<日本のサブカルチャーの更なる発展へ> 株式会社ろけすた、コスプレ応援アプリ[COSPO]運営のKAWAII JAPAN株式会社と業務提携いたします。

<日本のサブカルチャーの更なる発展へ> 株式会社ろけすた、コスプレ応援アプリ[COSPO]運営のKAWAII JAPAN株式会社と業務提携いたします。

[株式会社ろけすた]

動画制作プラットフォーム「クルオ」の運営及び自社スタジオを保有・運営し、映像業界で様々な事業展開をしている株式会社ろけすた(本社:東京都渋谷区、代表取締役:辻 慶太郎、以下「ろけすた」)は、クラウドキャスティング事業を手掛けるKAWAII JAPAN株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:笹谷 祐樹、以下KAWAII JAPAN)とにおける業務提携いたしました。

<主な業務提携内容>

  • コスプレイヤー向けイベント運営業務
  • 上記に付随するメディア開発及び関連業務

矢野経済研究所による「オタク」市場に関する調査(2016年)によると、2015年度の「オタク」市場は堅調の分野が多く、コスプレ衣装市場は前年度比1.2%増、メイド・コスプレ関連サービス市場は前年度比2.7%増と徐々に広がっています。この広がりの主な理由としては、ハロウィンなどによりライトユーザーの拡大とともに一般層へ定着したことや、昨今日本への渡航が増加している外国人観光客をターゲットとした事業者が市場を牽引していることがあげられます。 (参照:矢野経済研究所 http://www.yano.co.jp/press/pdf/1628.pdf)

ろけすたでは以前よりコスろけ事業の一環として、日本のサブカルチャーの更なる発展を目指し、コスプレイヤーイベントを活かした地域活性及び事業活性を行ってまいりました。今回、KAWAII JAPANと提携することにより、双方の持つ既存イベント内容の多様化によるイベント集客率の向上を見込み、KAWAII JAPANが保有・運営するコスプレ応援アプリ「COSPO」を代表とするWEBコンテンツやWeb番組の配信を融合させた新たなイベントの開催を共同で行ってまいります。
更に、様々な角度から日本のサブカルチャーを応援すべく、KAWAII JAPAN インフルエンサーを活かした新たなマーケティング展開も目指してまいります。

今後もろけすたは、映像業界トップシェアの自負心を持ち、更なる期待に応えることのできるサービスの展開に尽力してまいります。

■KAWAII JAPAN 株式会社について

日本のサブカルチャーをコンテンツとしたメディア事業、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)事業を軸に、コスプレ応援アプリ「COSPO」運営、自社メディア『KAWAII JAPAN COSPO TV』番組制作やインターネット配信、コスプレを活かした地域活性イベントの企画制作及びアニメコンテンツの事業など、日本が世界に誇るあらゆる「カワイイ」を多方面の角度から事業を展開しております。

■KAWAII JAPAN株式会社 会社概要

【社名】 KAWAII JAPAN株式会社
【本社所在地】 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 THESOHO706
【設立】  2016年 9月
【資本金】 2,000,000円
【URL】  https://cospo.net/

■株式会社ろけすたについて      

新しい動画制作の形であるマッチングサイト「クルオ」(http://crluo.com/)の運営や、映画・テレビ・CM撮影などの制作会社様向けに、普段は稼働している実店舗やスペースをロケ地として紹介・提供するWEBプラットフォーム「ロケスタ」(http://roke-suta.jp/)を運営、及びロケ撮影をサポートするロケーションサービス業務やロケセットを備える自社スタジオの運営など、業界のインフラを目指した業務展開を行っています。

■株式会社ろけすた 会社概要

【社名】株式会社ろけすた
【本社所在地】〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-36-8 B棟
【設立】 2011年 9月
【資本金】54,652,500円
【URL】 http://rs-info.com/

インバウンド動画制作関連サービスを見てみる

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

100万人の訪日外国人が実施する「聖地巡礼」とは? アニメの力で地方にもインバウンド需要を

「聖地巡礼」という俗語をご存知でしょうか?もともとは宗教上の聖地や霊場などを参拝して回ることを意味します。有名なものでは、イスラム教において人生のうち、1度はメッカを訪れなければならないとされている「ハッジ」ではないでしょうか。しかしながら、現在ではその「聖地巡礼」の原義から転じて『アニメや漫画などの舞台やモデルとなった場所や縁のある場所を「聖地」と呼び、その「聖地」を訪れる』という意味がメジャーとなってきています。いまやインバウンド需要においても重要な要素となりつつある、この意味...

Favicon訪日ラボ

 

アニメが流行ればたいやき屋が儲かる?日本アニメの影響 米国でたい焼きが大流行

インバウンドビジネスにおいては、訪日外国人観光客に何が売れるのか、何が流行っているのかを掴むことは非常に重要です。訪日外国人観光客の日本グッズブームの中には、企業が意図してプロモーションしたものもあれば、SNSなどでの拡散で自然発生的に生まれたもの、または全く想像のつかないところから発生することもあります。例えば訪日タイ人観光客の間でアシックスのスニーカーブランド「オニツカタイガー」が流行したのは、若かりし頃の故・プミポン国王の着用写真がSNSで拡散したことがその発端と言われています。

Favicon訪日ラボ

 

長野・岐阜でインバウンド需要3倍増見込み!? 映画「君の名は。」が海外でも大躍進

今年8月26日に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」。10月21日の台湾での配給開始を皮切りに、海外での配給が続々とスタートしています。中国では日本映画新記録を樹立しており、昨年100万人が実施した聖地巡礼に拍車がかかることが推測されます。[blogcardurl=https://honichi.com/10361] 映画「君の名は。」の日本での興行収入、反響「君の名は。」は新海誠監督の長編アニメーション映画です。日本では2016年8月26日に公...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!