日本の玄関口・成田空港にて訪日外国人に地域の観光や特産品をアピール!好評の第2弾は青森県に決定!

日本の玄関口・成田空港にて訪日外国人に地域の観光や特産品をアピール!好評の第2弾は青森県に決定!

[JSTO]

JSTOは日本空港ビルデング株式会社と連携し、成田空港第3ターミナル「東京食賓館」にて、訪日外国人向けに地域の観光や特産品をPRする取り組みを支援しています。
ご好評につき、第2弾は7月1日(土)〜9月30日(土)の期間中、(公社)青森県観光連盟と連携し、青森県の観光や名産品の「りんご」を活用したお菓子や地酒等のPRを支援いたします。

一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(東京都港区、会長:田川 博己、英表記:Japan Shopping Tourism Organization 以下略称JSTO、ホームページ:http://jsto.or.jp)は、日本空港ビルデング株式会社と連携し、同社で運営する成田空港第3ターミナル「東京食賓館」にて、訪日外国人向けに地域の観光や特産品をPRする取り組みを支援しています。
第1弾は、4月13日(木)~6月30日(金)の期間、京都宇治の観光と特産品であるお茶やお茶の加工品のPRを実施し好評を得ました。その第2弾として、7月1日(土)〜9 月30日(土)の期間中(公社)青森県観光連盟と連携し、青森の観光や名産品の「りんご」を活用したお菓子や地酒等のPRを支援いたします。

【取り組みの背景】

JSTOは、これまで地方自治体等と連携し、農畜産品や特産品のおみやげ販売の推進および円滑化に取り組んでまいりました。誘客および特産品PRに対する地域からの期待を受け、訪日外国人との接点である空港店舗において地域PRの場を提供することで、訪日誘客に取り組む地域を支援し、地方創生に貢献していきます。JSTOは、空港でのPRを希望する地域と連携し、この取り組みを継続的に実施することで、誘客への期待に応えていく方針です。

【空港内の店舗を活用した地域PRの具体的な実施内容】

  1. 青森の観光および特産品を販売・PRするコーナーの企画プロデュース - 青森の観光や祭、特産物等の魅力を写真や動画を活用して紹介 - 青森の魅力を伝えるリーフレット等紙媒体の設置

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

青森県のインバウンド需要

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

青森県では訪日客宿泊者数80%増に:復興庁による新しい東北事業を軸とした民間・自治体からのインバウンド対策をおさらい

三大都市圏及び地方部における外国人延べ宿泊者数比較:観光庁より引用訪日外国人観光客に人気の旅行先は、以前であればゴールデンルートに偏っていましたが、最近では地方にもスポットライトが当たり始めています。観光庁が2016年11月30日にリリースした宿泊旅行統計調査によると、三大都市圏に宿泊した訪日外国人観光客数は、去年と比べて約1.4%アップと微増を記録。一方、地方部に宿泊した訪日外国人観光客数は、去年と比べ約7.8%アップとなっており、地方部を滞在先として選ぶ訪日外国人観光客が...

Favicon訪日ラボ

 

【調査】訪日客には来てほしいけど、インバウンド対策には消極的…東北の宿泊施設の動向が分かる意識調査発表

訪日外国人観光客数は年々増加しており、日本全体で見ると総消費額も上昇しています。しかし、一部にはインバウンド対策の遅れなどから、その恩恵を受けられていない地域も存在します。そのひとつとして言われている東北地方の訪日外国人観光客の受け入れ環境調査を平成29年(2017年)3月7日、日本政策投資銀行東北支店、東北観光推進機構が発表しました。東北地方のインバウンド市場の実態が詳細に調査されており、たとえば「8割超の施設で訪日外国人観光客の利用比率が5%未満」と低調なことだけでなく、「ほ...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!