インバウンド客を“チャット”で呼び込む!旅行会社専用の飲食店予約プラットフォーム『団タメ!プラス』7/6(木)フルリニューアルオープン

インバウンド客を“チャット”で呼び込む!旅行会社専用の飲食店予約プラットフォーム『団タメ!プラス』7/6(木)フルリニューアルオープン

▼ 1,000社以上の旅行会社が利用 ▼52ヵ国のインバウンド取扱実績 ▼6,000店以上の飲食店と提携 団タメ!プラス7/6(木)フルリニューアルオープン

[株式会社ボーダレスシティ]

株式会社ボーダレスシティ(東京都千代田区、代表取締役 大島秀崇)は、自社の運営する旅行会社専用の飲食店検索・予約サービス『団タメ!』と“飲食店立候補型”の予約サービス『団タメ!エクスプレス』を統合し、旅行会社専用の飲食店予約プラットフォームの『団タメ!プラス』(https://www.dantameplus.com)として2017年7月6日(木)に完全リニューアルいたしました。

<団タメ!プラスとは>

JTBやHISなどの大手を含む1,000社以上の旅行会社が利用する、『旅行会社専用の飲食店予約プラットフォーム』です。6,000店舗以上の飲食店と提携し、インバウンド旅行、国内団体旅行、修学旅行、法人の宴会、学会の食事、MICEなど様々なシチュエーションで利用されています。

<団タメ!プラスの仕組み>

“飲食店が登録した情報を旅行会社が検索する”または“旅行会社の依頼に飲食店が立候補する”ことで予約が成立します。旅行会社と飲食店がそれぞれ契約する必要が無く、団タメ!との1契約だけで旅行会社の送客が可能になります。
今回のリニューアルで、旅行会社が飲食店予約をする際に便利な様々な機能を追加しています。

<新機能の団タメ!チャット>

旅行会社の担当者と飲食店の担当者が、団タメ!プラス上で“直接やり取りが出来る”チャット機能です。案件ごとにチャットルームが持てるので、同じような案件と混同してしまうことなく会話の流れを確認できます。BtoBのチャットのため、部署やグループ内の別の担当者が代わりにチャットで返答することもでき、休日や出張で連絡が取れない時も安心です。またメニュー写真や座席表、お客様リストなども必要に応じてやり取りすることができます。

▼飲食店から見た一覧画面▼
わかりやすいシンプルなインターフェース。案件ごとに未読チャット数が表示されます。

<52ヵ国のインバウンド取扱実績>

中国・韓国・台湾・タイなどのアジアはもちろん、アメリカ・ヨーロッパ・中東・南米・オーストラリア、最近ではアフリカからチュニジアやタンザニアからのお客様の依頼もきています。国によって求められる条件やサービスが異なるため、きちんと要望を把握することが重要です。

<迅速な回答がインバウンド団体集客の重要なポイント!>

インバウンドのお食事手配は、アレルギーや宗教料理の対応、さらに欧米人やVIPの中には個人の好き嫌いまでひとりひとり細かく調整する必要があります。旅行会社はいち早くクライアントの要望に対応可能な飲食店を見つけなければならないため、複数の飲食店候補の中から、質問に対する回答が早い飲食店から先にクライアントに提案します。つまり、いかに早く回答できるかどうかがインバウンド団体の集客の重要なポイントになります。

<今後の展開>

機能面・決済面を強化し旅行会社の利便性を高めていくとともに、地方自治体や地域DMOと連携し、郷土料理などのお食事はもちろん、食以外の地域独自のコンテンツも旅行会社にPRしていくことで、訪日外国人の地方への呼び込みに貢献していきます。

○提携旅行会社 1,000社以上
○提携飲食店  6,000店舗以上
インバウンド取扱 52ヵ国

飲食店予約関連関連インバウンドサービスを見てみる

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

飲食店のインバウンド集客を支える決済機能付き予約ポータルサイト「TableCheck」とは

観光庁が発表する「訪日外国人消費動向調査(2016年)」によれば、訪日前に期待していたこととして71.2%(複数回答)の訪日外国人観光客が、また、訪日前に最も期待していたこととして26.0%(単一回答)が、「日本食を食べること」をあげています。つまり、訪日客の4人に3人が訪日旅行における日本食に少なからず期待をしており、さらに4人に1人は、もっとも日本食に期待しており、日本食や日本の飲食店は、実はインバウンド市場における最重要ポイントだとも言えます。[blogcardurl=...

Favicon訪日ラボ

 

訪日客の5人に1人は日本人と喋りたがっている:日本のインバウンド対応を訪日外国人はどのように評価しているのか?

2020年に訪日外国人観光客を4000万人にしようという政府の呼びかけとともに、各都道府県、宿泊施設、小売店、飲食店などが精力的にインバウンド対応を行っています。[blogcardurl=https://honichi.com/14586]ところで、実際に日本を訪れた訪日外国人観光客はどのような行動をとり、訪日旅行でどのような感想を得ているのでしょうか?じゃらんリサーチセンターが、1年以内に日本を訪れた事がある訪日外国人観光客に実施した「インバウンド対応満足度調査」より見てみ...

Favicon訪日ラボ

 

飲食店・ホテルのインバウンド対策として知っておきたい 宗教別に見る「食べてはいけないもの」一覧表

近年増えている訪日外国人観光客を飲食店がおもてなしする際には、「食べることが出来ないもの」「食べてはいけないもの」「食べたくないもの」でニーズを整理することが出来ることを「飲食店のための国籍別インバウンド対策・おもてなしポイント」シリーズでご紹介しました。また、国による習慣・文化によるものとは別に「イスラム教」、「仏教」、「ユダヤ教」「ヒンドゥー教」などの宗教ごとに気をつけるポイントがあります。それぞれの宗教ごとに「食べてはいけないもの」が細かく定義されており、その内容は非常に多義に渡...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!