JTB首都圏 東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町小学生を対象にした“英語でお仕事体験プログラム”を開始

JTB首都圏 東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町小学生を対象にした“英語でお仕事体験プログラム”を開始

訪日インバウンドの最前線に立つ「東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町」にて、リアルな訪日外国人旅行客との触れ合いを通じた体験プログラムをこの夏からスタート!

[株式会社ジェイティービー]

JTBグループの株式会社JTB首都圏(東京都品川区、代表取締役社長:池田 浩)は、小学生の子供を対象とした学習体験プログラム「英語でお仕事体験@TTIC有楽町」を始動します。

館内イメージ
館内イメージ

2016年1月にトラベルゲート有楽町内に開設した訪日外国人旅行客向け店舗「東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町(以下、TTIC有楽町)」にて、従来の旅行相談業務とは異なる、リアル店舗の新たな価値をお客様に提供していきます。プログラムは2017年9月以降、毎週土・日・祝日の開催日設定を予定していますが、それに先立ち、夏休み期間中のお子様を対象に、7月30日、8月3日・12日・19日・24日の計5回、プログラムを実施します。プログラムのお申込みは2017年7月6日から開始します。

「英語でお仕事体験@TTIC有楽町」のプログラムでは、TTIC有楽町にやってくる訪日外国人旅行客との触れ合いを通して、教科書や英会話教室では体験することのできない “リアルなコミュニケーション体験”ができます。
お仕事体験の現場となるTTIC有楽町は、JTB首都圏最大級の店舗であるトラベルゲート有楽町の店舗内にあり、銀座周辺にご宿泊の訪日外国人旅行客をはじめ、日本を観光している多くの訪日外国人旅行客が観光情報の収集やご旅行のご相談に毎日足を運んでいます。

プログラムにご参加いただくお子様には、実際に働いている社員による「英語でお仕事レクチャー」を受けていただき、TTIC有楽町を訪れる訪日外国人旅行客のお出迎え業務や、館内で毎日開催されている「日本舞踊ショー」の司会進行業務を体験していただきます。プログラムでは、業務体験を通じて、英会話の楽しさに気づいてもらうだけでなく、訪日外国人旅行客との触れ合いの中で、国際交流の喜びを体感していただくことを目標としています。

2020年に向け、英語学習へのニーズが今まで以上に高まっている中で、訪日インバウンドの最前線に立つTTIC有楽町で、子供たちにリアルな訪日外国人旅行客との交流を体感して頂き、日本のおもてなしとグローバルな感覚を養うきっかけをJTB首都圏が提供していきます。

テストランニング中の様子
テストランニング中の様子

英語でお仕事体験@TTIC有楽町 プログラム概要

【プログラムの主な流れ】(所要時間約2時間)
① オリエンテーション&英語でお仕事レクチャー(30分)
  「お仕事体験ノート」を使った英語のフレーズ学習、日本舞踊ショーでのご案内練習
② 業務体験(約1時間)
  ご来店のお客様のお出迎え(観光資料・折り紙のお渡し)、観光情報案内 など
  *当日のお客様来店状況によって業務内容、所要時間は異なります
③ 日本舞踊ショーの司会進行(15分)
  ショーの司会進行、お客様のお出迎え・お見送り など
④ 修了式(15分)

館内で実施される日本舞踊ショー
館内で実施される日本舞踊ショー

【実施事項】

夏休み開催日時:2017年7月30日、8月3日・12日・19日・24日 16:00~18:00
 *9月以降、毎週土・日・祝日の開催日設定予定
開催場所・集合場所:JTB首都圏 東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町
           (JTBトラベルゲート有楽町内)
URL: http://www.tourist-information-center.jp/tokyo/yurakucho/ja/
対象者:小学生
参加人数: 1~3名(各開催日とも)
体験料:お子様お一人様2000円(保護者2名まで同伴可)
* 当日の持ち物は特にございません
申し込み方法:7月6日より電話にて受付開始(各日先着順)
JTB首都圏 東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町/TEL:03-3287-2955

《一般のお客様の問合せ先》
JTB首都圏 東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町(JTBトラベルゲート有楽町内)
Tel:03-3287-2955
平日 11:00 - 19:30/土日祝日 11:00 - 19:00

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

仙台観光国際協会、Skypeを使い東京都「TIC TOKYO」から情報発信:観光案内所同士をシームレスに

仙台観光国際協会が平成28年(2016年)9月1日、仙台市観光情報センター(仙台駅2階びゅうプラザ内)に、インターネット電話サービス「Skype」を使った訪日外国人観光客の案内サービスを開始したことを発表しました。東京都の観光インフォメーションセンター「TICTOKYO」と連携しており、東京にやってきた訪日外国人観光客に、東北地方の情報を提供する取り組みです。訪日外国人観光客の中には、しっかりとした予定を決めずに日本を訪れる人もいます。というのも、短期滞在ならともかく1週間を超えるよ...

Favicon訪日ラボ

 

訪日外国人観光客の疑問を通話で解消! 鳥取県、アプリ「鳥取県バーチャル観光ガイド」の実証実験開始

鳥取県が平成28年(2016年)10月11日から年内いっぱい、スマートフォンアプリ「鳥取県バーチャル観光ガイド」を使って遠隔地の訪日外国人観光客と会話し、同県の観光関連情報を提供する実証実験を行うことを発表しました。NTTドコモとの協創事業となっています。類似の取り組みは国内でも多数見られますが、ついに地方自治体が自ら取り組むほど浸透してきたようです。今回は、スマートフォンアプリなどを活用した訪日外国人観光客とコミュニケーションを取るメリット、類似サービスなどについてご紹介しましょう。

Favicon訪日ラボ

 

海外の観光案内所の対策事例に学ぶ、訪日英国人観光客の集客方法

訪日英国人観光客はイギリスの人口を鑑みるとまだまだ誘致できる可能性が高いです。さらなるインバウンド誘致を図るには日本の観光案内を明確にプロモーションする必要があり、観光案内所の役割も大きいと考えられます。海外の案内所の実態はどのようなものか訪日英国人観光客を誘致するために参考になる事例をご紹介しつつ対策に迫ります。 韓国の観光案内所の事例に学ぶ訪日英国人観光客のインバウンド対策韓国では政府(文化観光体育部)の運営指針に基いて運営される観光案内所が全国に387ヶ所設置されてお...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!