1日5,000万PV超の中国最大級女性向けサイトに、日本情報に特化したコンテンツ「日本館」オープン!

1日5,000万PV超の中国最大級女性向けサイトに、日本情報に特化したコンテンツ「日本館」オープン!

[株式会社グローバル・デイリー]

訪日外国人誘致事業を専門に手掛ける株式会社グローバル・デイリー(本社所在地:東京都台東区、代表:中原宏尚、以下 GLD)は、中国で1日5,000万PV超を誇る女性向けサイト「OnlyLady女人志」内で、日本の情報をまとめた「日本館」ページを、9月1日にオープンいたします。同ページには、中華圏で圧倒的人気を誇る美容家Kevin老師や呉淼老師、中国人向けに日本情報を発信する人気ブログ「日本宅人」と提携し特設ページも設ける予定です。
これまでGLDは「OnlyLady女人志」と共に、ブログやSNSを通して周囲に影響を与えるKOL・インフルエンサーを活用しながら日本情報を発信してきました。そして、これまでのコンテンツ内容が評価されたことに加え、中国人ユーザーから日本全般の情報を求める声が寄せられたため、美容以外の観光コンテンツも含む「日本館」ページをオープンする運びとなりました。
これまでのSNSでの情報発信に加えて、本企画では「OnlyLady女人志」の記事をウェブ上に蓄積することができるため、検索エンジン経由でのユーザーへのアプローチも可能になり、中国人向けプロモーションの拡大にもつながります。

■OnlyLady女人志について

「OnlyLady女人志」は、2016年度には「新榜年度大賞(中国ベストメディア賞)」にも選ばれた、15周年を迎える中国の女性向けサイトにして最大手の情報サイトです。中華系の人気美容家・芸能人とタイアップし、世界中のファッションやコスメなどのトレンド情報を中国全土に配信しています。

■OnlyLady女人志「日本館」について

既にオープンしている韓国館・台湾館は、中国人女性が特に興味を持つ美容系・ファッションなどのコンテンツを保有しています。一方で、日本もアジアファッション・コスメの発信地であり、近年中国人観光客から日常生活、観光、体験など、日本のローカル情報に関する多様な情報を求められる声が多いことから、GLDが「日本館」を手掛けることになり、今まで以上の反響が期待されています。

■Kevin老師について

自身が保有する中国ソーシャルメディア微博(Weibo)のファンは5,000万人を超え、Facebookファン数も100万人を保有する、中華圏女性の間で美容のカリスマとして知名度の高い先生です。美容・ファッションへのこだわりが強く、徹底した消費者目線の商品紹介が人気で、中国・台湾の有名化粧品番組「女人我最大」や「美麗俏佳人」にもレギュラー出演しています。 

■呉淼(ウーミャオ)老師について

中国で有名な美容ブロガーで、ファッション誌『GQ』の専属メイクアップ兼スタイリストとしても活躍しています。「ELLE」「COSMO」「GQ」「Marie Claire」の美容コラムを持ち、多くの国際ファッションショーのバックステージにも招待されています。コスメ分野での影響力は大きく、一流グローバルコスメブランドのプロモーション実績を多数持っています。

■日本宅人 張凌藺(リンリン)について

上海スマートビジネスコンサルティング(SSBC) CEO & Director 経済産業書COOLJAPANプロジェクト登録プロデューサーとして活躍し、現在は、人気旅行ブログ「日本宅人」の運営やPR事業全般と、観光インバウンドセミナー講演なども手がけている日本旅行のスペシャリストです。

写真左から:Kevin老師・呉淼(ウーミャオ)老師・張凌藺(リンリン)
写真左から:Kevin老師・呉淼(ウーミャオ)老師・張凌藺(リンリン)

■グローバル・デイリーについて

訪日(在日)外国人向けのプロモーション戦略や広告コミュニケーション活動に特化した事業を手掛ける企業です。国内旅行関連の広告活動を行う(株)デイリー・インフォメーションの新事業として、インバウンド事業部を設立し、2013年にグローバル・デイリーと社名を定め、法人登記しました。
世に“インバウンド”という言葉が浸透する以前からインバウンド事業に取り組んでおり、企業のインバウンドプロモーションを手掛けるほか、外国人目線で日本の魅力を発信するメディア「JAPANKURU」の運営、浅草での観光案内所運営など、幅広くインバウンド事業を行っています。
GLD:https://www.gldaily.com/
JAPANKURU:https://www.japankuru.com/

【本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社グローバル・デイリー 担当:渡辺 千尋
TEL:03-6860-7011 FAX:03-6860-7015
MAIL:watanabe@gldaily.com

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

デザイン面でも参考にしたい!訪日外国人向けメディア25選まとめ【インバウンド担当者必見】

こんにちは、外部ライターの永田優介(@nuts612)です。2020年に向けて、訪日外国人観光客の集客施策を行っている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。なかでも、自社でインバウンドメディアを持ち、情報発信をする企業も増えてきています。そこで今回、訪日外国人観光客向けのインバウンドメディアはどういったものがあるのか、まとめてみました。英語対応のメディア、繁体字対応、簡体字対応のメディア、はたまたタイ語やフランス語対応のメディアなど、様々なインバウンドメディアを25サイトピック...

Favicon訪日ラボ

 

訪日外国人観光客向けメディアまとめ:訪問者数ランキングTOP10

近年インバウンドビジネスの高まりとともに、訪日外国人観光客向けに外国語で日本の観光スポットや日本文化などを紹介するメディアが増えてきています。観光庁によれば、訪日外国人観光客は、訪日にあったっての情報収集にスマホやパソコンを用いてインターネットから情報収集をしています。それでは、実際にはどのメディアが訪日外国人観光客に見られているのでしょうか?今回は、SimilarWebを活用して、月間訪問者数をもとにランキング形式で人気の訪日外国人観光客向けメディアをご紹介します。なお、訪問...

Favicon訪日ラボ

 

月間80万人以上の台湾人・香港人が閲覧 繁体字圏No.1訪日観光メディア「樂吃購!日本(ラーチーゴー!日本)」とは

観光庁が発表する「訪日外国人消費動向調査」によれば、訪日外国人観光客は、「旅マエ」や「旅ナカ」において、スマホやパソコンを使って、訪日観光の情報収集をWEBサイト(ホームページ)やSNSなどから情報収集をする割合が高い傾向にあります。特に、どの国に行くかを決めたり、日本に行ったら何をするかのスケジュールを決めていく期間である「旅マエ」において、潜在的訪日外国人観光客に対して適切なアプローチをしていくことは、未だインバウンドプロモーションにおいては最重要課題と言えます。そのため、近年...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!