々と発表されています。[blogcardurl=https://honichi.com/12263]先日、東京海上日動火災保険株式会社は、インバウンドのビッグデータを活用した分析として、TwitterおよびWeiboでの投稿を分析した調査レポートを発表しました。<関連>...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!